貝殻となり

2015 6/30(火)「思い出し笑いの今朝」

6/29IMG_7613.jpg

ぐふふふ〜頼もしき我らの大先輩、ハマちゃんとわたしら夫婦で、のもとさんのおたんじょうび会を!
大吟醸とビールと大量の水餃子と、そしてのもと節〜〜
74コのHAPPY BIRTHDAY質問。笑い泣きの夜。あーー先輩!ずっと、あなたについてゆきたい〜〜

6/29IMG_7610.jpg6/29IMG_7622.jpg7/1写真.JPG6/29IMG_7608.jpg
HAPPY BIRTHDAY 好きな色は、紺ってゆうてるでしょが〜〜
のもとばあちゃまと先日作った紺のワンピースがハマダ家でピララ〜






2015 6/29(月)「ぬくもり

今朝、かずみんがポッコリお腹で元気に、搬入にやって来てくれたのでした。
赤いスカートはぬくもり
ゆらゆらひらり、ゆりかごみたいに揺れていたね。
竹紙もスカートも、ふわっとベールにつつまれているように見えて、ほんとうに不思議だったよ。
すごいよね。ほんとすごいなって思えるほど。そしてそうか、、と思ったんです。
この2週間の納屋はきっと、そっと、とくべつなじかんなのだと確信したのです。
中庭には七夕の短冊がヒラヒラしています。願いごとを託しに、いらしてくださいね。

6/29IMG_7595.jpg6/29IMG_7600.jpg
6/29IMG_7596.jpg6/29IMG_7602.jpg
「ぬくもり」 畑尾和美 個展
 2015.7.1.wed - 7.12.sun (7/6,7 休) 11:00-18:00 at SEWING TABLE COFFEE






2015 6/28(日)「海の青、夜空の青」

6/27IMG_7593.jpg

久々、我が愛しきウクレレメンバー集合。海の日のれんしゅう。
何年経っても、初心をわすれません。の意味をはき違えて、初心者コースレベルで、むりしないよ、と愉快にぽろんぽろん。
それが、ちょうどいいのです。このメンバーが揃うと、なんだかうれしくなって、柔らかな笑顔に包まれる。
さあ、発表会の衣装はどうするかな〜
ばあちゃまのワンピースがみんなの目に飛び込んだのだった!


本日で、つくろうワンピース3人展終了しました。
おばあちゃまたちにとっては、展ってなんですのん?って感じだと思いますが、
いくつになっても、新しい発見がたくさんあったと思います。
そしてわたしも、一緒になって、あーだこーだと何かを生みだせたような気がして、とても勉強になった次第です。
ワンピースも、たくさんみなさんに選んでいただき、ばーちゃま、たまげています。
ありがとうございました。

そんでもって、おばあさんツー自ら曰く、ちなみに、ばあちゃんワンには相談もせずにですが 笑
来春くらいに、おばあさん二人で、又がんばるから!!と勝手に宣言をしてくれましたので、
さっそく勝手にソーイングテーブルのカレンダーに予定を書き込みました。
ものごとのはじまりは、いつもちょっと強引くらいが、面白かったりします。(又しても都合いい解釈)
そして、ばあちゃんワンにおそるおそるそのことを伝えると、
もう〜又勝手に決めて〜〜とグチりながらも、生きてたら、しゃあないな〜、とニヤリと白い歯を見せてくれていたので、
カレンダーの予定はそのままにしておくことにしました。まだ先ですが、愉しみでいたいと思います。


終了しました!
2015.6/17wed-28sun
つくろうワンピース3人展 noriko / katuko / so sea  at SEWING TABLE COFFEE

この度「繕い教室」で生まれたひとつのワンピースのパターンをベースに、
おばあさんたちと、それぞれに独自の素材をえらんだりちょっとアレンジを加えたりして、縫い仕上げてます。
この原っぱから生みだされたワンピースがさらりとならんでいます。どうぞ初夏の一枚をえらびにいらしてください。
*生地により一点もの又はオーダーを受けれるものもご用意しております。






2015 6/27(土)「おばあさんと服つくり、おじいさんのお昼ごはん part2」

6/27IMG_7563.jpg こちら、ばあちゃまワン。

同い年のばあちゃんワン、おばあさんツーがんばっております!
6/27IMG_7541.jpg6/27IMG_7540.jpg おばあさんツー。
6/27IMG_7561.jpg6/27IMG_7542.jpg6/27IMG_7566.jpg

6/27IMG_7588.jpg
前回より、すっかり落ち着いたムード。と言うのも、きっと私たちが少し余裕を持てたのかもしれません。ほっ。
6/27IMG_7550.jpg6/27IMG_7554.jpg

6/27IMG_7559.jpg6/27IMG_7577.jpg6/27IMG_7575.jpg
午前中の原っぱでは、ゆみやん先生のヨガ。あっちを眺めてもこっちを眺めても、木々の揺らぎと共に気持ち好い風景。


おじいさんのお昼ごはん準備を、合間でちょいちょいのぞき見。そしてつまみ食い。
6/27IMG_7549.jpg6/27IMG_7548.jpg6/27IMG_7546.jpg
6/27IMG_7589.jpg
たけひろじいさんより、かんぱーい!
6/27IMG_7569.jpg6/27IMG_7570.jpg
本日も、参加者のみなさんはじめ、あっちゃこっちゃにいた星ヶ丘に集う面々、もうみんな一緒に食べよう!のお昼ご飯。
鮭ちらし寿司にあさりのお吸い物、星ヶ丘の畑キュウリやトマトやらの旬なお野菜たちが色鮮やかに美味しくなりました!
本日もお手伝いいただいた皆々さま、さっとエプロンをつけて台所に立ってくれて、
本当に、本当に、ありがとうございました。感謝です、、、

6/27IMG_7585.jpg
そしてなんとか今日も、裾しまつの宿題がある人もいますが、ほぼ完成!
記念撮影も慣れたもん!のもとばあちゃま、はいはい、ハイチーズ。
そしておばあさんツーは、やはり記念撮影、断固として拒否を貫くのであった。


なんとか、星ヶ丘学園企画 繕い教室のワークショップが終了しました。
縫った人も、誰かが手作りした服を眺めた人も、たずさわった人も、通りすがりの人も、
大それたことでなくとも、洋裁か、、、と思って頂けるきっかけとなれば、幸いです。

何よりご参加いただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました!

私自身の感想は、
つかれた〜けどだんぜん面白かった〜
そんな気持ちが、次に繋ながる思いです。
では、『おばあさんと服つくり、おじいさんのお昼ごはん』又秋に。


つづく。





2015 6/26(金)「ハマちゃんに、縫うしつけを教えるはずが、しつけも教えることになるとは、、、by ばあちゃんワン」

6/26IMG_7512.jpg

明日は、『おばあさんと服つくり、おじいさんのお昼ごはん』2回目のワークショップと言うことで、前日の準備を。
前回とは違って見通しがついているため、おばあちゃまたちとわたくし、ちょっと余裕なきぶん。
そんなことで明日のワークショップ、おひとり様のキャンセルが出たので、
急きょ、生地などの関係上、やってみたいと言っていた身近なハマちゃんに声をかけてみたら、
今日なら、ぜひやってみたい!ということで、急ピッチで生地を用意してもらって一緒に縫うことに。

6/26IMG_7514.jpg6/26IMG_7522.jpg6/26IMG_7527.jpg さすが!よく似合う生地で仕立てたハマちゃん。

ハマちゃん、洋裁に関するトラウマ的なものがあったようだが、ばあーちゃんらとの和気あいあい、
笑ったり𠮟られたりしながら、最終的にものすごくきれいに縫い仕上げて、大満足の一着が仕上がった様子。
おばあさんツー曰く、ハマちゃんもしかして縫い職人になれるのでは、、とこっそりつぶやく。
そりゃそうである、あんなにも繊細な切り絵を手がける人なんで、口では、わきゃきゃわきゃきゃ〜と大騒ぎしているけれど、
例えば、耳栓でもしてハマちゃんの手元だけを眺めたとするならば、、
その手の美しさに見とれてしまうかもしれない、と思う。
洋裁はもちろん素人だけど、何かをコツコツ生み出してきたその手は、ぜったい噓をつかないな、、としみじみ思う。

そしてその合間で、秋に向かっての縫いのワークショップのアイテムの思案中。
縫う方法はいくらでもあるのだけど、どうやれば、縫いの初心者でもムリなく縫えて、満足いくものが出来るか、、
あれやこれやを、布の切れ端でミニチュアを作ってみたりしながら、試行錯誤。先生をつかまえて聞いてみたり。
これから、そんなことをばあちゃまたちと研究しながら、ふたたび秋にむけて作り上げてゆく。
ワークショップに参加頂く方たちと共に、実は私たちも、共に、学んでいるのだ。
『共に学ぶ』
この学園は、そんな場所なのだなとつくづく思う。

6/26IMG_7519.jpg 『どんでん』この言葉をキーワードの試作中!さあ、うまくいくかな??

ハマちゃんちの猫ハマダ。
6/26IMG_7507.jpg
初のワンピース、かじらんようにせにゃにゃ〜
つい、かじったら、ゴメンにゃ。









2015 6/25(木)「わざと手ブレしてもらったりして」

6/25IMG_7497.jpg大柄な女も受けとめてくれている??青のワンピ

先ほど、せめて二の腕シェープ体操してから、のぞんでおります。
後ろで、本を両手ではさんで上下振る、みたいな〜〜。無駄な抵抗とわかっております。
のもとばあちゃまが縫ってくれた青のワンピースをご紹介したく、
もう仕方がないから、おまえが着ろ!と相方に言われ、試着して写っておる次第でございます。
イメージダウンになったら、ほんとゴメンチャイのもとばあちゃま。
そんなこんなの、青のワンピース。素材は麻のかろやかさです。(¥10.000 tax込み)
あと2~3枚ほど縫ってくれるとの事なので、ご紹介します。
あら、この夏、着てみようかしら〜〜、と思われましたら、ぜひご試着してみて下さーい。







2015 6/21(日)「なんじゃこれ〜〜の朝のはじまり」

7/21IMG_7467.jpg7/21IMG_7468.jpg赤ちゃんのカタツムリ。カタツムリは貝殻ごと成長するんだね。

梅雨入り、この時期とくに原っぱに朝一足を踏み入れると、しっとりした土や草樹の中で、面白い発見がたくさんあります。
自転車で原っぱまでしゃーと来て、いつもの場所に停めて、そこから納屋の鍵をあけるまで、私の場合、なかなか時間がかかります。
中庭の木机の上には、誰が落としたのか、、たくさんの実や花クズや見たことのない生き物や美しい蜘蛛の糸、
得体の知れないカタチの生き物、通り過ぎる雨蛙や生まれたての小さな蛇、実?はたまた何かの卵?
そんなものが、朝一の光りの中で、わけわからずキラキラしています。
まるで小学生の男の子みたいに夢中になって、なんじゃこれ?なんじゃこれ?と
触ってみたり、摘んでみたり、たりたりたり、、
自然物観察、発見がつきません。





2015 6/20(土)「 今朝はのもとばあちゃんから、真っ青なワンピが届きましたよ」

6/20IMG_7458.jpg

2015.6/17wed-28sun
つくろうワンピース3人展   at SEWING TABLE COFFEE
noriko / katuko / so sea

この度「繕い教室」で生まれたひとつのワンピースのパターンをベースに、
おばあさんたちと、それぞれに独自の素材をえらんだりちょっとアレンジを加えたりして、縫い仕上げてます。
この原っぱから生みだされたワンピースがさらりとならんでいます。どうぞ初夏の一枚をえらびにいらしてください。
*生地により一点もの又はオーダーを受けれるものもご用意しております。


6/20IMG_7460.jpg6/21IMG_6569.jpgこちらは麻素材

左のワンピは、コットンなのですが上塗りしている特種な生地で、素材的にわしゃわしゃして面白い素材です。
着てゆくうちに、インディゴデニムの様に、柔らかくなって、その人の着るカタチに色落ちして育ってゆきます。
ちょっと冒険した、SO SEA ワンピです。

6/20IMG_7465.jpg きっと、この夏ヘビーローテーションに着るであろうワンピ

こちらは、おばあさんツーのテンコさんが大事にとっていたお気に入りの生地で、ワンピが作られ展示してくれました。
売れなかったら自分で着たいから、売れません様に、、と心で願っているかと思います。
そんなですが、わたしは直ぐに、図々しくもツバをつけました。おばあさんツーよ、ゴメン!
しかしながら、いくつかのおばあちゃま方が縫ったワンピが欲しいのですが、縫える人は自分で縫いなさい!と言われます。

さ!来週までの展示です。よろしければ遊びにいらしてくださいね。






2015 6/19(金)「露草のおと」

6/18IMG_7452.jpg

原っぱでは、海の日のウクレレ発表会の練習がおのおのはじまっております。
洋裁教室からは、ミシンの音と女性たちの声が弾んで聞こえます。
ギャラリーでは、デッサンの展示がなされていて絵を眺める人が行き交います。
この丘の、あちらそちらで、それぞれが自分たちなりの表現を発して愉しんでいる。
ふいに珈琲を飲みにやって来てくれたダンディーさんと、
ここに立っていると耳に聞こえてくる音の平和を想うと語り合う。
この原っぱのあちらこちらから聞こえてくる音に、
どうぞ、そっと耳をかたむけてみてはどうでしょう。
あなたには、どんな感情が聞こえてきますか?

そして、今日はのもとさんがワンピースを仕上げてくれました。
そして、雨の納屋にしばしピラピラして、すぐに相応しい方に託されました。
明日、また一着届くとのことですよ。たのしみですよ。
初夏のピラピラ〜




2015 6/18(木)「 花が籠 」

6/18IMG_7433.jpg

丘のフリージアは、枯れても鮮やかな黄色です。
これで、やはりLeiを作ります。手がそうしたがるもんですから。
そしてそのあと、縄と綯って、籠となるかもしれません。

6/18IMG_7444.jpg
SO SEA





2015 6/17(水)「ピース」

6/17IMG_7391.jpg 畑のやっさんの美しいしごと

今朝、のもとさんが朝一番もぎたてのキュウリと作り立てのたっぷり瓶に詰まった梅ジャムを、
昨日ジャムをつくったからハイ、えみさ〜ん!と納屋窓越しから渡してくれた。
わたし『わーーん!いつもありがとう!! ところで、のもとさん、ワンピースは?』
のもとさん『今日、裁断します。』
わたし『よろしくおねがいしまーす!』 のもとさん『ハイ。』
そんな調子で、のもとさんとテンコさんとわたしとの「つくろうワンピース展」が
本日より、断固としてマイペースに、スタートいたしましたあ〜
テンコさんも、『お昼には、2着仕上がるはずだから〜ほほほ〜』と途中まで仕上げていたものを、
今日、お昼過ぎには完成させてくれた。

わたしは、今、この二人と一緒に何かをつくりあげる経験をさせていただいて、
断固としてじぶんのペースを揺るがすことなく、かつ洋裁に関してぞんぶんに楽しんで、
それが生活の中にちゃんとあって、そのふたりの姿に、心の底から刺激的で感激で、
こんなにもじぶんの側で眺める事が出来て、こころが心底踊りまくっている。たのしい!たのしい!

