貝殻となり
SEWING TABLE COFFEE / SO SEA diary


2015 12/28 tue「あるがままにあるがまま」

12/29FullSizeRender.jpg丘のタカラモノ

今日は2月の繕い教室のDMの撮影を。
今回も、テンコさんやのもとさん、そして洋裁の先生たちに助けられ、
ひとつのはおりのパターンが生まれました。パターンは設計図のようなもので、数位ミリを試行錯誤して生まれます。
1日で縫えるもの、そしてどんな人にも似合うもの、そんなものを意見を出し合って作り込んでいきます。
今回は、えんちょうはんや、かわいこちゃんも、ちょっこっと羽織ってもらえるようなもの。
縫う生地で、質が上がったり、ラフにカジュアルに着こなせたりと随分印象がかわります。一枚持っていると重宝しそうです。
ワークショップの募集は、来年行いますので、しばしお待ちくださいね。
モデルが大切に持ってもらったのは、丘の水仙の花と八朔です。

いつまでも、いつでも瑞々しいです。

IMG_1226.JPG

ただただあるから、存在するもの
素直にその流れからうまれる、素晴らしさ
ここに導かれたとき、もう無意識に気づいていたんだな、なんて思います。
今年の丘の締めくくりに、そっといろいろ想いながら過ごしていました。
この丘を感じて生まれたえゆくんとかずみんの子、ほーちゃんも一緒にいたからね。

IMG_1223.JPG










2015 12/27 mon「冬の遠足 the long time no sea ! 」

IMG_1085.JPG

ハルさんの育った町の海に、ヤーヤーコンニチハ!と今年たくさん一緒に遊んだメンバーと押しかける。
その人の暮す場所に行くってのは、その人の本質を知ることになるんだな、、となんだか、あったかいものをたくさん、頂いたような気分。
今日は極寒と噂されていたのに、なんともなんとも春のはじまりような気分の陽。
めいめいに海の拾いものをしたり、大きく深呼吸するそれぞれのお散歩時間。
皆とニッコリほほ笑み合う瞬間がうれしくてね〜

IMG_1115.JPGIMG_1118.JPG
その名もトキメキビーチ
IMG_1129.JPGIMG_1079.JPGIMG_1127.JPGIMG_1082.JPG
地元の二つの海に連れて行ってくれましたよ。
12/28FullSizeRender.jpg



夜は恒例、奥ちゃんところで、JOBIM NIGHT!
12/282FullSizeRender.jpg

みんなみんな素晴らしいライブだった、、と感激の嵐の中、まさかの居眠り、、あんぽんたん、ひとり。
帰りの毎年恒例の、今年もありがとうございました!!のごあいさつ。

IMG_1108.JPGIMG_1092.JPG
わたくしのみ、
居眠りの嵐でスイマセンでした!!大きくこころで叫ぶ、反省の図。







2015 12/27 sun「 ふたりのこと」

12/265FullSizeRender.jpg

「冬の丘の晩餐会」ーふたりの山暮らしからー  
Minako Sakurai/orumina kiln+coppa夫婦 陶 展

本日をもって終了致しました。
暮らしからにじみ出るものが、この二週間納屋にあたたかさを運んで来てくれました。
どんなときも、側にその笑顔があり、あたたかな食べ物があることの大切さを、
自然と教えてくれた展示でした。
祭りの後の静けさのように、元気なミナちゃんが明日からこの丘にいないのは、
ちょっとさみしい気分にもなりますが、この丘をイメージして作ってくれた器たちが、
我が家にもふんだんにやって来ましたので、その美味しくあたたかな時間を作ることから、
はじめたいなと思います。

ありがとうございました!又丘で!







2015 12/26 sat「THE LONG TIME NO SEA」

IMG_1043.JPG

何だかバトンを渡されたかの様に、今年も冬の納屋で swing song sewing

THE LONG TIME NO SEA

歌うべき、聞かせるべき導かれた人があらわれたのだから、やって来たのだから、
だからだから、こんな夜が生まれるべきしてあるのです。
dessi doiさんがその名付け親。
THE LONG TIME NO SEA やあ!久しぶり、海
そんな名前の、カッケー愉快なバンドの後ろにひっついて、
いろーーーんな海に、又旅することになるのかな。
そうだったら、いいなあ。
ロンシー
そうなるんだろうな。

今宵は、orumina kilnさんの打ち上げ晩餐会でもあって、
THE LONG TIME NO SEA のお披露目と、
そして、隣りの納屋では、陶芸部の忘年会があって、
丘の奥の二つの隣り合わせの古びた納屋で集う人達が、こっちにもあっちにも顔出し合って、
豊かな美味しいもんを交換し合って、音楽を分かち合って、笑い声を分かち合って、
最後には、なんのこっちゃわからんかんじやったけど、
底抜けに、あたたかかった。
冬の丘の納屋は、人のあたたかさで、ポカポカし過ぎるほどの温かさで、こころがみんな満ちていた。
満月と同じ、みんなあたたかさに満ちてたのです。
冷たい冷気を跳ね退けるくらいにね。
笑ったな。素直な無邪気な笑顔に包まれていた。
丸い月の夜。

IMG_1061.JPG

orumina kilnさんの器を贅沢に使わせてもらう。
中央の土鍋は、相方がお願いしていたもの。オーダーも聞いてくれますよ。ぜひ!

12/263FullSizeRender.jpg





2015 12/25 fri

IMG_1032.JPG

きょうも、まるいケーキまるいケーキと、一日中言ってたな〜
満月だったしね。すごい、まん丸だったからね。
月明かりがね、すごかったね。
あなたも、あなたも月を見上げてたらいいな、って
想っていたんだー
ずっと想っていたんだー







2015 12/24 thu

IMG_1035.JPG

ずっと、おぼえていますよ、と言ってくれたaokiさん
そっとはぐくんでいてくれて、ありがとう。
小さな灯火や納屋を差し込む光りが、いつかの優しい時間を予測させてくれる。
今日も風みたいにやって来て、ひとり納屋で弦をつまびく音色が、
だれでもない誰かと、柔らかな約束を交わしているようだったから、
邪魔せぬように、素知らぬふりをした至福のひととき。
あ、今日はクリスマスイブだったんだな。







2015 12/23 wed

12/23FullSizeRender.jpg
AOさんによる晩餐会後のまかない。食器はずべてorumina kiln

IMG_0999.JPGIMG_0997.JPG

IMG_0994.JPG12/232FullSizeRender.jpg12/231FullSizeRender.jpg
orumina kilnさんの畑からのお野菜も料理に使われましたよ。

IMG_1004.JPG
映画「バベットの晩餐会」の映像をながしていました。

初めての試み。そっと納屋にて、あたたかな晩餐会でした。
orumina kilnさんの大らかな器たちをふんだんに使い、AOさんのお料理。
またの機会もあるといいですね。






2015 12/22 the 「Lucie Rie に会いに」

12/22FullSizeRender.jpg
ホンマ一生のお願い!弟子にして〜

12/223FullSizeRender.jpg12/22 2FullSizeRender.jpg12/225FullSizeRender.jpg

12/228FullSizeRender.jpg12/229FullSizeRender.jpg世界遺産 姫路城 白かった〜
帰りは、名物穴子丼と穴子のお吸い物、穴子の蒲焼きを食べる。サイコー!!