ふたりは、尊敬すべく主婦。

大事な家族がいて、こうやって暮らしの中で、洋裁が断固としてマイペースにある。
二人の側にいると、またしても畑と共にいた尊敬すべくスエばあちゃんを思い出す。
スエさんの畑にしても、お二人の洋裁にしても、
暮らしと共にあり、気負う事無く普通に愛おしい営みとしてある。
そんなものがひとつでもある生き方は、まるででっかい風景と等しいほどに美しすぎるほど美しい。

6/17IMG_7397.jpg6/17IMG_7414.jpg
6/17IMG_7418.jpg6/17IMG_7411.jpg6/17IMG_7420.jpg
そんなことで、
3人のワンピースが、断固としてマイペースに、ピラピラしております。
6/17IMG_7396.jpg
ぴらぴら〜






2015 6/16(火)「初夏のワンピース」

6/16IMG_7386.jpg

2015.6/17wed-28sun
つくろうワンピース3人展   at SEWING TABLE COFFEE
noriko / katuko / so sea

この度「繕い教室」で生まれたひとつのワンピースのパターンをベースに、
3人がそれぞれ独自の素材をえらんだり、ちょっとアレンジを加えたりして、縫い仕上げます。
この原っぱから生みだされたワンピースがさらりとならびきます。どうぞ初夏の一枚をえらびにいらしてください。
*生地により一点もの又はオーダーを受けれるものもご用意しております。

6/16IMG_7380.jpg

ユキンコちゃんにもらった角貝殻の漂流物を、じぶんで首飾りにしてみましたよ。
シンプルなワンピースに個性をうみだしますね。






2015 6/15(月)「"GHOST RANCH"」

6/16IMG_7388.jpg

伝説によると、昔そこで一家が殺害され、乳呑み子を抱えた女の幽霊が時たま戻って来るのだという。
もとはスペイン語で「魔女の牧場」。それが英語化されて「幽霊牧場(ゴーストランチ)」となった。
このランチの名前はその幽霊が名付けたとされている。早速次の日、一晩泊まりにきたオキーフは、
自分がランチで最初に感じた喜びが間違いでなかったことを知った。
「ジョージア・オキーフ 崇高なるアメリカ精神の肖像」より

EDANE NEXT DOOR "GHOST RANCH"
2015.7.10(Fri)〜8.2(Sun)

吉田次朗
Aona Hayashi
SO SEA emiko tamai
WELT

Essential one & Portrait Bar
Aona Hayashi
Desert Perfume Bar
WELT

Edane Small Bar Sewing Table Coffee
Anitya peaceful space
Sweets tsuzuru

6/16IMG_7377.jpg6/16IMG_7376.jpg

わたしの中のオキーフを想像してみる。
この本は、一色海岸書店にて永井さんの本棚より託された一冊。
ようやく読み始めると、素晴らしくおもしろい。毎朝、白湯を飲みながら数頁読むのが日課となっている。








2015 6/13(土)「 おばあさんと服作り、おじいさんのお昼ご飯 はじまりましたー」

IMG_7280 6/13.jpgIMG_7278 6/13.jpg

和やかな笑顔がたくさんあつまって、ドキドキしながらもやわらかな空気が流れます。
初めてこの学園に訪れたかたも数名いてくれましたよ。
最初は、自己紹介などからはじまって、はつらつさんの笑顔がみな美しい。
今日は、現役洋裁の生徒さん二人にもヘルプいただいて、ほんとうに助かりました。

IMG_7284 6/13.jpg

最初はみなさん、緊張気味でしたが、終始笑い声が学園に響き渡ります。園内の空気が明るくうごめいているよう。
いい風景です。

IMG_7286 6/13.jpgIMG_7329 6/13.jpg
おばあさんツーのテンコさんとみなさん。
IMG_7296 6/13.jpgIMG_7307 6/13.jpg

ばーちゃんワンののもとさん。いつものタオルを首に巻いて!
洋裁というのは、基本をもって、そしてそれぞれのやり方が生まれてくるもので
おばあさん二人もそれぞれのやり方があって、たくさん勉強になります。
初めての方は、戸惑いもあったかと思いますが、なんだか最後には、ちゃんとワンピースが仕上がっていて、
たくさんの笑顔がうまれます。人生っておもろいですね。洋裁って奥深いです。
わたくしも、今こやって生活の中でマイペースですが家族や自分の服、そして時々人に見てもらっています。
洋裁ってものに出会えて気づいて、ほんとうにラッキーだな、、、とつくづく思う今日この頃です。

IMG_7300 6/13.jpgIMG_7297 6/13.jpgIMG_7308 6/13.jpg
IMG_7285 6/13.jpgIMG_7309 6/13.jpg
のもとばあちゃん、お手製の服を着てます。

IMG_7292 6/13.jpgIMG_7295 6/13.jpgIMG_7310 6/13.jpg
IMG_7332 6/13.jpgIMG_7288 6/13.jpg



そしてそして、おじいさんのお昼ごはん。待ってました!
IMG_7319 6/13.jpg

おじいさんのお昼ご飯は、母屋の座敷にて。まるで、夏休みの田舎のようです。
たけひろじいさん、ほんじつのおしながきは、
星ヶ丘とれた玉葱がたっぷり入った手作りシュウマイ、みょうがのみそ汁、タコとキュウリの和え物、
豆ご飯、お漬物など、まんぷくまんぷく。みなさん、おみやげにも豆ご飯おむすびを持ちかえりましたよ。

IMG_7313 6/13.jpgIMG_7372 6/13.jpgIMG_7373 6/13.jpg
IMG_7369 6/13.jpgIMG_7321 6/13.jpgIMG_7368 6/13.jpg
マイマイ、ビールのコマーシャルみたいです。 縁側 いいね〜〜〜
IMG_7367 6/13.jpgIMG_7323 6/13.jpgIMG_7314 6/13.jpg
どかーん。玉葱の旨味がジューシー!!夢にまでみそうな美味しさでしたよ。
IMG_7363 6/13.jpgIMG_7362 6/13.jpgIMG_7370 6/13.jpg
タマケンさんも定食にしてもらってありつけました。ありがとよー



IMG_7355 6/13.jpg
IMG_7360 6/13.jpgIMG_7358 6/13.jpg

みなさん!裾しまつなど、少しだけ宿題がある人もいましたが、なんとかワンピースが仕上がりました!
みなさん、ご自分で仕上げたワンピースを着て原っぱへ!!草の中で色鮮やかです。
手作業あとの、原っぱでのアイスクリーム。格別、甘いのが美味しかったでしょうね。

IMG_7354 6/13.jpg
参加者のみなさん、自分で作ったワンピースを着て最高の笑顔でした!
ご参加、本当に本当に、ありがとうございました。
又いつでも、ばあちゃまワンとおばあさんツー、そしておじいさんに、会いに来て下さいねー

しかしながら、おばあさんお二人以外にも、ヘルプしていただいた、現役洋裁の生徒さんお二人にも、
感謝、感謝、感謝です、、、、
美味しいごはんを用意してくれた、たけひろじいさん、ヘルプしてくれたかよちゃんやマイマイにも、
いつも、いつも自然と手をさしのべてくれて、人としての大切なあたたかさに、しみじみ感謝です。

さて、第二弾に向って、馬力をいただきました。
おばあさんたちと、なんとか無事済んでよがったな〜泣と、深呼吸。
ひきつづき、おばあさんたちとがんばってまいりますので、
よろしくお願いしますうーー。


星ヶ丘学園 http://hoshigaokagakuen.net
『おばあさんと服つくり、おじいさんのお昼ごはん』一日でしあげるワーンピース作り、ワークショップでした。
洋裁学校の方は、見学案内など随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


つづく。





2015 6/12 (金)「蒼いワンピース」

IMG_7252 6/13.jpg

明日は、学園企画のワンピースを作るワークショップ。
ばーちゃんワン(のもとさん)、おばあさんツー(テンコさん)と、
生地やミシンや道具や、場所の設営やらやら、明日の進行やらやら、
なんやかんやと、段取りを進めて行く。
わたしは、ワークショップなどは仕事柄、なんども経験しているのだけど、
ばーちゃんワンは心配性で、おばあさんツーは楽観主義なので、
面白いくらいにふりまわされて、てんやわんや。それが、なんともいえないくらいに愉しくて、うれしくて!
明日を思うと、愉しみと不安のれんぞく。何かが始まる瞬間のどきどき。
ということで、実は明日参加だったマイマイちゃん。洋裁は、小中学校いらいまったくしていないというので、
ばーちゃんワンが、もう今日この流れて時間があるならやってみよう、ということになって、
マイマイちゃん、一日早めのおばーちゃんと服作り。

IMG_7254 6/13.jpgIMG_7253 6/13.jpgIMG_7258 6/13.jpg

そんなことで、ほとんど初心者のマイマイも、ちゃんとワンピースを縫い上げました。
生地は、わたくしの愛すべき先輩、鎌倉の千夏さんのお店ファブリックキャンプのもの。
マイマイちゃん、ときどきこのお店にお手伝いで立ってます。
美しい生地、カディーが豊富に選べる店です。通販もあるとのことなので、ぜひぜひ!
カディーは本当に着心地が良いですよ。
今日も、美しき蒼のワンピースのひと、が誕生しました。
ばーちゃんよかったね!

ちなみに、のもとさんは、ばーちゃんとよばれるのが愛着を感じてすきらしく、
テンコさんは、おばあさんの お を、ぜったいつけてほしいらしいデス。
おない歳の、愛しき、ばーちゃまとおばあさん。
あしたは、一緒に服を作ってくれます。







2015 6/11(木)「しずくを浴びて、すべてが美しい」

6/11IMG_7238.jpg

6/11IMG_7250.jpg6/11IMG_7239.jpg

雨が降っているのに気づいているのかしら。作業をつづけるひとたちであった、、








2015 6/10(水)

6/11IMG_7230.jpg

トウモロコシ、まずは美味しく頂いて、、
ふむふむ、美しいき、繊維。
そんなことで、やはりやはり、Leiにしてみました。

6/11IMG_7229.jpg6/11IMG_7244.jpg6/11IMG_7246.jpg

ちょっと角度を変えて見つめれば、シコロモウト 発見!






2015 6/9(火)「その本を読んでます。」

6/11IMG_7224.jpg

そして、縫ってます。






2015 6/7(日)「 NAVY tamaken T シャツ」

6/7IMG_7185.jpg NAVY Tシャツの少年とおっさん

本日、男三人衆の企画 NAVY の第一走者 tamaken の Tシャツ展終了いたしました。
とはいいつつ、気をてらうことなく毎年のいつもと変わらないスタイルで鼻歌くらいふつうに展示され、
それを、たくさんの人が安心して喜んで選んでいってくれました。本当にありがとうございました!
そして閉店後、いい具合にLサイズが2枚だけ残ったので、結局、我が父たちにプレゼントしよう!ってことになりました。
この夏、このTシャツにステテコ姿を眺めることが出来そうです。
さて次なる『 NAVY 』バトンを渡されたのが、我らのleleさんです。
今夜、天春のギョウザを食べながら、ちょんと作りはじめてるよ〜〜と言ってはりましたので、
たのしみに待っていましょう。

6/7IMG_7150.jpg6/7IMG_7203.jpg6/7IMG_7211.jpg
いつもの顔ぶれが。ありがとさまです、、



さて、本日はSWAN COFFEEのワークショップもありました。
中庭で準備し、夫婦でシュミレーションしている姿は、なんとも微笑ましく、いい夫婦やな〜としみじみ眺めていました。

6/7IMG_7194.jpg

ヒロセさん人生初の珈琲のワークショップだったようで、
ご本人、少し、いや、だいぶん緊張していたらしいのですが、
珈琲をもっと知ってもらったり好きになってもらうために、ものすごく内容に工夫がなされていて、
この日のために随分考えてちゃんと準備して来てくれたんだな、、とヒロセさんの姿勢がみえて、すごく感動しました。
相方も終了後、やっと色んなことがわかった!とやるき満々です。
明日の朝から、だんぜん美味しい珈琲が飲めるはずです。
そして、ワークショップ終了後、ヒロセ夫婦にどうだった?と聞いたら、
すごく愉しかったよね!と顔を見合わせて言ってくれていたので、それが本当にこちらも嬉しかった!
そしてまた、あ、、ええ夫婦やな〜〜と感動していました。
今日は途中から店もバタバタしだし、のぞき見が出来なかったのですが、
次回、秋くらいに又やってくれると約束してくれたので、それまでにたくさんの珈琲にまつわる質問を用意しておこうと思います。

6/7IMG_7187.jpg HIROSE SWAN COFFEE
珈琲器具の美しいこと。

6/7IMG_7190.jpg6/7IMG_7198.jpg6/7IMG_7171.jpg
美しい写真ボードは珈琲の花。リュックに入る分だけの珈琲豆。来月の販売は7/4 sat です。

6/7IMG_7186.jpg ポンデリングを夢見ているのか、でべそドーナツ
今回、たまけんさんがドーナツを担当。本番ドーナツ、なぜかこんな風に揚がってきたとか。
たまけんの『でべそドーナツ』と命名。本人もなんでこうなったか、わからないらしい。ユニークすぎる。

6/7IMG_7205.jpg
通りすがりの猫




2015 6/6(土)「 青空ウクレレ教室 」

6/7IMG_7180.jpg6/7IMG_7176.jpg

7月の海の日は、今年も原っぱでウクレレ発表会があります。
初心者さんも、これまでの生徒さんたちも、おのおのチームを組んで練習をし始めているようです。
丘にも、みなさんウクレレを抱えて練習に来ていますよ。
我が桜連合も、本日曲を決めました。とは言ってもみんな生活の合間でやるので、むずかしいことは出来ないのはわかっていて、
かなりの初心者曲なのですが、当日まで、無理なく、愉しみながらやりたいな〜そんな感じです。
大人になっても、陽を浴びて、たくさん汗をかく、そんな夏休みのある日のような夏日が、すごく愉しみなのです。

6/7IMG_7209.jpg
leleさんの奥さんのseakaちゃんお手製のベストがお似合い。

6/7IMG_7184.jpg なんか、むりやり、かぶされてます。

ウクレレメンバーのお誕生日。
初心者のみなさん、Happy Birthday ウクレレで演奏です。
ささやかでやわらかな時間。







2015 6/4(木)「 ドーナツ 」

6/4 3写真.JPG
陶のピッチャー Minako Sakurai/orumina kiln https://instagram.com/orumina37/

ドーナツ なんたるシアワセな風貌だろう。
きょうも tamakenさん、ドーナツの試作中。ヘンテコなかたちだけど、味、食感はバッチリ!
目の前に、ずっとドーナツがあるもんだから、一日中、つまみ食い。えらいこっちゃー
個人的には、揚げたてふわっ、も美味しいけれど、ちょっと時間がたって、じゅわもっちり、が好み。
日曜日、スワン珈琲のワークショップのおやつに。
美味しいドリップ珈琲の淹れ方をスワン珈琲ヒロセさんが伝授してくれます。この機会にぜひ!ぜひ!
自分たちは、サイホン珈琲なんだけど、自宅での珈琲はときどきドリップで自己流に飲んでいて、
いろんな珈琲好きの人の、淹れ方のコツをのぞき見するのは、ちょっと愉しい!

SWAN COFFEE
神奈川県の海沿いの町、葉山で自家焙煎をしています。
10年前に鎌倉市にある自家焙煎珈琲店を門をたたき、焙煎を始めた。
師と仰ぐこの店の店主はブレンド作りを楽しむ人でこの店の中濃ブレンドを目標の味としている。
6年前にこの店舗が閉店すると焙煎から距離を置いたが、再度焙煎にトライしようと自宅に焙煎機を構えることにした。
現在は鎌倉や葉山でのイベントに参加したり、展示のレセプションでコーヒーのケータリング活動を行っている。
ここ星ヶ丘ではJAM JAM JAM音楽祭の際に出店させていただいている。



6/7 sun
SWAN COFFEE のワークショップ
「コーヒーのこと、ハンドドリップのこと」

image1.jpeg

コーヒーの仕事をしていてよく言われるのが、お店で飲むような味を自宅ではなかなか再現できないということです。
ちょっとしたコツを知り、守ることで今よりも格段と美味しく淹れることができるはずです。
今回のワークショップでは、コーヒー豆が農園から消費者に届くことについてお話しながら、
ハンドドリップで淹れる方法をお伝えしたいと思います。
会の最後は自分で淹れたコーヒーを飲みながら
ソーイングテーブルコーヒーのtamakenさんが作ってくれたドーナツをいただきたいと思います。

日時:2015 6/7(日)13:00~ ソーイングテーブル中庭にて。雨天決行
会費:2500円
定員:8名 のこり3名です
持ち物:エプロン、ご自宅で使っているドリッパー、コーヒーポットがあればお持ちください。
お問い合わせ: tamaken@mac.com *メール件名に『スワンコーヒーワークショップ』と明記くださいませ。






こちらは、先日剪定したシャガの葉が、中庭でしおれて、すごくいい色になっていたので、
ひろって引っぱってみたら、とてもしっかりしていたので、Leiにしてみました。
かっこいいのが出来ました。カンナ、バラン、シャガ、、ソーイングテーブルの中庭の草が、
Leiになって、身をまといます。

6/4 2写真.JPG
シャガの葉のLei






2015 6/3(水)「今年も青空Tシャツはじまりました!」

写真.JPG

Navy ネイビー
同一テーマをもとに タマケン、レーレー梅男、中島恵雄が 一ヶ月毎に展示をします。

タマケン /
青空 T シャツ at SEWING TABLE COFFEE
2015. 6/3 WED 〜 6/7 SUN



朝の雨のスタートでしたから、とりこんだ洗濯もんみたく、納屋の中にTシャツがピラピラしています。
なんだか、これもいいねーなんて言ってます。
父の日の贈り物に、と何人かの人が選んでいってくれました。
そうか、、父にか。
父にTシャツをプレゼントしたことはないな、と思いおこし想像してみる。

このTシャツに、白いステテコ。

、、、、、







2015 6/2(火)「 洋裁は、裁断が命」

6/1IMG_7145.jpg

今日お昼からは、学園企画のワークショップの準備を。
のもとさんとテンコさんと集合して、ギャラリーが空いていたので、お借りして、
みなさんから預かったワンピース生地を裁断してゆきます。
服作りに、生地裁断は、命です。ここでいい加減にすると、いくらいい生地でも、台無しになってしまいます。
そんなことで、タイムスケジュールを考えながら、一着分ずつ裁断していったら、
二人でやっても一着50分もかかってしまいました。こりゃ、気合いいれんと、終わらんですよ〜〜
そんなこんなで、預かった生地を裁断するのに失敗はぜったい出来ないので、お喋りもほどほどに、
緊張感をもって作業していたのか、もう夕暮れには、珍しくどかーーーんと疲れてしまいました。
それで潔く、半分は次にしよう!とのもとさんが判断してくれたので、スパッと終わらせました。
しかしながら、なんともいえない充実感。
どきどきを抱えながら、はやくみなさんの笑顔に会いたいなー

6/1IMG_7144.jpg

大きな机がきもちいいです。






2015 6/1(月)「 だらりだらり 」

6/1写真.JPG

あしたから、ちょっとまたいそがしいからね。
きょうは、とことん、ゆっくりとね。
だら〜〜〜





2015 5/31(日)「月明かりまでもが、サンサンと」

6/1IMG_7095.jpg

初夏のモーニン 本日が最終日でした。
ともちゃんは、この2週間毎日この丘に足を運んでくれて、
丁寧にbagの説明をし、来る人たちをやわらかく迎え、
その誠実さに、わたしはたくさんの喜びと刺激をもらいました。
あ、、この人と出会えてほんとうにシアワセだな、、そんなことをずっと思っていたのです。

今日は最終日。最後の最後まで、
ともちゃんの手仕事とともちゃんに会いに、たくさんの方が来てくれました。
たくさんの人に愛されているんだな、、
この場所で展示をしてくれたともちゃん。足を運んでいただいたみなさんに感謝でいっぱいです。

この二週間は、初夏の陽がずっと続きました。
今宵は、月明かりまでも、樹々や自分たちの影をつくり、サンサンとしていました。
月がきれいきれいと、ほぼ同い歳のわたしらははしゃぎながら、
又明日にでもすぐ会う様な気分で、
又ね!バイバイ!と手をふりました。

ありがとう、又ね!
バイバーイ

see you!





こちらは、ソーイングテーブルでの展示が決まってから生まれたというTOU(トウ)。
夾竹桃キョウチクトウの花の名からTOUと命名されました。いつしか、これも託してもらいたいな。

6/1IMG_7036.jpg6/1IMG_7138.jpg5/27IMG_7033.jpg

この度は、ずっと待ち望んでいた生成りのリョックが我が家に。
長く使いたいと思います。嬉しいです!

6/1IMG_7129.jpg かわええ似た者夫婦に担いでもらいました。

初夏のモーニン





2015 5/30(土)「星の匂いをかいでみる」

6/1IMG_7132.jpg

本日は学園企画の、makaちゃんのこの丘で収穫された植物のポプリ作りでした。
みなさんのをひとりひとり香らせてもらったら、なんともみーんな違う香りで、なんともなんとも感動です。
makaちゃんが帰り際、今日作ったこの丘の植物のポプリを託してくれました。
しばし熟成させて、1年後どんな風に香りが変化してゆくのかの実験です。
maka 樫田幸枝さん http://makaherb.tumblr.com



5/30IMG_7070.jpg5/30IMG_7071.jpgぐーちゃんとぐーちゃんのだんなさんはここで、たのしいことやってます。
ぐーちゃんのだんなさんは、お土産と言って、ズボンのポッケからかまぼこをとり出す人です。いっきに大好きになりました。

京都のぐーちゃんから、友人が作ったよと、こんなにも素敵な冊子が届きました。
手に感触があってこその読み物。
つい、匂ってもみたくなりました。
生き物ですね。読み物。
ぜったい、生き物です。





2015.5/29(金)「 メロン婦人」

6/1IMG_7120.jpg6/1IMG_7119.jpg6/1IMG_7118.jpg

美味しいメロンを頂いたから、一緒に食べようーとともちゃんがもって来てくれたから、
スパッと二つに切って、うわああああ〜〜と叫びながらスプーンでじゅわっとすくって、ぜいたくー
もう、種まで食べちゃえ〜〜
お腹にメロンが育ったらええな〜と、本気で願う、メロン婦人1号、2号。

6/1IMG_7072.jpg

6/1IMG_7078.jpg6/1IMG_7075.jpg6/1IMG_7077.jpg
神様、メロンをこの世に誕生させてくれて、ありがとう。

6/1IMG_7082.jpg
メロン婦人1号さん、皮に穴があくまで食べておりました。
メロン婦人2号は、意外にきれいにそぎ落とし、なにやら、又この皮で何かでけへんか〜と企んでおります。

5/30IMG_7096.jpg
上等すぎるメロンなんで、抹茶じゃわん風に、メロン汁を、ズズズズズーーー

なんたる、シアワセ。
ごっそうさんでした!





Hug sea
6/1IMG_7098.jpg6/1IMG_7111.jpg ラクガキ

福岡での企画展『星をつぐもの』でお会いした方が、星ヶ丘までも会いに来てくれました。
うれしくって、かわいいし、ぎゅっとハグしたら、
とってもきゃしゃなのに、こちらが大きなものに包まれたようでした。
又お会いできる日をたのしみでいましょう。





2015 5/28(金)「初夏のモーニン」

5/30IMG_7088.jpg

なんたる、迫力。やってみたいという人がまだまだいらっしゃるということで、
また、週末などの予定を組んで企画することに。お愉しみに!

6/1IMG_7055.jpg6/1IMG_7058.jpg

本日第3弾、ピクニックバックを作るWORK SHOPでした!

5/28IMG_7052.jpg5/30IMG_7090.jpg5/28IMG_7048.jpg

原っぱに、はえるbagですね。だれものbagに変身。素材やサイズを工夫して作っても愉しいかもですよ。

6/1IMG_7086.jpg6/1IMG_7087.jpg
今日もみなさん、大満足で帰っていかれましたー







2015 5/27(水)「初夏のモーニン」

5/30IMG_7093.jpg

本日も、第2弾ピクニックバックを作るのモーニンのワークショップでした!
今回は、机をまるで舟にみたてて、ロングなテーブルでどーんと始まります。
みなさん、元気いっぱいで、終始大笑いの中庭でしたよ。

5/27IMG_6989.jpg5/27IMG_7016.jpg5/28IMG_7015.jpg
5/27IMG_7042.jpg5/27IMG_7020.jpg5/27IMG_6990.jpg

自然とチームワーク抜群です。まったく縫う作業のないbagです。

5/27IMG_6991.jpg

5/27IMG_7011.jpg5/27IMG_6994.jpg5/27IMG_7012.jpg
お母さんを待っている間、みんなに、舟の折り紙をプレゼントしてくれましたよ。


同じbagなのに、それぞれの表情が見ます。小籠包が大好きな人が小籠包bagと言ってましたよ!
6/27IMG_7041.jpg5/27IMG_7026.jpg5/27IMG_7027.jpg

きょうも、mornin のたくさんの発見があったにちがいありません。






そして、もうひとつ嬉しいことがありました。
大分の海の側にある、古道具と珈琲 ことりさんが、この星ヶ丘に皆に会いにやって来てくれました。
そのご縁は、人の繋がりや年月を辿ってゆけば、10年も15年もさかのぼり、
まっすぐやって来た事が、ひとつの証のように、示してくれた様なことです。
これから、また愉快なじかんと眼差しをもって、
ご一緒できそうです。
またひとつの海に出会えるんだな〜うれしい、ほんとにうれしい。
また、ゆっくり語ることになるでしょう。









2015 5/26(火)「夏のはじまりの仕事」

5/26IMG_6981.jpg5/26IMG_6977.jpg5/26IMG_6980.jpg

来週から、男三人衆のNAVY企画がはじまります。
相方も準備がはじまっておりまして、、
まあ、ことしも自分が着たいTシャツを作っているわけです。
毎年の、夏のはじまりの仕事。
もう、丘にやってくる人は、ビーサンをはいてくる人が、チラチラ。
足裏も、光や風を待っている。
まあ、蚊たちもまってました、と活動しはじめております。
丘サン、いつか作らななー
足下も、スースーさせたい季節がやって来ます。
と言いつつも、フラの練習をはじめたもんですから、
実は、もう真冬も真夏も関係なく、
裸足のじかんを1年中過ごしているわけですが、、。


Navy
同一テーマをもとに タマケン、レーレー梅男、中島恵雄が 一ヶ月毎に展示をします。

2015.6/ 3 WED 〜 6/7 SUN  タマケン / 青空 T シャツ
2015.7/15 WED 〜 7/27 SUN レーレー梅男 / Bag.Hat
2015.8/19 WED 〜 8/30 SUN 中島恵雄 / Installation

詳しくは催し頁ご覧ください。






2015 5/25(月)「 のもとさんとスエさん」

今日は、午前中は少し取材があって、お昼からは、学園企画の繕い教室『おばあさんと服づくり、おじいさんのお昼ごはん』の
リハーサル??的なものを、おばあさんことのもとさんとわたしの二人で、ヨガのゆみやんにまたまたご協力いただいて行いました。
のもとさんが今朝のメールで珍しく、『ドキドキします。』とひと言あったので、なんだか、かわいいな〜と思うと同時に、
大将ののもとさんが、ドキドキしているのか〜、ほんならわたしもドキドキしてきたー!てな感じで、はじまりましたが、
おばあさんことのもとさん、やはり本番は、ばしっと決めてくれます。なんだか、のもとさんを眺めていると、
やっぱりスエばーちゃんを思い出します。スエさんも、普段は決して前に出る事を好まないのだけど、
こうやって人前に出なくちゃいけない時は、覚悟をきめてエンターテイメントにふるまってやってくれるのです。
ほんとうに、かっこいい様を見せつけてくれます。そんなこんなで、一連の流れを、ゆみやんのご協力のおかげで、
なんとか想像がつき、本番はきっとハプニングの連続だとおもいますが、みなさんでそれも愉しみながら、
一日を一緒に過ごせたらな〜と思います。おばあさんもおばちゃんも、その日をドキドキしながら迎えますので、
ご参加のみなみなさま、よろしくおねがいします〜

5/25IMG_6944.jpg5/25IMG_6945.jpg5/25IMG_6952.jpg
あれやこれやと、ゆみやん、ものおじなく素直に手を動かしてゆきます。この人も頼もしいー
5/25IMG_6971.jpg

じゃーーん。
5/25IMG_6964.jpgおばあさんと服づくり
すごーくキレイな色の麻のワンピースが仕上がりましたよ。ゆみやん、さっそく着てかえりましたー
ほんとうに、似合うものが仕上がって、ほっとしました。自分で仕上げたものは愛おしいね。

5/25IMG_6975.jpg

かたずけも終わり、ひとりほっとして見上げた夕暮れがサーモンピンク色でした。
こんなやさしい色のワンピースもいいな。
原っぱにできた小さな道を、ゆっくり自転車を押して帰りました。




お知らせでーす!