12/226FullSizeRender.jpg
あ〜た、もう少しマジメになさい。



A Retrospective Lucie Rie展/姫路市立美術館

やっぱりやっぱり何度眺めても素晴らしいものは素晴らしい。
今回は個人蔵のものも多くあって、初めてお目にかかるものも多かったな。
あ、、、実物が素晴らし過ぎて、図録を買うのがイヤになったくらい。
ぎりぎりだったけど、滑り込んでよかったな、、、、
次は静岡市美術館にて春巡回。ぜひ。

http://lucie-rie.exhn.jp










2015 12/21 mon「年も暮れですね〜」

SEWING TABLE COFFEE 冬休みと年明けの企画のお知らせです。
冬休みは、2015.12/28 mon - 2016.1/8 friまで頂きます。宜しくお願いいたします。
みなさま、季節をあたたかくやわらかくお過ごしくださいませ。
2016年 年明け、サイホン珈琲 香る丘にてお待ちしております。
年内は12/27日曜日までの営業となります。サイホン珈琲の飲み納めにいらしてくださいね。





SO
SEA  at SEWING TABLE COFFEE
2016.1/9 sat - 1/17 sun  *1/14.15.16は臨時休業させていただきます。

IMG_4426.JPG

SO SEA 冬の zubonbon /ウールパンツのご紹介を致します。





DRIFT
DDKW at SEWING TABLE COFFEE
2016.1.20 wed - 1.31 sun

キビウッドワークスの故郷である宮崎の海で家族が収拾した流木などを使い、
DRIFT:ドリフト(漂流)というテーマで展示をします。

IMG_0863.JPG

ドイデッサン分室(DD
住空間設計、デザイン業
EDANEパートナー
佐賀県唐津市出身

キビウッドワークス(KW)
木工、家具製作業
古道具つむぎ商會主催
宮崎県延岡市出身

二人とも田舎の海で生まれ育ち、ここまで流れてきた次第です。








2015 12/20 sun「童話の頁をめくる」

12/20FullSizeRender.jpgIMG_0914.JPG

IMG_0906.JPG12/20 1FullSizeRender.jpg
冬のフルーツプディング
今日は、冬の丘に一日だけ奈良のtsuzuruさんご夫婦が美味しいお菓子と共にやって来てくれましたよ。
柔らかくすべてにおいて丁寧な佇まいに、おふたりの姿勢がうかがえます。
まるで今日のお天道様のように、冬の凛と冷えた中のあたたかさ重なり合う光り、そのものでした。
皆がうっとりと、その美しさに見とれながら、冬の季節の中で、甘いあたたかなお菓子をいただきました。
なんと、贅沢なことでしょう。童話の一頁を眺めている様だった、、、素晴らしいたたずまいだったな。

IMG_0885.JPG

tsuzuruさんは、2016年奈良の春日の山が新緑にあふれる頃に、店舗をオープン予定とのことです。
愉しみでいましょう。





参加者、募集しております!

12月23日(水)
晩餐会の夕べ  聖夜の前、ささやかな晩餐会を開きます。コース料理になります。

チキンのテリーヌ
IMG_0911.JPGIMG_0908.JPGアップルシナモンケーキ

IMG_0910.JPGミートパイ

お料理:AO
18:30~20:30 料金3500円(1drink付き) SEWING TABLE COFFEE 納屋にて。
ご予約は、tamaken@mac.com メール件名に『晩餐会の夕べ』と明記くださいませ。

AO中西ゆう子 /フードコーディネーター
2007年より活動。料理は独学。展覧会、出店記念パーティなど、仕事場への出張など、現在までに200件以上。
2015年でケータリング活動は終了。2014年、レシピとエッセイの本、MYDiningをブックロアより出版。
薬膳スタイリスト、フードアナリスト
http://aonoie.com







2015 12/19 sat「Share work 」

12/19FullSizeRender.jpg

本日はorumina kilnさんと山の実草木でリースを一緒に作るShare workでした。

IMG_0879.JPG

Share work / シェアワーク、そんな造語を去年あたりに勝手に作って試みること一年。
我ながら、この丘らしい企画だな、、、としみじみ思います。
その専門家でなくとも、誰もの日常の暮らしから生まれた、生活アイディアやアート、
そんなものを、季節の中でみんなで集って、アイディアを出し合い工夫し愉しむ。

Share work
みんなが集ってできることを教え合えるじかん
季節の中で、いっしょに手を動かし過ごしましょう


今日も皆のアイディアに、はっとした冬の空の下でした。
やっと、冬らしくなって来ましたね。あーー、やっと冬だーー




さて、12/20 sun 明日は!
冬の丘に一日だけ、奈良のtsuzuruさんがやって来てくれます。
「冬の丘の晩餐会」のoruminakilnのココットを使って、限定の温かいデザートを作ってくれます。
店内でプディングだけのお召し上がりでも、又ココット(器)ごとのテイクアウトも出来ます。
「冬のフルーツプディング」
image1.JPG
柑橘とナッツをたっぷり生地にいれて焼き上げた温かいデザート。
底にしのばせた濃厚なキャラメルソースを生地と合わせていただくと、柑橘の爽やかな香りがお口いっぱい広がります。

ごぼうとペカンナッツのクッキーやローズマリーとパルミジャーノ、
ピーナッツバターとフェンネルのビスケなど定番のお菓子も並ぶとのこと。
ぜひぜひ、冬の丘に遊びにいらしてください。
温かいサイホン珈琲と共にお待ちしております!

https://www.instagram.com/tsuzuru/








2015 12/18 fri「どーんと我が家に招いたコたち」

IMG_0853.JPG
orumina kiln
このコたちが、我が家の食卓を、この先何十年も、家族や友人を導き、そして豊かに見守ってくれますように、、

IMG_0850.JPG
ピッチャー/orumina kiln





SO SEA Lei
IMG_0841.JPG

WELTさんにお願いしていたSO SEA Leiの香りがとどきました。
今は自分だけのタカラモノの香り。
いつか、みなさんにもご紹介出来たらいいな、、と夢見ていますが。
あたたかな方へ、、あたたかな方へ、、
そんな遥かなる、あたたかな南の島を想像できるような、、
はたまた、はたまた、香りの世界は無限ですね。
夢があります。