SWAN COFFEE
スワン珈琲が、毎月第一土曜日、その日その季節をイメージした珈琲豆を焙煎して、
リュックひとつ分だけ背負って、葉山から販売しにやって来てくれます!
数に限りがございますが、フレッシュな珈琲豆をぜひ味わってみてください。
ソーイングテーブル店頭にて販売いたします。


6月の SWAN COFFEE(スワン珈琲)
6/6 sat お昼くらいより販売 at SEWING TABLE COFFEE にて。

まだ温かい珈琲を

その日の天気を気にするほうでないから、梅雨時のあの日の朝もいつもと同じようにろくに天気予報も見ず自宅を出た。
仕事が休みだったから友人に教えてもらった喫茶店に行くことにしていた。
私鉄が好きだ。関東だと小田急線とか京王線、関西なら京阪電車もいいし、阪急線も好い。何が好いかって車両の色が好い。
京阪電車のグリーンや阪急線のダークブラウンは、その地に来たことをちゃんと感じさせてくれるからだ。
あの日に乗ったのも私鉄でエメラルドグリーンの車両に赤いラインが入っている。
初めて乗る電車なのに安心すら覚える色あいだった。
この電車に乗って目的地に着いたのが昼過ぎだった。朝見た日差しはなく雲で覆われていて、今にも雨が振りそうだった。
そして喫茶店に着いて珈琲に口をつけるころには雨が降ってきた。口のなかに風味を残しながら喉をすっきり通っていく。
風が通る店内でさっきまで蒸し蒸ししていたことを忘れてしまう味。
6月の珈琲はそんな珈琲。



6/7 sun SWAN COFFEEのワークショップ
「コーヒーのこと、ハンドドリップのこと」

image1.jpeg

コーヒーの仕事をしていてよく言われるのが、お店で飲むような味を自宅ではなかなか再現できないということです。
ちょっとしたコツを知り、守ることで今よりも格段と美味しく淹れることができるはずです。
今回のワークショップでは、コーヒー豆が農園から消費者に届くことについてお話しながら、
ハンドドリップで淹れる方法をお伝えしたいと思います。
会の最後は自分で淹れたコーヒーを飲みながら
ソーイングテーブルコーヒーのたまけんさんが作ってくれたドーナツをいただきたいと思います。

日時:2015 6/7(日)13:00~ ソーイングテーブル中庭にて。雨天決行
会費:2500円
定員:8名
持ち物:エプロン、ご自宅で使っているドリッパー、コーヒーポットがあればお持ちください。
お問い合わせ: tamaken@mac.com *メール件名に『スワンコーヒーワークショップ』と明記くださいませ。


SWAN COFFEE
神奈川県の海沿いの町、葉山で自家焙煎をしています。
10年前に鎌倉市にある自家焙煎珈琲店を門をたたき、焙煎を始めた。
師と仰ぐこの店の店主はブレンド作りを楽しむ人でこの店の中濃ブレンドを目標の味としている。
6年前にこの店舗が閉店すると焙煎から距離を置いたが、再度焙煎にトライしようと自宅に焙煎機を構えることにした。
現在は鎌倉や葉山でのイベントに参加したり、展示のレセプションでコーヒーのケータリング活動を行っている。
ここ星ヶ丘ではJAM JAM JAM音楽祭の際に出店させていただいている。



うまいドリップ珈琲とタマケンさんのドーナツ!
ちょっと愉しみでしょ!






2015 5/24(日)「おひさまのもとで」

本日は、お日柄もよろしく学園ワークショップや陶芸部のバーベキューなどなど、たくさんの笑顔で原っぱは華やいでいましたよ。
ワークショップはmakaさんの(エディブルフラワーは食べれる花)ナスタチウム、スミレ、タンポポ、ローズなどや
学園のお庭で収穫した草花を、砂糖で包んだ「花のクリスタリゼ」を作られていました。
まさしく夢の様なひとときが目の前でキラキラしていましたよ。参加のみなさんも五感をとき放ち、キラキラキラ。
来週もmakaさんのワークショップがひきつづきあります。詳しくは、こちらへお問い合わせください。
http://sewing-g.com/sg/2015/04/531.html

5/25IMG_6911.jpg

ワークショップの準備をするmakaさんと、見学するmorninさん。午前のひととき。

5/25IMG_6913.jpg5/25IMG_6920.jpg5/25IMG_6921.jpg
砂糖で包んだ「花のクリスタリゼ」


5/25IMG_6915.jpg
日光浴して出来たハーブウォーター。
庭で穫れたフレッシュなミントやレモングラスやタイムや檸檬の葉っぱや柿の葉などなど。
うつくしいなー、、おいしいなー、、


5/25IMG_6932.jpg
なんだか、こんな写真を撮っていただきました。
裏の小窓から、なんだか新鮮。





2015 5/23(土)「今日のモーニン」

5/23IMG_6894.jpg

原っぱの方へ向うと。

5/23IMG_6897.jpg5/23IMG_6900.jpg

しあわせの黄色いbagたち。

5/23IMG_6890.jpg

お昼ご飯は裏庭で。たわいない話でむしゃむしゃ。通りすがりの人らとごきげんさん!と挨拶を交わしながら。
そうだ!ソーイングテーブル中庭にて、この丘で収穫された玉葱を100えんで販売していますーぜひ!
すえばあちゃんのお野菜思い出したなあ。

5/23IMG_6860.jpg
ニベア〜





2015 5/21(木)「mornin」
5/21IMG_6835.jpg

5/23IMG_6881.jpg

本日モーニンのワークショップでしたよ!

5/21IMG_6800.jpg

5/21IMG_6810.jpg5/21IMG_6823.jpg5/21IMG_6825.jpg
5/21IMG_6812.jpg5/21IMG_6802.jpg5/21IMG_6824.jpg
素材やパーツ、紐の結び方、サイズ感、裁断あとの残り生地の提案、などなど、
どれをとっても、モーニンのニュアンスが丁寧に散りばめられている。
5/21IMG_6814.jpg5/21IMG_6828.jpg5/21IMG_6788.jpg
5/21IMG_6808.jpg5/21IMG_6842.jpg5/21IMG_6840.jpg
紐を長くしたり、短くしたりして、時と場合によって使い方を変化させれるbag。
みなさん、そのまんまbagを提げて帰られましたよ!大満足ー

5/23IMG_6853.jpg
我が家の猫SOUも気に入ってしがみついております〜




2015 5/20(水)「 つつまれるとひらかれる 」

初夏のモーニンはじまりましたー
青々した草木のなかで、
ともちゃんがつくるバックは、
ともちゃんがそのバックを語りだすと、
とたんに手品のように、へ〜は〜ほ〜〜と、おどろきとかんどうに包まれる。
ものを包むと同時に、きもちを弾ませ、光り、音、匂いそんなものもすべてをとき放つ。
包むということは、ひらいていた、ということでもあって、
つつまれるとひらかれる
モーニンのバックは、旅を好み人間のあたたかみとユーモアを知る、
ひとつの意思ある同士のようだな、
そんな風にかんじる。

5/20IMG_6774.jpg5/20IMG_6770.jpgまたまた、ワシも作ろ!!と触発されるひと。

リクエストしていたリュック。モーニンらしいリュックが誕生して来た!
はやくこれを背負って、自転車漕ぎたい。







2015 5/19(火)「 初夏のモーニン」

5/19写真.JPG5/20写真.JPG

本日、モーニン ともちゃんと丘にて搬入!
これは、ぜったい来たほうがいいよね〜〜なんて、ふたりで言い合った。
心踊るbagたち。
たくさんの方に見ていただきたいなー

ぜったい来た方がいいよね〜〜

これ本音です。
さあ、明日からはじまります!

morninDM150411F-1.jpgmorninDM150411B-1.jpg

作家は、毎日在店致します!






2015 5/18(月)「 そのつど味見をちゃんとするのがコツ 」

5/19IMG_6701.jpg

今月、待ってました!のおはぎ作りをshinaちゃんに教えてもらう日。
今朝ちょこっと学園で用事を済ませ、今から向うね〜とメールをする。
せっせと、きのうハルさんがくれた刺繍のチクチク小物をちょこんとハンカチに包んで小脇に抱えて。
お昼ごはんは、なんかあるもんで用意しとくよ。なんて言ってくれる彼女。
ついつい、ただいま〜と彼女の家に上がり込む。
美味しい豆ご飯のおむすびと田舎から届いたと言う赤ちゃん玉葱と葉っぱの部分?のみそ汁、
わらび佃煮やら、、相変わらず体に優しく染みる味。
さて、はりきって今回はノートなんかも用意してみたけど。
あんこたいて、もち米つぶすだけやし〜かんたんやし〜〜
ほんに、たしかに、かんたん、なんやけど。
あんこの甘さとか、絶妙にたまらん、さじ加減やし。

わたし、彼女のさじ加減を知りたいんやな〜
もち米やあんこの、塩やさとうの加減。ふむふむ。
それで、わきゃきゃ言いながら、おはぎを丸める。
どんだけ、食べるねん!というくらい、出来立ては、ペロリといくつも食べれてしまう。
きょうも大満足。
又帰り際、お土産に、実家で育った野菜やら豆おむすびがごろんごろん入っていて、
どしっと、おはぎも山ほど持ちかえらせてくれた。
実家や〜〜ん。

5/18IMG_6706.jpg5/19IMG_6700.jpg やさい番茶(夏ごぼうとレモングラスとなんちゃら豆?)

ごちそうさまでした!来月も押しかけたいんやけどな〜〜
美味しい季節のジャムの作り方教えてほしんやけどな〜〜







2015 5/17(日)「新月、あたらしい冒険のはじまり 」

5/5IMG_6380.jpg

少年のような冒険を。そんなことばを繋げて、
ハルさんの革bagとso sea のころもの、
物々交換のやくそくを。
あーなんて、うれしいギフトだろう。

harumint solo exhibition at SEWING TABLE COFFEE
2015.5.6(wed)-5.17(sun)  11:00-18:00 / Closed on Monday&Tuesday

草はらの海 降りてきたギフトを 両手で受けとる
一冊の本と この場所に捧げる いくつかのひらめき

終了いたしました。ありがとうございます!




2015 5/16(土)「 シェアワーク ゆたかなじかん 」

5/17IMG_6686.jpg丸太郎、寝ぼけまなこで小さな鈴をねらっている。

雨かと思ったら、ほどいい時間にはすっかり空は明るくなっていました。
藍のワンピースを着たハルミンさんが、ささと原っぱにやって来てくれます。少年のような爽やかさをもった人。かっこいいな。
今日は、sewing table coffee 中庭にて「新月、願いを持ち歩くための袋」と「革サイフ」づくり、harumint(ハルミン)さんのシェアワークの日でしたよ。
の机は、がっつり湿っていたのですが、外でやるき満々。レジャーシートやらAmazonの段ボールやらひいたら、これでバッチリです。
徐々に今日参加の人達が集ってきて、なんだか今日のドレスコードは藍? 雨上がりの原っぱにみんなの藍色が美しく生えます。
そんな風景を、みな思い描いてやって来てくれたのかしら。
そしてステキなテーマがあったので、想像を膨らませて、みなさんハルミンさんの作品なんかも参考にしながら、じゆうに手を動かしてゆきます。
みんな、じゆうに気負いなく手をうごかすことを、心からたのしんでおられるのが、すごーーーく伝わってきて、
あ、、、、毎回いいじかんやな、、としみじみ思うのです。
わたしも、ちょいちょいのぞいては、あーしよ、こーしょ!とみんなのアイディアをシェアしてもらって、
ハルさんが材料分けてくれたので、時間をみて作る気満々です。ありがとうよ、ハルさんー!
ハルさんの小さきものたちは、そのふさわしいひとたちに、託されてゆきます。
ハルさんの初の作品展ということで、きっと今だから生まれたものばかりなんだろうな、、、なんて想うと、キュンとなります。
だって、ほんとうに初々しいものばかりなのですから。
わたしも、小さな中に、楽園のようなどこかの旅先がとじ込められたような首飾りとうで輪を託してもらいました。
小さいのに、遠い世界を眺めています。
想像することの素晴らしさ。大切にしていたいです。

5/17IMG_6655.jpg5/17IMG_6658.jpg5/17IMG_6663.jpg

5/17IMG_6657.jpg5/17IMG_6680.jpg5/17IMG_6673.jpg

5/17IMG_6678.jpg5/17IMG_6661.jpg5/17IMG_6667.jpg
なんともいえん、組み合わせ。皆もってきたパーツをシェアし合ったり、たり。

おやつに出そうと思っていた蒸しパン!
大失敗!急きょ、別のおかしを。
かたわらで、ちょっと、ザンネンな人。

5/17IMG_6666.jpg
でも、ウマイ!!
AOさんに、なんでふくらまへんねや〜とメールして、
コツを教えてもらう。
再チャレンジや〜





2015 5/15(金)「 そのひとつひとつひつ 」

5/15IMG_6623.jpg5/15IMG_6629.jpgI5/15MG_6625.jpg

まるで、ひとつの旅の風景を写し込んだような、うで輪。
革のサイフは、ぜんぶ手縫いで仕上げていて、ハルミンさんがふだんじぶんが使っているかたちを、
さまざまな革でアレンジしたもの。
小さなピアスやイヤリングは、旅先でふいに見つける、石ころや貝殻よう。
そのひとつひとつが、ハルミンさんの手のリズムで生まれたもの。
気づいたらあと二日、日曜日までの展示となりました。
16.17はハルミンさんが、丘の合間で、何やら手を動かしていることでしょう。


harumint solo exhibition at SEWING TABLE COFFEE
2015.5.6(wed)-5.17(sun)  11:00-18:00 / Closed on Monday&Tuesday

草はらの海 降りてきたギフトを 両手で受けとる
一冊の本と この場所に捧げる いくつかのひらめき

作家在店  5/ 6wed. 10sun 夕刻まで、16sat. 17sun
5/15IMG_6636.jpg5/15IMG_6632.jpg5/15IMG_6630.jpg

革サイフは、中に小銭入れなどもついていて、シンプルなのに機能的。
ハルミンさんの作るものは、どこか遊びごころとシンプルな品のようなものがあって、
そのひとつで、すっと存在感をあらわににする。魅力的なのです。

は、、、こまった。笑







2015 5/14(木)「まるでLeiを首にかけてもらったような、、SO SEA Leiの香り」

5/13IMG_6551.jpg

沖縄のとある海辺からとどきました。星ヶ丘にいくひとー!と呼びかけて集ってきた漂流物たちだとか。笑 はなちゃんらしいな。
いつもふいにとどくキラキラに、もうため息ばかり、、そこにいた皆で、ゆっくり箱の中身をひらいたよ。もったいなくて、ゆっくりゆっくりね。
届けものは、その人そのまんま。あの無邪気な笑顔がどかーんと目に浮かんだ。あー会いたいなあ、あのでっかい笑顔に会いたいよ!