IMG_0838.JPG
welt
https://www.instagram.com/welt11/





2015 12/17 thu
12/18FullSizeRender.jpg
募集しております!この機会にぜひご参加くださいね。

12月20日(日)tsuzuru
あたたかな一日 ココットを使った温かいデザートをお召し上がりいただけます。(ご予約不要/売切れ次第終了)
冬のフルーツプディング。柑橘とナッツをたっぷり生地にいれて焼き上げた温かいデザート。
底にしのばせた濃厚なキャラメルソースを生地と合わせていただくと、柑橘の爽やかな香りがお口いっぱい広がります。

image1.JPGココット作/orumina kiln

プディング 店内でのお召し上がり500円、テイクアウト(ココット付き1500円)
tsuzuru Nara / japan 奈良にてお菓子を作っておられます。店舗準備中、2016年春日の山が新緑にあふれる頃にオープン予定とのこと。

https://www.instagram.com/tsuzuru/

12月23日(水)
晩餐会の夕べ  聖夜の前、ささやかな晩餐会を開きます。
お料理:AO 18:30~20:30 料金3500円(1drink付き)
ご予約は、tamaken@mac.com メール件名に『晩餐会の夕べ』と明記くださいませ。




SEWING TABLE COFFEE 企画
Share work
みんなが集ってできることを教え合えるじかん
SEWING TABLE COFFEE の季節の中で、いっしょに手を動かし過ごしましょう

「orumina kilnさんと山の実草木でリースを一緒に作りましょう」at SEWING TABLE COFFEE中庭にて
奈良のお山から、たくさんの蔓枝や実をいただいて持って来てくれます。

IMG_0829.JPG

2015  12/19(土)13時〜15時くらい 
場所 :ソーイングテーブル中庭 参加費:2OOO円(材料+あたたかい飲み物) 持ち物:花切りハサミ 定員:8名くらい
一緒に作るひと:orumina kilnさん
IMG_0606.JPG
お問い合わせ: tamaken@mac.com
(件名に、[Share work リース作り] とご記名頂き、お名前、ご住所、メールアドレスお知らせくださいませ。)







2015 12/16 wed 「バベットの晩餐会はじまりました」

IMG_0803.JPG
Minako Sakurai/orumina kiln

IMG_0807.JPGIMG_0806.JPG

映画「バベットの晩餐会」、19世紀のデンマークの片田舎で使われていた台所をイメージ
美しい映画ですよ。ぜひこの機会に観てみてはいかがですか。






2015 12/15 tue 「やはりcoeur さんのシュトーレンは地球一!」

12/14FullSizeRender.jpg

今朝とうとう、クールさんのシュトーレンの封を切る。

しんやくん作の小皿は、思っていた以上に我が家に毎日登場。
夫婦ふたりなんで二枚あればちょうど良いのに、あまりにも頻繁に使うので、
何枚か揃えようかしらん。と欲ばりな気分になるが、我が家には二枚あれば充分と言い聞かせる。
それで今朝も、まな板で、もうすでにつまみ食いをしてしまったのだけど、
このちびこい皿にのせて、こっちの手にはあっつい珈琲を持って、ちょっと早い朝の時間をニンマリする。
この皿にのせると、なんでも風景になる。
そんなものを、あの夫婦は作りだしているんだな、、と思う。

皿の上のシュトーレンをパクリ。
は、、、、、
クールさんのシュトーレンが、やっぱ地球一やわ〜、、、、、、、

朝っぱらから、伝えずにいれなくて、クールさんにメールする。
やっぱ、地球一やわ〜〜

毎年の恒例の、しつこいほどのお叫び。





夕刻は、またしても鉄板の前で。
IMG_0791.JPGIMG_0784.JPG

今夜は、ふたたび春の大分での展示の作戦会議を。
根っこを見失わない様、本音で気持ちを出し合う。

でっかい海を前に、みんなが素直に笑ってる。

大事なはじまりは、こんなにもシンプルなこと。
そんなことを、共に想像し合えるよろこびときたら、ない。
しみじみ、
海の側から会いに来てくれてありがとう、と感謝するばかり。










2015.12/14 mon 「 冬の丘の晩餐会」

今朝は「冬の丘の晩餐会」ーふたりの山暮らしからー  
Minako Sakurai/orumina kiln+coppa夫婦 陶 展の搬入でした。

IMG_0737.JPGIMG_0727.JPG

orumina kiln ミナちゃんらが、この場所を想いたくさんの陶達を作って来てくれた。
そのどれもが、山で根付いた生活者である二人だからこそ創ることの出来る美しき器たち。
以前、ふたりの山の家に訪れたことがある。(今出ている天然生活 1月号にミナちゃんのお家が掲載されてますよ)
背の高い杉たちに囲まれた家は、どこかこの納屋にも似ていて、すっと土の器たちは納屋になじむ。

IMG_0753.JPGIMG_0723.JPG
嫁に来ないか〜〜と器に歌い語りかけていますが、、、






夜はともちゃん家で、オーロラ鍋とやらを囲んで一足早いクリスマスプレゼントみたいな女子会。
女子会ってなんでこんなに、愉しいんやろか〜
一年分くらいのオーロラみたいにスライスされた大根が、どかーーんとテーブルに美しく盛られている。
どの器も美しく。こんな風に器をおおらかに愉しんでいる風景に、うっとり。
ずっと笑ってたな〜








2015 12/13 sun「セラーペのようなじかん」

IMG_9403.JPG

本日、ふたりの展示が終了いたしました。
すごく、充実した二週間だったな、、と思い起こしてもあたたかな余韻が込み上げて来ます。
これは、いったい何なんでしょうか、、
その時間を分かち合えたことに感謝いっぱいです。
また、いつかの季節に、この納屋にやって来てくれるのをたのしみに待っていましょう。
しかしながら、お天気もいつも見方してくれていたような、そんな毎日でした。
この素晴らしさを物語っているよう、、

IMG_0695.JPG

IMG_0594.JPGIMG_0820.JPG

納屋はいつもそのやわらかな香りの中でいました。すべてが調和していたのです。

IMG_0631.JPG
カシミヤの織り

IMG_0764.JPGIMG_0757.JPG

IMG_9401.JPGIMG_0761.JPG
いい笑顔とたくさん出会えました。


丘のセラーペ 納屋の匂い ayu seki + WELT  / 織りと香りの展示
2015.12.2 wed 〜13 sun at SEWING TABLE COFFEE
原っぱの上 納屋の中 くるまれる手織り毛布と 冬を灯す香り

終了いたしました。ありがとうございます。

IMG_0596.JPG

陽の光りも美しく、そしてどの夜さえも、美しかったね。






2015 12/12 sat

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER
IMG_0762.JPG



突然 こどもみたいに 泣き出して

うれしいんだよ

と言った

そのしゅんかん

弾けて飛び散った しずくの種は

葉の上で踊り 海を越え 丘を越え

星となった

しずくの種を

見上げて 辿れば

もう迷うことなど ひとつもない






YOSSY LITTLE NOISE WEAVER
しずくの種

じぶんのことばがリズムに弾けた夜、
一生わすれない夜







2015 12/10 thu
IMG_0617.JPG

WELT私と香りの実験室

IMG_0759.JPGIMG_0620.JPG






2015 12/9 wed

SEWING TABLE COFFEE 企画
Share work みんなが集って出来ることを教え合えるじかん 、季節の中で一緒に手やこころを動かし過ごしましょう
IMG_0612.JPG

草織り シェアワークアユさんと草織りをしましょう at SEWING TABLE COFFEE中庭にて

IMG_0657.JPGIMG_0660.JPGIMG_0613.JPG
わたくし栴檀の枝を織り込んでみましたよ。みなさん自由に原っぱの草木を織り込みました。
豊かな時間でしたね。






2015 12/6 sun

IMG_0497.JPG

はーーーー毎日セラーペ、うれしいな。
朝一の光り、納屋に入ると、余韻のにおい。
ふたりの笑顔、ほころぶ笑顔。



そして昨晩も素晴らしかったな。
ポワンブルーと懐かしめる(忘れてたけど〜笑)4つの季節を共に愛しんだ仲間と大好きな場所へ。
一冊の本を持ちかえる。ムーミン谷の11月/トーベヤンソン
この本は、その場所の不思議なあたたかさを持ちかえれる様な本。
昨晩の歌声を、いつまでも思い出させてくれるような本。





2015 12/5 sat「季節を織るひと」

a1FullSizeRender.jpgIMG_0588.JPG
草織り シェアワーク/seki ayu

あ1FullSizeRender.jpgIMG_0586.JPGIMG_0591.JPGススキを織り込む

それぞれ、自由で美しい草織りが仕上がりましたよ。季節と過ごす、あざやか、、







2015 12/4 fri「ちょっと繕い教室のじゅんびを」

IMG_0552.JPG

今日はすごい風でしたね〜原っぱは、ゴーゴー言うてはりました。
その合間で、来年の2月に予定している繕い教室「おばあさんの〜おじいさんの〜」
のアイテムのパターンの、あれやこれやを試行錯誤。
うわ!切りすぎた〜切ったらあかんとこ、切ってもた〜
接着芯でひっ付けとこか〜。え!こんなんでいいの〜まさかの成功?!!でっかい独り言。
洋裁の先生にアドバイス頂き、テンコさんともあれやこれや。
本日帰り際、もしかして、コレ出来ちゃったのかしら??と言いながら、
うまれたてのパターン(型紙)らしきものを、不安げに眺める。
これからそれを元に、試作を何度も縫って、成形してゆきます。
2月の繕い教室も、ぜひ愉しみに待っていて下さいね。
うまくいったら、ちょっとイイかも、な一着ですよ。






2015 12/3 thu「納屋の草織り 毎日の風景」

IMG_0534.JPG

冬の白のセラーペ
ひと織りひと織り、人の手で織られたもの
こんな一枚に憧れるな。
まるで赤ちゃんのほっぺの様
つきたてのお餅の様
初雪の粉雪の様
こんな一枚を何十年も身に置いて、
繕って、繕って、これは手放せないの、
なんて言える可愛い大人の女性に憧れるな。



納屋のサウンドトラック
IMG_0507.JPGsoy wax candle 海のひかり/ 海のバラという意味をもつローズマリーブレンド。

trip birds know everything
Mix by yusuke kato

冬の部屋で編み物をしながら聴く様な、古い電子音楽を集めた作品 / CD







なんとまあ、うれしや!
SO SEA zubonbon
ワハハハ、ふふふと笑って笑って、
チャーミングに揃ってしまいました。冬の納屋にて。

IMG_0515.JPG

2016 1/8sat-1/17sun
SO SEA zubonbon /冬のあたたかなウールパンツのご紹介。

又よろしければ、この冬のひとつを、選びにいらしてください。
気に入ってもらえるものが、縫えるといいなあ〜。
あったかいのが、縫えるといいなあ〜







2015 12/2 wed

納屋は冬の冷気を跳ねかえすくらいに、
やわらかなものに包まれて。今日はふたりに会いにたくさんの方が
この納屋におとづれてくれましたよ。

IMG_0503.JPG

丘のセラーペ 納屋の匂い 
ayu seki + WELT  / 織りと香りの展示
2015.12.2 wed 〜13 sun at SEWING TABLE COFFEE

12/2aFullSizeRender.jpg







2015 12/1 tue

晴れやかな今日「丘のセラーペ 納屋の匂い」の搬入です。
二人が今日の日まで準備してくれたものが、ひとつひとつ並びます。
そして納屋には、大きく縦糸を張り、ふたりがひとつの織りを納屋の中で織り込んでゆきます。
原っぱで見つけた草木と共に、その光りもすべて、織り込まれてゆくように。
もうそれだけで、あたたかい。
どうぞ、二人に出会ってください。お待ちしています。

IMG_0464.JPGIMG_0456.JPG

12/2FullSizeRender.jpgIMG_0472.JPG

IMG_0452.JPGIMG_0487.JPG
seki ayu + welt








2015 11/30 mon

IMG_0433.JPGSO SEA 記録upしました。http://tamazkue.sakura.ne.jp/cn12/pg164.html

うっとり、眺めていたもの。

IMG_0385.JPG





2015 11/29 sun

マフラー、ショール、首に回したり、肩を覆ったり、顔を埋めてみたり、寒くなってくると、包まれるという感触が欲しくなる。
自分の気持ちを優しく閉じ込めていたくなるから、冷たい風に吹かれても、けっして消えないものを抱え続ける。h.n




丘のセラーペ 納屋の匂い ayu seki + WELT  / 織りと香りの展示
2015.12.2 wed 〜13 sun at SEWING TABLE COFFEE

IMG_9376.JPGIMG_9397.JPG

原っぱの上 納屋の中 くるまれる手織り毛布と 冬を灯す香り






そして、期間中は素敵なワークショップもあるのですよ。わたしも、SO SEAの香りをWELTのユキンコちゃんに指導いただき仕上がりました。
SO SEA Leiと名付けた香り。タカラモノなのです。
移りゆく季節と共に、出会う匂い香りが、今のじぶんがどんな風でいるのか、どんな風にいたいのか、
季節の便りのように、導いてくれるかもしれませんね。ぜひ、この機会に出会ってください。