5/14IMG_6565.jpg5/14IMG_6591.jpg5/14IMG_6598.jpg

昨日フラのmikiせんせいが、、おっと珈琲ふらのちえこさんと、フラダンスのmikiせんせい。
ふらフラ繋がりではないですか。フラふら、いい響きです。
話はもどり、昨日フラのmikiせんせいが、お勉強をしに先日までハワイに行かれていて、
たくさんの素晴らしいお話を聞かせてもらう。そのどれもが、感動することばかりで、
まだ何にも分からないことばかりなのに、じぶんの中で出会いたかった、、そんなことがらが、
こんなにも側にあるシアワセを夢のように思う。ほんとうに、まだまだへなちょこもいいとこなのだが、、
10ねん、20ねん、そんな単位で、フラがじぶんの日々にあたり前にある日を、気長に夢見ていたい。

きのうのレッスンの帰りぎわに、せんせいがそっとハワイのプルメリアの生の花のLeiのおみやげに託してくれた。思っていたら、ほんとにやって来た。
WELTのユキンコちゃんが、SO SEA Leiの香りを作ってくれて、その中に入っているフランジパニ(プルメリア)は、
いちばん印象的にかおる香りで、じぶんの中では、大好きな、を通りこして、愛しています、、といいたいほどの、
特別な香りとなった。プルメリアはハワイにたくさん咲く花で、夾竹桃(キョウチクトウ)科のお花でもある。
やはりご縁があるようだ。ことばでは説明つかないのだけど、貝殻を拾いあつめるように小さなタカラモノを拾い集めていたら、
気づいたら結ばれてゆく、あらゆることの素晴らしさを実感しながら今を過ごす。
今日は雨で、店もゆっくりだったので、SO SEA Leiの香りのために、貝殻とその辺にあった木や針金で、
オイルウォーマーを作ってみる。ヘンテコだけど、ずっとだいじに使いたいようなものが仕上がった。
キャンドルをつけると、貝殻がほどよくあたたまり、ちゃんと香りを漂わせてくれた。きれい、、
きょうも日々の生活品がひとつ、じぶんの手から生まれて、何だかうれしい。ヘンテコだけどね。

5/14IMG_6617.jpg5/14IMG_6618.jpg5/14IMG_6621.jpg自然物の装飾品、髪飾り、美しいヒントがたくさんです。

ユキンコちゃんが SO SEA Leiの精油と一緒に託してくれた漂流物?貝殻のような角のようなものを
首飾りにしようと思う。それでヒントが欲しくて今日眺めていたのが、ずっと大事にしているこの洋書。装飾から服飾、暮らし、写真やデザイン、、
たくさんのヒントがびっくりするくらい素晴らしくつまっている。すべてのクリエーターにおすすめしたい一冊。





さて〜、あーしてこーして、とお願いしながら、
イメージ通りのフライヤーがデザインされました。
似顔絵は、わたくしが、寝る直前にフトンにもぐる勢いで描いただけあって、ぼや〜似てね〜〜
反響良くて、おどろいております。ただ今、追加日程を検討中であります。

tsukuroi01-1.jpg

nomoto-1.jpg









2015 5/13(水)「 Navy リレー 」

navy_omote.jpg
Navy ネイビー
同一テーマをもとに タマケン、レーレー梅男、中島恵雄が 一ヶ月毎に展示をします。

タマケン /
青空 T シャツ
2015. 6/3 WED 〜 6/7 SUN

レーレー梅男 / Bag.Hat
2015.7/15 WED 〜7/27 SUN

中島恵雄 / Installation
2015.8/19 WED 〜8/30 SUN


レーレー梅男 lele umeo
2012年10月、大阪から沖縄に移住。プカプカと泳ぎに行った訳ではないが、イラストレーターを生業する傍ら、
カバンを作り、傍ら帽子を作り、傍らウクレレのインストラクターをしながら傍らバンド活動をする。
その傍らビーチを散歩しつつ落ちる夕陽を眺めている。傍らが結構本気です。
SEWING TABLE COFFEEでは「青空ウクレレ教室」開催。
https://twitter.com/leleumeo

タマケン tamaken
SEWING TABLE COFFEEの店主。
珈琲を淹れる傍らで、毎年その夏に自分が着たいTシャツをデザインしてSEWING TABLE COFFEEの中庭で紹介している。
はたまた珈琲を淹れる傍らで、古材を使って船をたまに作っている。2009年にはSEWING GALLERY(大阪)にて個展を開催し、
同年、BOOKLOREより作品集「08_09 Play with Ships」を出版。
はたまた珈琲を淹れる傍らで、ギターを弾いていてバンド活動をする。
http://tamazkue.sakura.ne.jp/pg68.html

中島恵雄 nakajima eyu
出版レーベル BOOK LORE(ブックロア)、オンラインストアー「雲の生まれるところ」、webデザインの仕事をする。
傍らで音楽活動をし、はたまた傍らで、何やらかにやらと色々頼まれる性分。
http://kumonokouba.com/abouts/

IMG_2777.jpgNAVY 三人衆/tamaken.eyu.lele

さあ、3 monthsを通してどんなことになるでしょうか。
SEWING TABLE COFFEE 初のこころみ、NAVY 男三人衆がそれぞれ表現します。
期間中の8/29(土)は、龍門ズBar 17:00スタート 1000円(1drink付)開催します。
NOBUうどんが、NAVYをキーワードにうどんを作ってくれますよ。
どうぞ、どうぞ、NAVYリレーお愉しみに。


SEWING TABLE COFFEE
573-0013 大阪府枚方市星丘2-11-18 星ヶ丘洋裁学園内
http://tamazkue.sakura.ne.jp/pg1.html open 11:00 - 18:00(月・火定休日)
*8/29はイベントのため16:00閉店









2015 5/12(火)「なんじゃもんじゃの木」

5/12写真.JPG

根っこがでてきたよ〜といっしょに旅したエダンちゃんから嬉しいお知らせをもらう。
そう、わたしたち皆は、ふらを囲むアイビーを、ちょっとだけづつ、ちえこさんにお裾分けしてもらったのでした。
じぶんも、ソーイングテーブルの納屋を囲むところどころに挿し木してみました。
もうすでに、ソーイングテーブルはアイビーに囲まれつつあるのですが、ふらから来たアイビーは、
きみどりで軽やかな種類。根付いたら2種類のアイビーが納屋を囲むことでしょう。
このアイビーはね〜、ふらからやって来たのだよ!なんて語り継げることがうれしい。
いつまでも、あの時間やその人を想いおこすことができます。
ところで、ソーイングの目の前のヤツデはザンネンながら伐採しました。木と木が重なり合いすぎて、
弱ってしまったから、判断をつけました。だいたいが、庭の草木は自然体でほったらかしなのですが、
時に、こんな決断をはっきりしなくちゃいけないときもあります。
そんな時は、あまり悲観的にならずに、土にもどってね〜!ありがとねー又よろしく〜!なんて元気なことばをかけて
土に還ってもらいます。そして、その小さなひと枝だけを、ここなら大丈夫かな、、なんてところに又挿し木してあげます。
根付くものは根付くし、土に還るものは、土に還る。そんなことの繰り返しです。
小さな納屋には、いつも風がどんな風に流れるかを常に意識しています。日常のことです。
だから、剪定や草刈りも、思い切ってしなくちゃいけないのです。
それでも、草木は強くて、毎年ちゃんと新しい逞しさを見せてくれます。
共にここで過ごしているんだな、、と小さな自然ですが、教えられる事ばかりです。
下の写真は、ふらのちえこさんがうれっそうに、この樹花いいでしょう!って紹介してくれて皆で見上げたり、
落ちているユニークなカタチの種を拾ったりしました。

5/13IMG_6544.jpgなんじゃもんじゃの種 
実は隣りの建物の木なんですけどね、ちえこさんはふらの周りの植物たちと挨拶を毎日交わし合っているんだな、、
なんてことが伝わってきます。「なんじゃもんじゃの樹」というそうです。
出会えるタイミングがあったり、この丘でも育ってほしいなー

5/13写真.JPG



さて、繕い教室の募集をしましたら、すぐにうれしい反響でした。ありがとうございます!
様子をみて日程を増やすことが可能なら、又考えてゆきましょうと、テンコさん等と話し合っています。
そんでもって、この企画つながりですが、テンコさん、のもとさん、わたしとで展示もします。
よろしくおねがいします。さあーーつっぱしらにゃあいかんですね。


2015.6/17wed-28sun
つくろうワンピース3人展   at SEWING TABLE COFFEE
noriko / katuko / so sea

5/13IMG_6443.jpg

この度「繕い教室」で生まれたひとつのワンピースのパターンをベースに、
3人がそれぞれ独自の素材をえらんだり、ちょっとアレンジを加えたりして、縫い仕上げます。
この原っぱから生みだされたワンピースがさらりとなびきます。
どうぞ初夏の一枚をえらびにいらしてください。







2015 5/11(月)「 ぜひー体験してみてくださ〜い」

ようやく、学園企画のワークショップの告知をいたします!
なんとも、星ヶ丘洋裁学校らしい、朗らかお教室となりそうです。
いや、今回はお教室というよりも、おばあさんがちゃんとポイントをおさえて一緒に手をとりあって作る会です。
どうしても、参加のみなさんにちゃんとステキなワンピースを持ちかえって欲しい!というのが、企画者みなが一致した意見です。
それで、今回体験してみて興味をもってくれたならば、洋裁のお勉強してくれたら、尚さらうれしいといった感じです。
今回のワンピースは、とってもシンプルですが、襟のラインや袖口のディテール、Aラインの程よいドレープが、
微妙に考えられていて、パターンを作るとき試行錯誤してくれました。
みな納得のラインは、年齢問わずどなたでも美しく見せてくれます。たくましいワタクシも、ちゃんと着れるサイズですよ。
ナマ足、二の腕は見せれませんので、スパッツや中にカットソーを着ても、カジュアルに着て頂けるかと思います。
きっと生地で色んな表情をみせるかと思いますが、長く定番で着て頂けるワンピースでしょう。
そして、もう、目玉が!なんだか、バナナのたたき売りの勢いですが、
その日のランチを、おじいさんことタケヒロさんが作ってくれます。
洋裁学校の母屋の座敷で皆で食べるので、まるで実家のちゃぶ台を囲む様な様子が目に浮かぶのですが、、、
はたまた、、?どんなことになるのでしょうか、私も愉しみなのです。
ぜったい、美味しいってことだけは、約束します!
そんなことで、ご興味をもたれた方は、ぜひお問い合わせお待ちしております。

ほなほな。

ワンピースのモデルは、あめつちヨガのせんせい、ゆみやんにお願いしましたよ。
ハツラツ健康美人さんで、ワンピースも風のなかで、スイスイじゃぶじゃぶプカプカ泳いでいるようでしたよ〜
DMチラシは、後日仕上がります。又各方面へと配布させて頂きます。よろしくおねがいします。




「星ヶ丘洋裁学校 繕い教室 」ワークショップ参加者募集いたします!

5/11IMG_6499.jpgこちらのワンピースを仕上げます。フリーサイズです。

おばあさんと服づくり、おじいさんのお昼ごはん
      ー1日でワンピースを作るワークショップー

5/11IMG_6459.jpg5/11IMG_6466.jpg5/11IMG_6477.jpg
5/11IMG_6462.jpg5/11IMG_6467.jpg5/11IMG_6470.jpg

星ヶ丘洋裁学校は、昭和23年に設立された自然に囲まれた木造校舎の洋裁学校です。
「自然の中で 自分らしく 共に学ぶ」その概念をたいせつにしつつ、
服つくり、物つくりの楽しさを、この度体験していただければと思っています。
学園内ではさまざまな文化活動も行っておりますので、ぜひこの機会に星ヶ丘洋裁学校へ遊びにいらしてください。

日時 :2015.6/13 sat  10:00-16:30(ランチタイム12時半〜約1時間)
場所 :星ヶ丘洋裁学校/繕い教室
     573-0013 大阪府枚方市星丘2-11-18 星ヶ丘洋裁学校

内容 :おばあさんと一緒にシンプルワンピースを1日で仕上げます。
    初心者でも作っていただけるレベルです。ぜひ洋裁体験をしてみて下さい。
    お昼のランチをおじいさんが作ってくれます。みんなで一緒に愉しく食べましょう。

おばあさん :のもとかつこさん / 星ヶ丘洋裁学校 現役生徒 兼 洋裁の先生の補佐。その他、学園の畑のめんどうを見ている。など
おじいさん :たけひろとうかくさん / 星丘学園 陶芸部にて15年。料理が得意ということで「わしが作ろか〜」と立候補してくれた。

募集人数 :8名
参加費  :7000円(ワンピース講習代+お昼ごはん代)生地代別
持ち物  :ワンピースにしたい生地をお持ちください。
      素材は/綿、麻、棉麻に限ります。110cm幅、130cm幅:2m10cm。150cm幅なら:1m10cmが必要です。
      生地を用意して頂くにあたり必要事項がございますので、ご参加予約時に詳しくお知らせ致します。
      洋裁道具(型紙、ミシン、裁ちバサミ、糸など)は、すべてこちらでご用意いたします。

お問い合わせ:tamaken@mac.com (担当:玉井)
*メール件名にて「繕い教室/ワンピースづくり」と明記し、お名前ご連絡先をおしらせください。








2015 5/9(土)「せんだんの花が咲いてますよ」

5/10IMG_6524.jpg

この季節、原っぱは栴檀や檸檬や野バラや、、さまざまな花の香りで、いっぱいです。
記憶にきざまれてゆく香し匂いを感じながら、その気配の愛しさにふと気づく瞬間があります。
今朝は、ゆみやんの原っぱヨガの日で、ヨガに通うseaちゃんが誕生日だったので、そこにいた皆で、
ケーキを用意して、おぼつかなくも練習したてのウクレレを弾いたり、歳の数だけの質問攻めをしたりして、
おたんじょうびオメデトウ!と祝福する。ひとつの質問の答えに、
おばあちゃんになったら、子供たちへ読み聞かせをしていたい。
そんないつかの夢を誕生日の日に声にしたならば、かならず叶うはず。
そう信じて、素直な笑顔のじかんを過ごす。

5/10IMG_6526.jpg5/10IMG_6520.jpg
檸檬の花と栴檀の花


お昼からは、ワンピース作りのワークショップのDM撮影。
あれこれ、こんな風なDMを作りたいとイメージのものなどをえゆうくんに見てもらってお願いする。
モデルをお願いしたのが、、、ぐふふふ〜
かわいいがっった〜かわいがった〜〜好きです!告白すればよかった。
もう、すっきやで〜って、いっつも言うてるようなものか〜
DM楽しみですね。近日仕上がります!