定員に達しました。ありがとうございます!
WELT
私と香りの実験室
3image1.jpeg

植物から丁寧に抽出された上質な精油を使い、自分だけの香りのミスト ”NOTE OF LIGHT ”を作ります。
さまざまな香りの中から直観や五感でご自身に必要な精油を選び、調合するレッスンです。

NOTE OF LIGHT (ノート オブ ライト)について

植物の芳香は私たちを心地よい気分にさせてくれるだけでなく、
場を清め意識や精神性を高めるものとして古来より大切にされてきました。
ノート オブ ライトは精油の美しい香りと微細な波動で内なる自然のリズムを整えるミストです。

日時/2015年12月10日(木)
11:00~13:30(6名) or 15:30~18:00(4名)いずれかの時間をお選びください。
レッスン料/6,500円(珈琲とお菓子付き)
※各自オリジナルのノートオブライトをお持ち帰りいただけます。
材料、道具はこちらで用意しています。筆記用具のみお持ちください。
場所/SEWING TABLE COFFEE 中庭での実験室となります。あたたかくしてお越し下さいませ。

予約方法/件名を「香りの実験室予約希望」としお名前(フルネーム)、参加人数、希望日時、
tamaken@mac.com にご予約ください。


WELT (ヴェルト)
2008年よりアロマセラピー、手技療法などを学び、
”a small, good thing” をテーマに関西を中心に活動。
ワークショップや創作を通して植物の芳香を伝える。
http://welt11.tumblr.com



///////////////////////////////////////////////////////


SEWING TABLE COFFEE 企画
Share work

みんなが集って出来ることを教え合えるじかん 、季節の中で一緒に手やこころを動かし過ごしましょう



草織り シェアワーク
「アユさんと草織りをしましょう at SEWING TABLE COFFEE中庭にて

7FullSizeRender.jpg

簡単な手織りの仕組みを知ってもらえる遊びのようなシェアワークです。
糸でなくても案外なんでも織物に使えます。
素材になる草花や小枝を、学園の原っぱの中から集めるところから始めましょう。

IMG_0378.JPG小枝を編み込みキャンドルを灯したり、、

2015 12/5(土)、12/9(水)13時〜15時くらい 
場所 :ソーイングテーブル中庭
参加費:2OOO円(材料お包み+お茶とおやつ付き)
持ち物:ハサミ
定員 :各回 6名


一緒に草木を織るひと:Seki ayuさん
アユちゃんイメージ 2.jpg

お問い合わせ: tamaken@mac.com
(件名に、[Share work 草織り] とご記名頂き、お名前、ご住所、メールアドレスお知らせくださいませ。)









2015 11/28 sat「お誕生日オメデトウと言えてうれしかったよ」

1FullSizeRender.jpg

どかーーん!!舟盛り〜いい/真鶴
関東に行ったのだから、滞在中の休みの日にぜったい会っておきたい真鶴のヤンさんノンちゃんご夫婦のところに、
やっぱり会いたくて押しかける。ふたりの、懐のゆりかごに揺られて、皆が安心して泣き笑い。
やっぱ会いに行って良かったな〜、、帰りの道成り、しみじみこころが言う。
しかしながらタテガミ滞在中、図太い私達は、関東の友人等の家々に、
泊めておくんなせ〜〜とお願いして、泊まり歩いた次第です。
次はあなたのご家庭の扉を、とんちんかんな40女二人がノックして、ギョッとさせるかもしれませんが覚悟しておいてください。トントントン。
いつもの笑顔で、家族の団らんに、すっと入れていただき、ありがとう。
あたたかかったな〜どの家もあたたかかったな〜


お泊まりのお礼に切り絵を切るodoことハマちゃん。
1IMG_0339.JPG1IMG_0340.JPG








2015 11/27 fri「朝の陽に向って伸びをする一日のはじまり」

11/272FullSizeRender.jpg

海もすぐ側だし、美味しい珈琲を淹れてくれる人がいて、お腹には小さな命を育む人がいて、
きょうもたくさんの人と愉快に挨拶を交わすそんな日の朝だから、神聖な場所をここだと見つけて、伸びをする。
この人が導くヨガは、どうしていつもあたたかな陽を一緒に連れて来てくれるのだろう。
今日の日にもってこいの、朝の陽の光り。
大の字になってポカポカした海空を眺める、手のひらの先に小さな四葉のクローバーをふたつ見つける。
そんなたわいない、たわいなくない朝を、今日も大事な友人等と一緒に過ごせることに感謝しかない。

IMG_0233.JPG
ポカポカポカポカ〜〜
IMG_0212.JPG
いつでもどこでもすこやかな人。
うしろの富士山にもまけないくらいだから、すごいよね、ゆみやん

IMG_0209.JPG
すばらしい朝のはじまりでした。/一色海岸/タテガミ展示滞在中にて。

星ヶ丘原っぱヨガ 明日開催します。10:00~







2015 11/26 thu「新しく猫らを招いた家族を思い出しニンマリする今」

11/26IMG_0363.JPG

今日はダラダラしてもいいかなー?と、
相方が仕事に出た誰もいない部屋で、ひとり叫んだら、
猫のおとうと丸太郎が、
ふんにゃ〜〜
と答えたので、

了解!!かしこまりました!!

まるまる猫らに、
敬礼する。


昼下がりのこと。





2015 11/25 wed「久々の丘でサイホン珈琲を飲み、思い出している」

11/26IMG_0368.JPG
又この旅で美しい本に出会う。一緒に丘に帰って来ました。

11/26IMG_0366.JPG

いつもの海辺からやって来た、美しきものたち。
それらを眺めながら、又じゅず玉を繋げる。
またひとりひとり、大事な人に託す、じゅず玉の連なり。花言葉は『成し遂げられる想い』

11/26IMG_0376.JPG

小さな旅を思い起こすのに、もってこいの、雨の丘。
静かな雨よ、ありがとう。








2015 11/24 tue「ただいまーーー」

11/24FullSizeRender.jpg

タテガミ弾ませ、あの人にもあの人にも、会える喜び。
小さな旅でしたが、灯のように手のひらの中で、そっとあたたかくあたたかく。
笑ったり笑ったり、やわらかな優しさに溢れ、そっとじんわりしたりして。
自分らの手作業は、その笑顔に会いに行くためのものでもあったのか。そうだったんだね。

FullSizeRender.jpgIMG_0149.JPG11/24IMG_0183.JPG

11/24IMG_0194.JPGタテガミポーズのつもり

11/27IMG_0123.JPG11/27FullSizeRender.jpg11/27IMG_0121.JPG

11/27 1FullSizeRender.jpg11FullSizeRender.jpgIMG_0359.JPG

『タテガミ』
http://blog1.fabric-camp.jp  28日まで展示しております。









2015 11/19 wed「いってきまーーす!」


タテガミ揺らして、憧れのあの人に、会いに行って来ます〜〜
FullSizeRender.jpg

『タテガミ』
http://blog1.fabric-camp.jp
24日まで在店致します!