5/10IMG_6496.jpg5/10IMG_6505.jpg
顔をのぞかせているのが、その日お昼ご飯を用意してくれるタケヒロじいさん。
繕い教室『おばあさんと服づくり、おじいさんのお昼ごはん』DM撮影中〜
きらきらきら〜
なぜか、気づいたら撮影見学していたハマちゃんが、小道具係さんとなって、誰よりもちょこまか機敏に動いてくれてました。
ほんに、いつもいつもありがとうございますう〜







2015 5/ 6(水)「果実のように」 

5/6IMG_6393.jpg

丘にて朝一番、ふらのちえこさんが皆に100%果汁のジュースを絞って飲ませてくれたことを思い出して、
母が喫茶店時代に使っていた同じガラスの絞り器をもらっていたので、食器棚の奥から、あった!あった!と取り出した。
頑丈なガラス器なのにカケとヒビが入っていて、年季の入った風貌。
そうか、あんなにも心に染みて美味しく、あーやって使えばいいのか、、と、ちえこさんの姿を見て教えてもらったから、
ふたたび活躍してもらおうと思う。
それで、今日きっと展示初日でドキドキしているであろうハルさんに、絞り立てジュースを飲んでもらおう!と思っていたのに、
ハルさんとおなじくらい?こころがソワソワユレユレしてしまって、いろんなことが、あっちゅう間に過ぎる。

5/6IMG_6392.jpg5/6IMG_6394.jpgきょうのはじまり

アルケミストの少年のようハルさん。しばし旅が始まったね。

harumint solo exhibition at SEWING TABLE COFFEE
2015.5.6(wed)-5.17(sun)  11:00-18:00 / Closed on Monday&Tuesday
一冊の本と この場所に捧げる いくつかのひらめき
作家在店  5/ 6wed. 10sun 夕刻まで、16sat. 17sun







2015 5/5(火)「アルケミスト」

5/5IMG_6375.jpg5/5IMG_6388.jpg

キラキラ、キラキラ、キラキラ
本日、 harumint(ハルミン)の初の展示でもある作品の搬入でした。
小さくて、ぜったい本人が作っていて楽しかっただろうな〜なんて思えるようなものたちが、
初々しく、ソーイングテーブルの机に並んでいます。これこそが、いちばん、うれしいこと。
今回、一冊の本『アルケミスト』少年の旅の話からイメージされたもので、あとはこの場所や素直に手を動かすのが愉しいと思って出来上がったものたち。
小さきキラキラは、まさに旅の行く先々で少年が見つける、小さきお守りのよう。
そのお守りは、決してゴージャスなものなどではなく、その特別なタイミングで出会ってしまうような石ころや貝殻のようなものたち。
そんなささやかなものに、旅を続けて行くうちに大事なことが吹き込まれてゆくよう。

どうぞこの機会に、一冊の物語をしのばせて、
小さきキラキラに、出会ってもらえたらいいなと思います。


harumint solo exhibition at SEWING TABLE COFFEE
2015.5.6(wed)-5.17(sun)  11:00-18:00 / Closed on Monday&Tuesday


一冊の本と この場所に捧げる いくつかのひらめき

作家在店  5/ 6wed. 10sun 夕刻まで、16sat. 17sun



harumint(ハルミン)と、
Share work

みんなが集ってできることを教え合えるじかん
SEWING TABLE COFFEE の季節の中で、いっしょに手を動かし過ごしましょう

5/5IMG_6373.jpgharumint が『アルケミスト』旅する少年の物語を読書する中でイメージした首飾り

「新月、願いを持ち歩くための袋」 harumint(ハルミン)と一緒に想像しながらつくるの巻
5/16(土)at sewing table coffee 中庭   

夏の入り口、風を感じながらじぶんの手で小さなお守り袋をつくってみませんか。
あるいは、日常を冒険、探険、旅に見立てて、タカラモノを拾い集めるための袋、なんていうのもいいかもしれません。
ひもをつけて首飾りにしたり、小さなカバンのようなものが生まれたり、好きなように好きなものをこしらえる。
何やらわかりませんが、ゆるやかな想像のひとときです。
というわけで、今回は見本はあえてナシにして、つくりながら、想像しながら、アイディアをシェアしながら、
ながら、ながらで、わたしも、その日の気分や気候にまかせて、皆と一緒に手を動かしたい気持ちです。
さあ、想像を越えてどんなものが生まれるでしょう。

*使ってみたい布やチャーム、ひもやらチェーンやら(何でもいいです)がもしあれば、それもぜひお持ちください。
布きれや革のはぎれ、糸やら針やら、そんなカケラを並べて、お待ちしております。

*詳しくは催し頁ご覧下さい!






2015 5/3(日)「あっつつと言いながら、5月の珈琲の朝」

今朝、無糖ヨーグルトが手にちょこんとついたので、化粧水みたいに手でパンパンと伸ばして顔にぬりつけてみる。
なんか、肌にいいような気がしたので。これって、母がやりそうなことだな〜と、ふと気づく。
実に自由な発想の転換をする母なのだ。ヨーグルトなどは、まだ誰もがしそうなことだが、
ぺろんと舌を出し、いたずら顔でそんなことを時々する母が、ずっと子供のころから大好きなところ。
もうひとつ母の好きなしぐさは、クセっ毛の髪の毛をポンパドールをつくるときみたいに指にうまく絡ませて、
ふわんとスタイリングするところ。それで、今朝、母とのデートのときも、うちら天然パーマでよかったよね〜得したな〜
なんて、笑いあっていた。あとは、鼻をきゅんとつまむしぐさ。わたしが小さいころも、よく、鼻が高くなれ〜高くなれ〜と
母につままれていた。今朝も母がじぶんの鼻をつまんでいたので、いままでつまんでいて、この高さかいな〜とつっこみながら、
又笑っていた。穏やかな母との珈琲じかん。タカラモノの時間。お母さんが、大好きなんだ〜わたし。

さて、母とモーニング珈琲後、早々と又ね〜とバイバイして、母は買い物へ。わたしは丘へ。
目の前で雨蛙が木登りしていた。こりゃ、雨が降るな、、とつぶやく。

5/3写真.JPG

ただ今、ナニワイバラも満開。
話変わって、SO SEA Ice bear パンツ一本だけですがあります。白革ぱっちん付き。
気になる方は、声をかけてください。裏からひっぱり出してきます。帆布cotton 100% 軽くてイイですよ。

5/3 2写真.JPGイメージ.jpg
白、爽やかさ〜ん








2015 5/2(土)「 草の上で、大笑いしていた、ニヤリとしていた、静かにほほ笑んでいた」
5/3IMG_6277.jpg

今朝、学園の門をくぐり裏庭へまわると、原っぱが広がり、でっかい鯉のぼりが優雅に泳いでいる。
しばらくしたらレレさんがやって来て、それからソーイングテーブルの裏庭のトタン下では、えんちょさんが出かける前に、、と
鯉のぼりをスケッチしている。老化防止に一ヶ月に数枚描く様にしているらしいが、実に気負いなく軽やかに描いていて、いい絵。
レレさんがその軽やかに描く様を羨ましがっていた。
レレさんのさらっとラクガキくらい気負いなく描いている様を、いつか見てみたいな〜と思った。もう少し爺さんになったら見れるかな?

そしてそのあとに、クールさんがお早うー!とやって来て、今日の原っぱでの初のワークショップの準備。
原っぱに真っ白なテーブルクロスが爽やか。ワークショップの参加者の人らやウクレレの生徒さんたちがニコやかにやって来て、
誰もいなかった朝の原っぱに、心地よい顔ぶれが爽やかにそろいだし、気持ちよいリズムで動き出すのがわかる。
今日も必ず気持ちよい日になるな、と確信する。嬉しい瞬間。おはようーおはようー

5/2IMG_6324.jpg
青空ウクレレ教室


『coeur きせつの瓶詰め保存食をつくるワークショップ』at SEWING TABLE COFFEE

5/2IMG_6315.jpg5/2IMG_6294.jpg

向こうから、ウクレレの軽やかな音色を聞きながら、本日クールさんの原っぱでのワークショップは、干野菜のピクルス!
2ヶ月に一度、週末、平日ランダムに、季節の保存食の瓶詰めを行っていこうと思っています。
さてさて、本日スタートからテンションがあがります。なんせ、この気持ちよい晴天の空なのですから。

5/2IMG_6326.jpg5/2IMG_6290.jpg5/2IMG_6295.jpg

原っぱに長年やって来てくれているクールさんだからこそ、この場所で、いかに工夫して、愉しく、
皆が学べるかをわかってくれているので、安心していれた。
そこへ今日参加してくれた皆さんが、すっと素直にこの場所にとけ込んで愉しんでくれていて、とても好い風が流れている。
しかしながら、実にクールさんの味は、すべて安定していて、しっかり本格的に美味しい。信頼できる食べ物。人柄ですね、信頼。

5/2IMG_6310.jpg5/2IMG_6309.jpg5/2IMG_6305.jpg
野菜たちを瓶に詰めた風景が、可愛いったらありゃしない。瓶詰めにもその人の個性が出ます。

5/2IMG_6306.jpg5/2IMG_6311.jpg5/2IMG_6323.jpg

作った一瓶を持ちかえります。きっと作ってお土産やプレゼントにしても喜ばれるよね〜
『つまらなく、ないものですが、よかったら召し上がってください。自家製ですのん、このピクルス。干し野菜で作りましてん。
食べ終わって、余った液で、焦げ目をつけた鶏を煮込んで、粒マスタードつけて召し上がっていただいても、美味しおすで〜〜』
小芝居を交えながら、盛り上がる。

5/2IMG_6342.jpg5/2IMG_6298.jpg

色鮮やかな、星野菜?干し野菜がずら〜ん。
料理好きな生徒さんからも、素敵なレシピのアイディアが飛び交います。素晴らしい!

5/2IMG_6333.jpg5/2IMG_6340.jpg5/2IMG_6335.jpg

いろいろ教わった後は、今日事前に作ってくれていた干し野菜のピクルスとクールさんのパン:黒い粒の入ったチアシードのパンとライ麦酵母入りパンに、
クリームチーズやら、おススメマヨネーズ、今日は自家製ハムも用意してくれてのランチタイム。食後はサイホン珈琲を飲んでいただきました。サイコー!!

次回は、『7/29 wed :きゅうりのキューちゃん』
くわしくは、ソーイングテーブル催し頁をご覧下さい。ほんと、こっそりおススメですよ。
しかしながら、次回は、めちゃ暑いと思います、が、キャンプ気分で、オモシロがって行きましょうー 日焼け、虫除け対策もおわすれなく!

5/2IMG_6321.jpg

本日の参加メンバー、うれしくって記念撮影!我が子のように可愛いピクルスちゃん。





そして本日、5月のスワン珈琲豆、やって来ました!
けど、『リュックひとつぶんの珈琲豆』だったので、あっ中まに、なくなりました〜〜 嬉しい悲鳴です。笑
来月は、もうこの際、リュックに入れて郵送してくれ〜〜、なんて言ってます。
これ、主旨から脱線しておりますが、、かたいことは、言いっこナシです。
皆が喜ぶ顔が、一番! 来月の珈琲豆には、どんな詩が添えられるのでしょう。
次回、珈琲豆の販売は 6/6satです。
6/7sunには、SWAN COFFEEによるドリップ珈琲の淹れ方のワークショップを行う予定。

「5月のリュックひとつぶんの珈琲豆」
5/2IMG_6341.jpg

You are my sunshine

焙煎室を構えたのは神奈川県の海沿いの町、
葉山で、五月の晴れた日にはもう夏なんじゃないかと感じるほどの陽射しが町を照らす。
こんな日は焙煎室にある窓を全て開けて、風を通しながらの作業になる。
暑い暑いとはいうものの夏の訪れを感じるワクワクする時期でもある。
ジミー・デイビスとチャールズ・ミッチェルが歌ったYou are my sunshineは、
愛しの女性を太陽のようだと歌った曲で、曲調は呑気で5月の晴れた日に聞くにはうってつけだ。
今月のコーヒーは、ボリビアのインキシビ地方で取れたものにした。
中南米の暑さと寒さの寒暖差で育ったこのコーヒーは中煎りにするとスッキリ、ときに柑橘系の風味を感じさせる。
5月の晴れた日にもうそこまで来ている夏を思いながら、
もしくは愛しい人を想いながら飲むにはぴったりのような気がする。


SWAN COFFEE プロフィール
神奈川県の海沿いの町、葉山で自家焙煎をしています。
10年前に鎌倉市にある自家焙煎珈琲店を門をたたき、焙煎を始めた。
師と仰ぐこの店の店主はブレンド作りを楽しむ人でこの店の中濃ブレンドを目標の味としている。
6年前にこの店舗が閉店すると焙煎から距離を置いたが、再度焙煎にトライしようと自宅に焙煎機を構えることにした。
現在は鎌倉や葉山でのイベントに参加したり、展示のレセプションでコーヒーのケータリング活動を行っている。
ここ星ヶ丘ではJAM JAM JAM音楽祭の際に出店させていただいている。

SWAN COFFEE(スワン珈琲)が、毎月第一土曜日、その日その季節をイメージした珈琲豆を焙煎して、
リュックひとつ分だけ背負って、葉山から販売しにやって来てくれます!
数に限りがございますが、フレッシュな珈琲豆をぜひ味わってみてください。
ソーイングテーブル店頭にて販売いたします。





2015 4/30(木)「 原っぱ、泳ぐ 」

5/1IMG_6265.jpg

やっさんと(がくえんの畑の大将的そんざい、大工さん)、えんちょさん(がくえんの園長さん)と、たまけんさん(ソーイングテーブル店主)で、
原っぱにでっかい鯉のぼりが今年も泳ぎました。なんだか、今まででいちばん高い位置で優雅に泳いでいますよ。
今年は柱の竹をさらに長いものにしたとか。素晴らしいです。

そして、昨日の旅人ナナちゃんのヨガもかたわらから眺めていて実に優雅でした。
オーガンジーが風になびいているようにも見えました。
今までのヨガのかたちではない、ナナちゃんが今まで旅して経験してきた中から生みだされたヨガのスタイル。
さあ、どんな風に進化してゆくのでしょう、、興味しんしんですね。また、初夏に原っぱにやって来てくれるようです。
詳しくは、催し頁でご確認ください。ちなみに、ゆみやんのあめつちヨガは毎月原っぱでおこなっています。
こちらも、カラッと気持ちよく伸びの出来るヨガです。初心者の方もぜひ体験してみてください。
ヨガがきっとすきになると思います。よ。

5/1IMG_6247.jpg
yoga 原っぱにて / nanako nishimura




2015 4/29(水)「5月のリュックひとつぶんの珈琲豆」

You are my sunshine

焙煎室を構えたのは神奈川県の海沿いの町、
葉山で、五月の晴れた日にはもう夏なんじゃないかと感じるほどの陽射しが町を照らす。
こんな日は焙煎室にある窓を全て開けて、風を通しながらの作業になる。
暑い暑いとはいうものの夏の訪れを感じるワクワクする時期でもある。
ジミー・デイビスとチャールズ・ミッチェルが歌ったYou are my sunshineは、
愛しの女性を太陽のようだと歌った曲で、曲調は呑気で5月の晴れた日に聞くにはうってつけだ。
今月のコーヒーは、ボリビアのインキシビ地方で取れたものにした。
中南米の暑さと寒さの寒暖差で育ったこのコーヒーは中煎りにするとスッキリ、ときに柑橘系の風味を感じさせる。
5月の晴れた日にもうそこまで来ている夏を思いながら、
もしくは愛しい人を想いながら飲むにはぴったりのような気がする。



SWAN COFFEE プロフィール
神奈川県の海沿いの町、葉山で自家焙煎をしています。
10年前に鎌倉市にある自家焙煎珈琲店を門をたたき、焙煎を始めた。
師と仰ぐこの店の店主はブレンド作りを楽しむ人でこの店の中濃ブレンドを目標の味としている。
6年前にこの店舗が閉店すると焙煎から距離を置いたが、再度焙煎にトライしようと自宅に焙煎機を構えることにした。
現在は鎌倉や葉山でのイベントに参加したり、展示のレセプションでコーヒーのケータリング活動を行っている。
ここ星ヶ丘ではJAM JAM JAM音楽祭の際に出店させていただいている。


5/2 satSWAN COFFEE(スワン珈琲)が、毎月第一土曜日、その日その季節をイメージした珈琲豆を焙煎して、
リュックひとつ分だけ背負って、葉山から販売しにやって来てくれます!
数に限りがございますが、フレッシュな珈琲豆をぜひ味わってみてください。
ソーイングテーブル店頭にて販売いたします。





2015 4/25 sat - 5/3 sun
「星をつぐもの at 珈琲ふら」

昨年末、星ヶ丘のSewing Table Coffeeでおこなった星野道夫さんのオマージュ展「星をつぐもの」
福岡の珈琲ふらさんにて巡回しています。

4/25IMG_6157.jpg

4/25IMG_6106.jpg

DESSIN どいさんのそのことばで、みながひとつの世界をまっすぐな気持ちで眺めることができる。
その存在は大船にのったような安心感。ずっこけてもいっしょに転がるよ、という安堵感と共についていきたい人。