2015 11/18 wed「sumairu 美しいは美味しい」

11/18IMG_0076.JPG hokuの竹スプーンもご紹介しております。

本日、shinaさんの季節の食卓、紅玉のジャムが届きましたよ。
なんとも色っぽ〜い、鮮やかな林檎ジャム。美しいです、、
みなさんのスマイルを思い浮かべながら、作らせてもらいました!と
朝から、shinaさんの清く気持ち良いメールが届きました。
どうぞ、みなさんの食卓に。
賞味期限は、開封しなければ冷蔵約1ヶ月ほどもちます。
数に限りがございます。無くなり次第終了致します!
次回、12/12 sat

11/18IMG_0077.JPG









2015 11/17 tue「海の神さまに導かれたひと」

11/17FullSizeRender.jpg
EDANE NEXT DOOR「冬の旅 灯台の十一月」 11/13〜12/6 edane.net


本日は、大分のタタラくんが関西にやって来てくれるというので、
どうしても出会ってほしいEDANEへ一緒に行く。
家が漁師であるので、海の神様総本山である住吉大社さんでお参りをし、
とある古い珈琲店のマスターともじんわりお話をする。
EDANEはいつ行っても、その発信が新鮮で、そこに集る人達も含め、
どこの国に迷い込んだのだろうか、、とトリップ間隔となる。
どこにもないこの空気感や懐かしい様な安心感を、直感的に感じとったタタラくんは、
なんだか住んでみたくなった、、とこぼしていた。
すばらしい褒め言葉だな、、と思った。
海の神様に導かれるように、又海から海へ、たしかに
愉快が繋がってゆく。
そんな話を今日皆とたくさん出来て、
うれしくてうれしくて。

では又!










2015 11/16 mon

IMG_0042.JPG

今日はミシンをぼちぼちかけながら、
こないだの原っぱヨガのことを思い出していた。
優しく心身がベールに包まれる様な間隔が今も直ぐそばでここちよい。
たわいないいつもだったのだけど、こうやって今日になっても心地よさを感じ思い出すのだから、
何かとくべつなものが自分の中に宿ったのだろうか。ヨガのせんせい、ゆみやんにも感謝。
そして又ぼちぼち、ミシンに向き合う今日。


11/16イメージ 1.jpg

『タテガミ』
http://blog1.fabric-camp.jp








2015 11/15 sun「納屋で語られた物語」


砂浜の風紋に小石が転がっているような、気まぐれな美しい貝殻。
二人は白い貝殻つたいに歩き続けていた。
午後の海の太陽は、合図を送るように貝殻をいっそう白く輝かせた。
風にのせて音楽を奏でるように、すこし間隔をあけながらキラリキラリと白く光っている。
心の琴線に触れるものに二人は躊躇することがない。

白い貝殻の音楽は、二人の心を静かに揺さぶった。
合図のように白く輝く貝殻を辿って歩いて来たら、この丘へ続いていたのだった。
二人はそこで多くの時間を過ごすようになった。
丘の中程には、前から探していた、ちょうどいいくらいほのかな星屑が大地に沢山零れていた。
「ちょうどいいくらいのほのか」ということがとても大切で貴重な出会いだった。

毎朝、風が太陽に温められる前に、星屑を必要な分だけ拾い集める。
その星屑をさらに細かく砕いて挽き、水と一緒に火にかけると大地の色をした香り高い飲み物になる。
土の器に注ぐと、波打ち際で海水が砂を運ぶときの懐かしい音がする。
ゆっくりと飲み干してから、二人は感謝を込め、
二人だけのやり方で大地と空に祈りを捧げるのだった。

納屋の右奥にある扉はいつも少しだけ開けて、風の道を作っている。
二人は海からこの丘に上がるとき、風だけを唯一連れて来た。
淡い海の色をした風は、扉から入ると小さな納屋をひと回りして、
二人のそばをひんやりと吹いてから外に出かけて行く。
丘の木々を撫でたり、揺らしたりして遊んでもすぐ退屈になり、また納屋の中へと戻ってくる。
風は二人を包んでひんやり吹くと、自分の生き甲斐を感じるのだという。
それを知っているのか、二人は、大地と空に祈りを捧げるとき、必ず海色の風を呼んでから、
二人だけの言葉で祈りの歌を歌う。

私は二人に、自分の風を見つける方法をこっそり教わった。
その方法は、
「手のひらを開く」というものだった。
手のひらを開くと、小さな風のたまり場が出来る。
風はそこから自由に吹いていくことが出来るようになる。
風の道の始まりを作ってあげることが、
とても大事なのだと二人は言う。


人の周りにはいつも、その人を包む風が吹いているものだ。
それに気が付く人は、とても少ないけれど、
一度風の道を作ると、風はいつでも、
その人の周りを守るように吹いてくれる。


二人はいつも海色の風に守られている。



「白い貝殻」 text/hama nanae




「キルシュ」
浜七重 nanae hama / 手刺繍と言葉の作品展 at SEWING TABLE COFFEE 11/4(wed) -15(sun)

IMG_9817.JPG

本日終了致しました。ありがとうございました。





2015 11/12 thu「さてさてお待ちかねのお知らせです」

tumblr_nxn62eDwXO1rnsy8co1_500.jpg DMのデザインはDESSIN

丘のセラーペ 納屋の匂い 
ayu seki + WELT

2015.12.2(水)〜13(日) at SEWING TABLE COFFEE

原っぱの上 納屋の中 くるまれる手織り毛布と 冬を灯す香り

織り: ayu seki
香り: WELT


ayu sekiの冬の丘でくるまりたい、フカフカあたたかな手織り布セラーペ(毛布)、
WELTの冬を灯す香りをご紹介致します。
期間中はayu sekiのシェアワークやWELTの香りの実験室、
そしてYOSSY LITTLE NOISE WEAVERの小さな演奏会も開催します!

ヨッシーさんIMG_9996.JPG

 Live ご予約はメール tamaken@mac.com まで!



/////////////////////




SEWING TABLE COFFEE 企画
Share work

みんなが集って出来ることを教え合えるじかん
季節の中で一緒に手やこころを動かし過ごしましょう


草織り シェアワーク
「アユさんと草織りをしましょう at SEWING TABLE COFFEE中庭にて

11/13イメージ.jpg

簡単な手織りの仕組みを知ってもらえる遊びのようなシェアワークです。
糸でなくても案外なんでも織物に使えます。
素材になる草花や小枝を、学園の原っぱの中から集めるところから始めましょう!

11/13イメージ 1.jpg

2015 12/5(土)、12/9(水)13時〜15時くらい 
場所 :ソーイングテーブル中庭
参加費:2OOO円(材料お包み+お茶とおやつ付き)
持ち物:ハサミ
定員 :各回 6名


一緒に作るひと:Seki ayuさん
アユちゃんイメージ 2.jpg

お問い合わせ: tamaken@mac.com
(件名に、[Share work 草織り] とご記名頂き、お名前、ご住所、メールアドレスお知らせくださいませ。)



////////////////////



WELT
私と香りの実験室

植物から丁寧に抽出された上質な精油を使い、
自分だけの香りのミスト ”NOTE OF LIGHT ”を作ります。
さまざまな香りの中から直観や五感でご自身に必要な精油を選び、調合するレッスンです。


NOTE OF LIGHT (ノート オブ ライト)について

植物の芳香は私たちを心地よい気分にさせてくれるだけでなく、
場を清め意識や精神性を高めるものとして古来より大切にされてきました。
ノート オブ ライトは精油の美しい香りと微細な波動で内なる自然のリズムを整えるミストです。


日時/2015年12月10日(木)
11:00~13:30(6名) or 15:30~18:00(6名)いずれかの時間をお選びください。
レッスン料/6,500円(珈琲とお菓子付き)
※各自オリジナルのノートオブライトをお持ち帰りいただけます。
材料、道具はこちらで用意しています。筆記用具のみお持ちください。

場所/SEWING TABLE COFFEE 中庭での実験室となります。あたたかくしてお越し下さいませ。

予約方法/件名を「香りの実験室予約希望」とし、
お名前(フルネーム)、参加人数、希望日時、
tamaken@mac.com にご予約ください。


WELT (ヴェルト)
2008年よりアロマセラピー、手技療法などを学び、
”a small, good thing” をテーマに関西を中心に活動。
ワークショップや創作を通して植物の芳香を伝える。
http://welt11.tumblr.com








2015 11/11wed「信頼の味」

11/11IMG_9968.jpg11/11IMG_9973.jpg11/11イメージ 1.jpg

本日クールさんの、新生姜の甘酢漬けと紅生姜作りのワークショップでしたよ。
掘り出したばかりの新鮮な生姜って、でっかいのですね〜〜美しく美味しいひとときでした。
次回は、3月を予定しています。詳しくはEVENT頁をごらんください!必見。

11/11IMG_9980.jpg11/11IMG_9974.jpg11/11IMG_9978.jpg

生姜を切って瓶につめるサイズ感に、それぞれ個性が出ます。
丸ごとだったり、ぶ厚かったり、細かったり、ぎゅっと詰めたり、ふわっと詰めたりetc,,,,
今回クールさんが作って来てくれたのが、生姜を入れたお稲荷さんや卵焼きなどを試食させてもらいましたよ。
この液で、かぶらや大根を漬けても、ぜったい美味しいですね。見た目にもみずみずしくて豊かな美しさです。
原っぱは、11月だと言うのに程よく風が気持ち良く落ち葉が彩り、中庭でいただく美味しいものは格別でした。
今日も、ごちそうさまでした!







2015 11/9 mon「とうとう二の腕、どか〜〜んとだしました」

11/9イメージ.jpg

個人的なことなのですが、本日はじめて人前でフラを1曲だけ踊った記念すべき日でした。
とはいっても、全く大それたことではなく、、とあるかたわらで、ちょこっとちょこっとだけなのですが、、
それでも、自分にとっては、一生続けたいなと思う事柄の初めて発表だったので、
ちょっとここに記しておこうと思います。ささやかな宣言なのです。わたし、フラがやっぱり大好き。
あ、、、たのしかったのです。うれしかったのです。
いつの日か、胸をはって叫びたい。
けど、今はへなちょこデス。





2015 11/8 sun「星ヶ丘フェスタ」

11/8IMG_9899.jpg
こちら舞台裏。ウクレレや歌の練習をする皆さん。
今日の日のための様々な舞台裏がたくさんあったことでしょう。

11/8IMG_9902.jpg美味しいものも、たくさんありました。

本日学園フェスタでした。250人ほどの人が来たらしいです。
近年フェスタは雨続きですが、もう長年ここにいる人たちは、雨が降ろうが、何やらかにやらでも、
自然と受入れやってのけ、それを面白がるすべを知っているので、
今日も、みんな足下泥だらけにして、大きな問題も無く、
愉しんでいた様子でした。まさしくこのたくましさは、毎年人が集い続けて来た証(あかし)です。
平和なじかんを皆が創り上げます。

11/8IMG_9898.jpg
今日はフェスタの芋を掘るひと。

星ヶ丘洋裁学校
http://hoshigaokagakuen.net/dressmaking/






2015 11/7 sat 「青空ウクレレ教室 2015」

11/7IMG_9866.jpg11/7IMG_9868.jpg11/7IMG_9870.jpg

本日は、青空ウクレレ教室の今期最終レッスンでした。
今期の生徒さんたちは、自主的にウクレレ練習を積極的に愉しんで行ったり、
発表会のパフォーマンスも工夫をこらしたり、ウクレレを満喫している様子でした。
とにかく愉しんでいる様子が伝わってきて、かたわらで眺めていてこちらまで愉しい気分でした。
そして、今日レッスン終了後に1部2部のみんなで、自主的にleleさんにお披露目していました。
初心者ならではの初々しさで、leleさんも嬉しかっただろうな。
なんだかわたしらも、続けて来てよかったな、、、レレさんありがとう、、、としみじみ想えた光景でした。
こうやって、毎年それぞれの歩幅で、楽器、音楽が、誰かの日々の生活にそっとよりそって、
はげましたり、もりあげたり、そんなことが、どれだけ心豊かなことだろう、、と想います。
そんなきっかけが、このウクレレという小さな楽器なのですね。
そして、leleさん又来年も元気に教えに来て下さい。みんな、待ってます!
新しくウクレレを始めたい方は、又来春募集致しますね。
おたのしみに。

11/7IMG_9874.jpg
レッスン終了後、leleさんに見に来たらダメ〜〜とさけびながら、こっそり練習しているの巻き。まるみえ。

11/7IMG_9879.jpg11/7IMG_9878.jpg11/7IMG_9876.jpg
さあ、leleさんを囲み、替え歌まじりに、感謝の一曲を披露〜〜
11/7IMG_9882.jpg
こいつらアホやな〜〜と言いながら、うれっそうなleleさん。
11/7イメージ 2.jpg11/7IMG_9887.jpg

皆、いい笑顔です〜
11/7IMG_9893.jpg

又来年もこの原っぱで、ウクレレ、ポロンポロンしましょうよ!