4/25IMG_6080.jpg4/25IMG_6085.jpg4/25IMG_6068.jpg

4/25IMG_6225.jpg4/25IMG_6081.jpg4/25IMG_6073.jpg

4/25IMG_6095.jpg

4/25IMG_6176.jpg4/25IMG_6110.jpg4/25IMG_6171.jpg

4/25IMG_6135.jpg4/25IMG_5983.jpg4/25IMG_5985.jpg

村上まいさん作 エスキモーのこども 村上レシピさんの丁寧な木のものたち。小さくとも無限の存在感。
そして、今回村上家で宿泊させてもらったのだけど、村上夫婦のたたずまいは、そのかたわらで眺めるだけで、もう言葉にならないほどのもの。
素晴らしかった、、、こんな風に、出会う機会をいただけたことに、しみじみしみじみ感謝するばかり、、、たくさんの大切を教えてもらう。

4/25IMG_5959.jpg4/25IMG_5971.jpg4/25IMG_5953.jpg

4/25IMG_5975.jpg4/25IMG_6003.jpg4/25IMG_6239.jpg

edane のお守りのようなものたち。 いつも、はっとさせられることばかり。

4/25IMG_6170.jpg4/25IMG_6186.jpg4/25IMG_6063.jpg

こうなるといいな〜なんて想い描いていた旅が実現したのだ。タカラモノの記念撮影。じぶんらにとっても大事な場所となった珈琲ふらの前にて。
こんなにもちかくにいるのに、はっとさせられることばかりのメンバー。 
珈琲ふらでのイエティズの声。その声は小さな教会での祈りと誓いのよう。旅が終わってもずっと染み込んでいるであろう響き。

4/25IMG_6175.jpg4/25IMG_6076.jpg4/25IMG_6022.jpg

DESSINの星野道夫さんへのオマージュ、自然とカタチになった流木は、それだけでまるで海の生きもののよう。そこにシャチが描かれている。
描いているあいだ彼は空想のなかの何処へ旅していたのだろう、、と想像してしまう。tamaken舟もその横で浮かんでいる。
そして、odoの切り絵は、今回初のこころみで、動物などが切られた。長年ハマちゃんの手のかたちを見てきた自分としては、
新鮮で大きく心揺さぶられた作品たち。泣きたいくらいにうれしくて、もっともっとこれからもうれしいと思わせてくれる一歩に出会えた。
今回の記念に額入りのカリブーの角と貝殻とことばを切ってもらうようお願いした。待つじかんもたのしみだ。

4/25IMG_6172.jpg4/25IMG_6201.jpg4/25IMG_5957.jpg

今回の企画で、聖地の様な場所、珈琲ふらさんにて、サイホン珈琲を淹れさせてもらった。
みんなの大事な場所でもあるので、おそれおおくて最初は恐縮していたが、そんなちじこまった気持ちなどは、つまらないことで、
もっともっと大きな世界で受けとめてくれていた店主ちえこさん。
滞在の最終日ちえこさんが、この仕事はいいよ。若いときよりも歳を重ねるほどにほんといいから。といろいろ聞かせてくれた。
じぶんらも同じしごとをしている身として、その一言一言が透きとおるように伝わってくる。実感してきたことだから。
ちえこさんからその言葉を聞けただけで、もう自分は一生やっていける。と確信できた。
たわいない会話から星々の様なかがやきを受けとめる。迷うことなど、もうないのだ。
『一杯の珈琲で又この場所であえますように』 珈琲ふらのかたすみにそっとある言葉。
見つめようとすれば、無限の流れがそこにうまれる。そっと、そのひとときは、自分らにとってもかけがえのない時間となる。

4/25IMG_5995.jpg4/25IMG_5999.jpg44/25IMG_5958.jpg

SO SEAは、今回定番のodoシリーズのひざパッチンを熊の肉球に見立てて何本か縫ってもって行った。odo/ Ice bear
シャレた感覚の方たちばかりで、みな自由に履きこなしてくれて、パンツ自体を生かしてくれていて発見がいっぱい。ありがたい。
WELTは ”ワタリガラスのともしび”と”森に還る日”という名前の香りのキャンドルとミスト。
香りは、時空をも超え、一瞬にしてその世界へと導いてくれる魔法のようなもの。素晴らしいしごとだな、、
その生まれたものを感じながら、いつも心底関心する。ユキンコちゃんは重要な役割を果たすべき生まれてきた人だな、、なんて思わせるひと。

4/25IMG_6210.jpg4/25IMG_6074.jpg4/25IMG_5965.jpg

4/25IMG_6173.jpg珈琲ふらの裏口

『柔らかな日差しの中、ぼんやり雲をながめていると、心臓の鼓動がやけにはっきりきこえてくる。
オーイ時間よ。子供の頃のおまえにもう一度会いたいね、、、なんて叫びたくなるじゃないか。』
星野道夫さんのことばです。

この度も、気づいたら無邪気なじかんが流れていました。
そんな無邪気な中に、詩のようなそれぞれの言葉をそっとひとりひとりが包まれる様に、みつけたにちがいありません。
あ、、星野道夫さんに会いたかった、、と帰りの道なりでつぶやいてしまいました。
星を見上げながら、なぞりながら、
今じぶんたちは、ここに立っているんだな。
ちゃんと、立てているかな、、

4/25IMG_5947.jpg

2015 4.25(土)-5.3(日)
星をつぐもの  
hommage to michio hosino at 珈琲ふら(福岡市中央区平尾2-17-21)

村上レシピ
村上まい 
edane
odo
dessin
welt
the yetis
tamaken
sosea

4/25IMG_6083.jpg

また次の旅へと継がれることを願って、、








2015 4/21(火)「五月のお知らせですヨ」

morninDM150411F-1.jpgmorninDM150411B-1.jpg

作家は、毎日在店致します。

////////////////////////////////////////////

mornin`
ピクニックバックのワークショップ 参加者を募集いたします!

5/21IMG_5633.jpg5/21IMG_5630.jpg
5/21IMG_5629.jpg5/21IMG_5628.jpg実用的でいてカッコいいのですよ。すごくおススメです。

帆布地のbagです。普段使いにももちろん使えますし、広げるとマットとしても、又部屋での収納bagとしてもetc,,
さまざまな用途で使えるbagを、みなさんで作ります!


5/21(木)、27(水)13:00~15:00  *各回定員5名
参加費¥4000(材料費+飲みものとおやつ)
場所:SEWING TABLE COFFEE 原っぱにて(雨天決行)
お問い合わせ、お申し込み tamaken@mac.com*メール件名に、モーニンワークショップとご記名ください。

お待ちしております!





2015 4/19(日)「 たねたね会議 」

4/22IMG_5880.jpg

きょうは、お昼過ぎに種さんとトリさんご夫婦が神戸からやって来てくれました。
たねさんは、種が大好きで、ずっと観察研究している人で旦那さん。
トリさんは、鳥の観察をはじめようかな〜と言っている人で奥さま。二人はご夫婦です。
去年のodoさんの展示の時に、ここで出会うことが出来ました。
いつか、お二人にパートナーシップ企画でお願いしたいものです。
さて、その前に、とは言っても、季節はまだ先の秋の話なのですが、
念願の企画があって、それの打ち合わせ第一弾が今日おこなわれましたよ。
たねさんが『マクワウリか〜』とのけぞった、あのひと言から、愉快のはじまり、はじまり〜
10月をたのしみに、あたためたいと思います。

4/21IMG_5885.jpg

そして、もうひとつ、今日とっても嬉しかったのが、
元ソーイングギャラリースタッフやこの丘に集う人等と、久々のひさびさに天春にぎょうざを食べに行ったことです。
みんなが、ざっと揃うのは、なかなか久しぶりなことで、
見渡せば、みーんなそれぞれの活動で、なんとかちゃんとがんばっていて、
もがこうが、ひらきなおろうが、心の真ん中にあたたまったものはびくともすることはなく、たのもしい顔ぶればかり。
近況報告やら、今の星ヶ丘も、がんばてるよーの報告やら、なんか一緒に又たのしもうぜ!やら、
ぎょうざをほお張りながら、そんなことを交わし合ったひととき。心底うれしいひととき。
この星ヶ丘と出会って自分らでこつこつ生みだてやってきた力は、強くてしたたかで、てんでぶれやしない。
口笛が風となるくらいのあるがままで、この丘とたわむれてくれることでしょう。
そう願っています。





2015 4/18(土)「タンポポもひとも、愛らしい愛おしい」

4/18IMG_5817.jpg

春、こうやってちょっと離れて眺めていると、タンポポもにんげんも、愛らしい、愛おしいなあ。
近頃、星野道夫さんの本をふたたび読んでばかりいるからか、、今朝の原っぱヨガの気持ちよい風景から、
ひょこんと顔を出すみんなが愛らしい野生小動物にも見えたりたりして。わ〜𠮟られるわ〜〜 笑
今年は、タンポポがたくさん咲いている原っぱです。
今朝は、いろいろ準備でバタバタしていて、原っぱヨガにもマルちゃんの編みターバンシェアワークにも、
ざんねんながら参加出来なかったのですが、眺めればたくさんの笑い声が輝いていて、
もうそれだけで、それだけで、こちらも満たされる様な気持ちでした。

4/18IMG_5859.jpg
Share work /まるさんのターバン編み

きょうも最高の日和で、気づいたら、あっちゃこっちゃに靴と靴下が、すっころがっていて、
みんな裸足で、編み編みしてはりました。自然児のあつまりや〜
本日一緒に手を動かしてくれたのは、まるさん。
麻や綿など、細い自然糸を3本組み合わせてのターバン編みで、
まるちゃんのターバンの素敵は、この絶妙な素材選びと、まるちゃんのていねいな手から生まれていたものか、、と納得。
ふつう、もっさもっさしそうなところが、まるちゃんが編みだすものは、どこかなんだか洗練されています。
そんなこんなで、盛り上がっていたり、とたんに集中していたり、気づいたら誰かが昼寝しにいってたり笑と、
ほんに自由で、愉しそうなひと時でした。結局皆さいごまで仕上げることは出来なかった様ですが、
シンプルな編み製図ということで、丘の宿題としてきっとみなさん日々のあいまで集中編みすることでしょう。
そして自慢げにあたまにつけて、やって来てくれることでしょう!愉しみにしてましょう!
わたしも、あいまでヨダレをたらしていたら、帰りがけ優しきまるちゃんがそっと編み図と糸をたくしてくれました。
それを、図々しく素直によろこんでしまうのがわたくしでございます。夫婦そろっておねだり夫婦です。
恩返しせねば、、といつも思ってはいるのですが、、、がんばって、編もっと。ルン(でたー死語)

4/18IMG_5839.jpg4/18IMG_5847.jpg4/18IMG_5845.jpg
中庭は、爽やかなシャガの花が満開
4/18IMG_5826.jpg
あ、こんど男編みも企画せねば、ですね。
4/18IMG_5827.jpg4/18IMG_5843.jpg4/18IMG_5860.jpg
マルさん、初のShare work。ツンデレあらためデレツン指導で、参加した皆さんを魅了するばかり。
4/18IMG_5852.jpg4/18IMG_5824.jpg4/18IMG_5861.jpg
本日、えみんパクのデカ笊が大活躍。おやつはバナナケーキをわしづかみ。
今日も、好き日でしたね。






SO SEA odo/ Ice bear
4/18IMG_5857.jpg4/18IMG_5823.jpg4/18IMG_5864.jpg

とっても気に入ったのが縫えたので、SO SEAパンツ、ちょこっとだけ並べました。
この度は、先日カンナで編んだでっかい笊で目隠ししてのフィッティングルーム。
フリージアがいい匂いだー




そして、
4/18IMG_5812.jpg

丘の本棚からとり出した一冊目が、このえほんであったなら、
今日いちにちが、澄み渡るような光り想い、過ごすことができるだろう。
やくそくする。
優しさのバトンをそっと受けとったようなきもち。アリガトウアリガトウ








2015 4/17(金)「処へ」

4/1777写真.JPGあたらしい季節に出会ったような色

今週は、家での縫いの作業でした。明日、明後日は、丘へいくぞーと思うだけで、
さあっ!ってなこころ弾む気分になります。
来週の今頃は、福岡の村上レシピさんや珈琲ふらさんへとおじゃまします。
きゅんきゅんとする処へ向うのです。

星をつぐもの

季節が語りかけてくる、光りや風や植物や、、
その心地よさを見つけては、縁どってみたり、なぞってみたり。
そんなことを、えがおで交わし合えることこそが
たんじゅんでじゅんすいにしあわせなこと。
口笛を吹くくらいのかろやかさで語り合ったりしながら、
出会ってゆく最果てまでつながっていけたらいいなあ。


この週末は、原っぱヨガ、まるさんのワークショップ、クールパン販売などなど。
SO SEA 新緑な気分のものも、ほんの少しだけ納屋に並ぶかもです。
思い立ったら、やってきてください。お待ちしています。






2015 4/15(水)「おしらせですよー」

Share work
みんなが集ってできることを教え合えるじかん
SEWING TABLE COFFEE の季節の中で、いっしょに手を動かし過ごしましょう



「あさっては新月、願いを持ち歩くための袋」 をharumint(ハルミン)といっしょにそうぞうしながらつくるの巻

201504150724000.jpg

夏のはじまり、さわやかな風を味わいながら自らの手で、小さなお守り袋をつくってみませんか。

あるいは、日常を冒険、探険、旅に見立てて、タカラモノを拾い集めるための袋
なんていうのもいいかもしれません。

ひもをつけて首飾りにしたり、小さなカバンのようなものが生まれたり。
好きなようにすきなものをこしらえる、何やらわかりませんが、ゆるやかなそうぞうのひとときです。

というわけで、今回は、見本はあえてなしにして
つくりながら、そうぞうしながら、みなとアイディアをシェアしながら、
ながら、ながらで、わたしも、その日の気分や気候にまかせて
誰かさんと一緒に、手を動かしたい気持ちです。
さあ、想像をこえてどんなものがうまれることでしょう。

使ってみたい布やチャーム、ひもやらチェーンやら(何でもいいです)がもしあれば、それもぜひお持ちください。
布きれや革のはぎれ、糸やら針やら、そんなカケラを並べて、お待ちしております。


harumint(ハルミン)


2015 5/16(土)13時〜16時くらい (雨天の場合は室内で致します)
場所:ソーイングテーブル中庭(大きな木の下でのシェアワークとなります。虫除けスプレーなど必要なようでしたら各自ご用意ください)
参加費:3000円(材料+1ドリンクとおやつ付き)
持ち物:切れ味のいいハサミ(裁ちバサミをお持ちの方はぜひ!)

一緒に作るひと:harumint(ハルミン)
お問い合わせ: tamaken@mac.com
(件名に、Share work ハルさんと袋作り ご記名頂き、お名前、ご住所、メールアドレスお知らせくださいませ)

3/21IMG_5268.jpg





そしてふたたび、こちらのシェアワークも第2弾 参加者を募集いたします!

harumint(ハルミン)と革工作いたしましょう」 at SEWING TABLE COFFEE中庭にて

2/23IMG_4942.jpg2/23IMG_4943.jpg自分なりの使い方が工夫できそうです。

そもそものはじまりは、ともだちが持っていた財布と、それをつかう仕草が好きだったからです。
彼女の手によくなじんだ、入学祝いか何かでもらったという、二つ折りの、薄くて平べったい革の財布に憧れて、
そやそや、あんなん自分で作ってみたらええんちゃう?という、ある日の思いつきを形にかえて、
いまは四代目のサイフを使っています。

今回つくるのは、お札入れ。
昔、家庭科の授業で習ったようなこと、いくつかの身の回りにあるもの、
自らの手という美しい道具を用いて、ごくシンプルなサイフをつくります。
ほんとうに、単純で簡単なものづくりです。

ある晴れの日、みんなでわきゃわきゃ、もくもくこしらえたそれが、
いつかそれを自分でつくったことすら忘れてしまうくらいに、
いつもの風景になじんでくれるといいなと思っています。

harumint(ハルミン)


2015 5/16(土)13時〜16時くらい (雨天の場合は室内で致します)
場所:ソーイングテーブル中庭(大きな木の下でのシェアワークとなります。)
参加費:4000円(材料+1ドリンクとおやつ付き)
持ち物:切れ味のいいハサミ(裁ちバサミをお持ちの方はぜひ!)と千枚通し など革に穴をあけられそうなもの。
(お持ちでない方は、お隣同士貸し合いましょう*ハサミもそうですが、気をつけてお持ちくださいませ)

一緒に作るひと:harumint(ハルミン)
お問い合わせ: tamaken@mac.com
(件名に、Share work ハルさんと革サイフづくり ご記名頂き、お名前、ご住所、メールアドレスお知らせくださいませ)







2015 4/10(金)「 Ora Noa 」

4/11IMG_5760.jpg

雨の納屋
あなたのためだけに奏でたようなメロディ
では、また桜のきせつに。






2015 4/9(木)「待っていた」

4/7IMG_5751.jpg

待っていたひとが丘にやって来た
待っていたひとも、待っていて、
いっしょによろこびを分かち合う
いっしょにね、よろこびを分かち合える、よろこび
まるで、じぶんらのことのようによろこべる、よろこび

待っていたよ



4/6イメージ 3.jpg
待っていたエサをもらって、とたんにぐーすか眠ってます、、、、、






2015 4/8(水)「SO SEA Lei」

4/11IMG_5757.jpg

あのひとへと、Leiを繋げる日







2015 4/7(火)「初夏 ハレの日を想う」



        ///////


 ///////       ///////



        草はらの海 
      降りてきたギフトを 
       両手で受けとる


   harumint solo exhibition

           at  
      SEWING TABLE COFFEE

      2015.5.6(wed)-5.17(sun)
          11:00-18:00  
       Closed on Monday&Tuesday

       5.16(sat) Share Work


           一冊の本と

         この場所に捧げる

        いくつかのひらめき




///////      ///////



      ///////


harumintさんの初の展示となります。
いくつかのじゆうなひらめきが、ひとつひとつひとつと、この小さな納屋に並びます。
何が生みだされるのでしょう。そっと、たのしみでいましょう。
5.16(sat) Share Work くわしくは催し頁ごらんください。

*作家在店  5/ 6. 10夕刻まで、16. 17






4/7IMG_5743.jpg

たまらんなあ〜〜の雑誌とナポリタンで、長居してしまう、とある喫茶店での数時間。
ひさびさ、雑誌を眺めてときめいちゃったです。
あ、そう言えば先日、南里さんが片付けていたら出てきたのよ!と見せてくれたのが、
クウネルの増刊号に、ハマちゃん姉妹がモデルとなって、岡尾美代子さんのスタイリングで、星ヶ丘で撮影されたもの。フレッシュフレッシュ!
あれも、ずいぶん貴重な出来事やったんやな〜と、今日大人のオリーブをときめき眺めながら、そのスタイリングのカッコよさにしみじみ関心する。









2015 4/6(月)「なまえにやんをつけられるから、ご用心を」

4/6IMG_5705.jpg

あめつちヨガのゆみやんが、おっと、やんやん、ゆうてしまってますが、
ついわたしが、やんをつけて呼び始めてしまったがために、すっかり関西風味をふりかけてしまってますが、
実物は、清明キラ星のごとくキラキラキラなひと。でもやっぱり、どこか人間くさくて、やんを付けずにはいれない風味ももっていて、
そんな人にすっごく魅力を感じるわけで。
気づけば、男も女も、美しきおっちょこちょいな天然きねんぶつのようなひとが、じぶんのまわりには、けっこういるな〜
ユーモラスが伝染してゆくように、そっちへそっちへ転がってゆくから、愉快。
そんなことで、何が言いたかったのだろうか?とにかく、
ゆみやんも、人を惹き付けるピュアな魅力を御光のごとく放っているひとで、くったくなく、
自分の家の近くにお気に入りの桜が見れるところがあるよ〜言うので、マイペースとイチビリとオドの3人組で、ゆみやん家へ、いざ!
案内してくれたのは、京都の平野神社。素晴らしかったあ〜!!

平野神社の桜の案内には、
桜は生命力を高める象徴として平安時代より植樹され、現在では約60種400本あります。
珍種が多いのは、臣籍降下した氏族の氏神でもあったことから、蘇り、生産繁栄を願い各公家伝来の家の標となる桜を奉納したからと伝えられています。
平安期に、貴族たちは長い期間様々な桜を楽しみ、江戸時代になると庶民にも夜桜が開放され、「平野の夜桜」は都を代表する花見の名所となりました。
平野神社原木の桜も多く、また長い期間(約1か月半)様々な種の桜を愛でることができます。

上の案内にもあるように、『江戸時代になると庶民にも夜桜が開放され、、』とあるように、
庶民的でこじんまりだけど村の祭り行事のような活気があって、花開く感触を体中に感じれた。来年もぜったい訪れたいと思う場所。

それから、またしても図々しく、ゆみやんちで美味しいもんをいただく。
すてきな空間なんだけど、まるで、田舎に帰ってきたような空気感。ゆみやんがおいしいものをたらふく食べさせてくれて、
気づけば5時間ちかくも飲んで食って笑っていたみたい。あっと言う間に時間が過ぎて、懐につつまれたような安堵感。
今日もありがとう。まだ見ぬ明日も、ありがとう、とさけびたいような気分で家路に向う。
4/6IMG_5715.jpg4/6IMG_5709.jpg4/6IMG_5713.jpg

きもちのいい空間でイイもん見つけて、まずは冠ることに。

4/6IMG_5731.jpg
また、おしかけよっと。






25日から福岡の「珈琲ふら」さんにて「星をつぐもの」が始まります。
昨年末に星ヶ丘のSEWING TABLE COFFEEでおこなった星野道夫さんのオマージュ展の巡回展になります。
村上レシピ、村上まい、EDANEDESSINWELTそして今回は、葉山からイエティズ、
星ヶ丘からSO SEA(玉井恵美子)、SEWING TABLE COFFEEのタマケン、切絵のodo(濱田久美子)が参加します。
25日は「ふら」がSEWING TABLE COFFEEに変わります。 EDANE、星ヶ丘チームは25、26日在廊予定です。
*星ヶ丘 SEWING TABLE COFFEEは、4/24.25.26と福岡へ出張サイホン珈琲のため、臨時休業させて頂きます。よろしくおねがい致します。

4/5イメージ.jpg
「星をつぐもの」hommage to michio hoshino

4/5イメージ 2.jpg『ふら』の風景。お母さん(ちえこさん)と猫のなおこ。
珈琲ふら
福岡市中央区平尾2−17−21 (水、木定休)

ヒコーキと書くと、なんだか紙ヒコーキで、ぴゅーーと風に飛んで行けそうな気がしますね。
あこがれの方がいる場所へ
どうぞ、みなさんも、ふらっとヒコーキで、一緒に飛んで行きましょうよね。
福岡のみなさまとも、お会いできるのを、愉しみにしています。よろしくお願いします。






2015 4/5(日)「SEWING TABLE COFFEE 13 year 」

with the sea in spirit  ヤギ(海草)と貝殻  / 切り絵 odo
4/5IMG_5693.jpg

なんともSEWING TABLE COFFEEは、13年を迎える事ができました。
ほんとうに、ありがとうござます。
おっと、ほんとうに、ありがとうござ い ます。
今こうやって、パソコンで文字をうっていても、誤字が目立ってきました。
この日記も、ふいに読み返したとき、わけわからん誤字だらけに、我ながら、どん引き、でございます。
老化でございます。
さて、ときおり、お客さんに、ここはいつからやっているのですか?と聞かれて、
10数年です。と答えたら、ひえ〜〜と驚かれます。
毎度、答える度に、実は自分等がいちばん、マジか?うそやろ〜〜と、驚いているのです。
近頃は、独身だったころ一人でここへそっと一息つきに来てくれていた人等が、
小学生や中学生の子供を連れて、ふたたび来てくれたりして、その頃の、もう忘れていたような懐かしい話を聞かせてくれたりします。
あたりまえのことですが、13年の年月は、赤ちゃんが中学生になるのですね。
さて、自分らは、、と言うとあいも変わらずです。
あいも変わらず、サイホン珈琲をいれてます。
あいも変わらず、ちいさく夢みがちでいます。
きょうは、学園の桜まつりと共に、洋裁学校の新入生の方々もたくさんいらっしゃり、ギャラリーでのイベントなど、
雨にもかかわらず学園は華やいでいました。
イベントの手伝いの準備のあいまに、お腹すいた〜と一息つきにやって来たり、
今日トークをする高濱さんが、朝一深呼吸しに、一杯の珈琲をしずかに飲みに来てくれたり、
たのしい会だった!とうれっそうに話す洋裁の生徒さんたちや、
蕎麦の会のおじさんたちは、今日はあっちが賑わっているから、こっちに追いやられたわ〜とグチりながらも、こちらで美味しいもんを楽し気に準備していたり、
いつもの顔ぶれが、たくさんの笑顔で、会話を弾ませたり、
のづきさんたちも、大盛況だった仕事を終えて、安堵な顔で、最後にここへ珈琲を飲みに来てくれたり、、

そんなかたわらに、ソーイングテーブルがそっとあれて、
なんだか、とてもしあわせです。
13年目も、どうぞどうぞ、宜しくお願いします。
あいもかわらず、サイホン珈琲を淹れてますから。

4/5IMG_5694.jpg4/5IMG_5695.jpg 今年のマッチは Leiが描かれましたよ。
SEWING TABLE COFFEE
たまいけんじ、えみこ


What's!?「Gongfu tea room」
4/5IMG_5682.jpg

今日は、学園の台所がのづきさんの飲茶「ピンク! カンフーティルーム」に変身!
すばらしくチャーミングな空間に!きっと今日訪れたひと達は、このじかんに、最高にときめいたはず。
今日は、じぶんらもバタバタだったけど、またかならず、やって来て欲しいな〜
は、、、ため息でしたよ、のづきさん。

4/5IMG_5686.jpg

毎月 いちにちだけの中国茶店カンフーティルーム。カジュアルダウンした軽めの中国茶一式をご紹介
平茶碗やマグカップに熱々を波々と注ぎだします。お1人1碗のお気楽クイック ティータイム 来来! by 月乃音

渡邊乃月
'04年より中国茶稽古「月乃音」主催
現在は芦屋川と大阪(かぐれ)奈良(秋篠の森)で定期開催中
毎年東南アジア茶産地へのフィールドワークと台北,上海などで小茶会を重ねる
'09 Saji「梅雨清香」大阪,東京2会場で茶会開催
'14年より中国茶店「カンフーティルーム」結成





2015 4/4(土)「leleさんとさくら」

4/4IMG_5661.jpg

青空ウクレレ教室はじまりました!
お天気は雨だとばっかり思っていたのに、ちゃっかり晴れ上がっておりましたよ。素晴らしい!
一部、二部共に、初心者さんたち。初々しくも、春のはじまりです。人生に、音楽があることの喜びが、じんわりしてくることでしょう〜
そして、このウクレレレッスンに、葉山からスワン珈琲夫婦も、ウクレレを習いに来てくれるので、(愉快に生きてるな〜かっちょいい〜)
この毎月の第一土曜日は、その季節の自家焙煎した新鮮な珈琲豆を、リュックに入る分だけ持って来て、販売してくれるとのことです!やったー!!
ぜひ、関西のみなさん味わってください!又くわしくは、ご案内いたします。

4/4IMG_5667.jpg4/4IMG_5657.jpg5/4IMG_5658.jpg

4/4IMG_5665.jpg4/4IMG_5659.jpg4/4IMG_5674.jpg
見守り隊と、通りすがりにハーモニカをふいてくれた電気屋のおっちゃん。
春やね〜

4/4IMG_5652.jpg
来月も、みなさんに会えるのが愉しみです!





2015 4/2(木)「 そのひとつがうまれることで、もう世界は広がって」

4/2IMG_5646.jpg

mornin' のともちゃん、参上。来月5/20からのsewing table での展示の打ち合わせ第2弾!
ここで展示するための、主となるさくひんが生まれた、、うれしい想いいっぱいで見せてくれた。
この場所でみなさんに見てもらうのに、ふさわしいbag.
このひとつが生まれたことで、世界はふぁあ〜とさらに広がりを見せる。
そして、展示期間中にワークショップ(5/21,5/27)も予定していて、それがまたまたまた、、、この草の上にふさわしいもの。
いろいろ言いたいのですが、愉しみは、もうしばし、もったいぶって!
今日太陽がそそいでいたので、原っぱでイメージ写真を撮ってみたり、みたり。
ともちゃんのbagは、いつも、
『これはね、こうやって使ってもいいのだけど、ほら、こんな風にもつかえたり、こんな風にもなったり、
こうやっても、いいよね〜〜』なんて、想像をはるかに越えて自由に描かれてゆくよう。

近日告知いたしますので、愉しみにしていてください。
叫びたいくらい、うれしいであります!

4/2IMG_5595.jpg
mornin' のともちゃん






2015 4/1(水)「見上げて語らう」

4/1IMG_5552.jpg

雨の桜も、しっとり趣がありますね。
今週末4/5(日)は、学園の花祭りがありますよ。
ギャラリーでは、高濱博子さんの展示があり、いろいろなイベントが予定されています。
原っぱでは、渡辺乃月さんが中国茶と点心のセットをご用意いただけるとのこと。
華やかな時間となると思いますので、ぜひゆったり遊びにいらしてくださいね。
ソーイングテーブルも、4月5日で13周年を迎えます。
変わらず、サイホン珈琲を淹れ続けていますので、今後共宜しくお願い致します。
毎年の記念のマッチをお配り致します。ぜひ、もらってくださいね。







2015 3月までの貝殻となり

2014 9月までの貝殻となり

2014 5月までの貝殻となり

2013 11月までの貝殻となり

2013 6月までの貝殻となり

2012 12月までの貝殻となり

2012 6月までの貝殻となり

2012 2月までの貝殻となり

2011 6月までの貝殻となり

2010 12月までの貝殻となり

2010 8月までの貝がらとなり

2010 4月までの 貝がらとなり

2009 .6月までの貝がらとなり