2015 11/6 fri「まいにちおんがく」

作業中ハナレグミ聞きまくる今日
ええわ〜〜〜
星ヶ丘、待ってるのにな〜〜〜


11/6イメージ 2.jpg
先日展覧会でいただいたミナちゃんでっかいでっかい大皿に合わせて、
小松菜炒めたのん、二束〜〜どっさり。
一人分のお昼ご飯。
そりゃ、食べきれんわね。
でもね、ミナちゃんのでっかいでっかいお皿には、
たっぷりたっぷり、盛りたかったのん。
小さい器は、しんやさんの。
お茶碗は、わたしのん。
12月のミナちゃん夫婦の陶器と木っ端の展示、愉しみでいて下さい。

Minako Sakurai/orumina kiln
12月16日(水)-27日(日)SEWING TABLE COFFEEにて 「冬の丘の晩餐会」展








2015 11/5 thu「白い貝殻」

11/5イメージ.jpg
text /engravings / nanae hama  design /key sumiya Su-

小さな冊子が生まれました。
いつものポッケに忍ばせていて、ときおりその頁をひらきます。
手のひらをひらく、そのしゅんかんの風はすぐ側に。


11/5イメージ 1.jpg
SEWING TABLE COFFEEにて、この展示中ご紹介販売しております。



さて〜
ワタクシは、金曜日まで自宅で縫い作業です。
週末は丘です。はよ、行きたいな〜〜
自転車を飛ばせば5分もないのに、恋しい場所であります。
さて、週末はウクレレ教室も最終です。レレさん沖縄から来ます。
葉山から、スワン珈琲豆の販売もあります。お待ちしております!



SWAN COFFEE
(スワン珈琲)が、毎月第一土曜日、その日その季節をイメージした珈琲豆を焙煎して、
リュックひとつ分だけ背負って、葉山から販売しにやって来てくれます!
数に限りがございますが、フレッシュな珈琲豆をぜひ味わってみてください。
ソーイングテーブル店頭にて販売いたします。
お昼くらいより販売 at SEWING TABLE COFFEE にて。


IMG_0720.JPG

僕らのフォークロア

僕らは土の上を歩いている
海にむかっているのか
山にむかっているのか
上を向き、空を眺めながら歩いている

僕らは土の上を歩いている
過去にむかっているのか
未来にむかっているのか
身体に風を感じながら歩いている

僕らは土の上を歩いている
もう昨日のことなんて忘れてしまった
でも土の香りや風の匂いは
身体がちゃんて覚えている



SWAN COFFEE
神奈川県の海沿いの町、葉山で自家焙煎をしています。
10年前に鎌倉市にある自家焙煎珈琲店を門をたたき、焙煎を始めた。
師と仰ぐこの店の店主はブレンド作りを楽しむ人でこの店の中濃ブレンドを目標の味としている。
6年前にこの店舗が閉店すると焙煎から距離を置いたが、再度焙煎にトライしようと自宅に焙煎機を構えることにした。
現在は鎌倉や葉山でのイベントに参加したり、展示のレセプションでコーヒーのケータリング活動を行っている。
ここ星ヶ丘ではJAM JAM JAM音楽祭の際に出店させていただいている。








2015 11/4 wed「羽」

11/4イメージ.jpg

今朝ふと思い立って、七重さんにメールをします。

七重さん、毎日少しづつ、この間に7つの物語を書いてはどうかな?
星ヶ丘の七不思議な空想物語、童話の様なもの、インディアンの語りの様なもの、、
小さな物語散文。
毎日一文。
1.2行の短いのから、長い文。
ソーイングでの展示の時間に、やってみませんか?

そしたら、素敵な提案!と七重さんから直ぐにうれしい返事が返ってきました。
そんなことで、展示中の浜七重さんが、この丘でうまれた物語を少しずつ綴ってゆきます。
気づいた頃に、何が生まれていることでしょうか、
そっと、こころをゆるめて、耳を傾けていましょうか。



「キルシュ」浜七重 nanae hama / 手刺繍の作品展 at SEWING TABLE COFFEE
 11/4(wed) -15(sun)


大きな栴檀の木の下で、ぽっかりとシェルターのように守られる場所を見つけました。
今日からそこを「私の小さなアジール(避難所)」と名付けることにして、目をつむり、風の声にじっと耳を澄まします。
その昔、風の言伝(かぜのことづて)と言われる仕事がありました。
びゅんびゅんと吹く風の中から、風が伝えてくる物語を探し、人びとに伝える仕事です。
物語には必ず、誰かに必要な情報があったからです。
栴檀の葉は小さくて柔らかいので、風が吹いて沢山の葉が一斉に重なり合っても、ささやかで優しい音がします。
「私の小さなアジール」は、
他の場所よりもふんわりと包まれるように風が吹いていて、安心感に満たされ心がほどけるのがわかります。
この場所なら、まだ知らない物語を風が伝えてくれる、そう感じたのと同時に、
私の中にもまた、言葉にならずに存在する物語があることに気がついたのでした。
2015/11/4 wed text.1 hama nanae



風の中に見つけた言葉は、「心を突き動かす音色は、すぐそばにある」
落ち葉を小さな鳥が踏みしめる音色でさえ、魂の目を開くのにちょうどいいワルツになっているのだと、風は言います。
必要なのは、それを聞きとれるだけの心の静けさと、陽気さなのだと。
2015/11/5 thu text.2 hama nanae


夕陽が沈むまでの数分間、風は夜を待つ間に「朝焼けの始まりの物語」を伝えてくれました。
「まだ夜が明けきらない時刻、夜と朝とが深く深く溶け合う瞬間がある。
夜は朝に溶け込んで、自分も朝になってしまいたいと願い、朝は夜にそのまま溶けて一つになってしまいたいと願っている。
しかし二つにはそれぞれの役割があって、その時間をしっかり勤めなくてはいけない。
だから朝焼けの始まりは、夜と朝の二つの愛が手を離す時刻なのだ。名残を惜しむ間もない。
朝焼けはいつも気がついた時には、もう始まっている。
だからあの一瞬の美しい光景は、いつも切なく愛しい気持ちになるのだという。」
2015/11/6 fri text3.hama nanae


風はきままに吹いているので、
いつでも風の声が聞けるわけではないようなので、
私もきままに耳を傾けることにしました。
ふーーーっと大きく息を吐き出すように吹く風が、
黄色く色付いた木々の葉を、黄金の雨のように一斉に舞い降らします。
風が少し遠くへと旅立つ合図です。
2015/11/11 wed text.1 hama nanae


やわらかに、力強く生き続けるために、
人は輪になり、ひとときを共に過ごします。
輪の真ん中には、あたたかな空気がうまれ、
ゆるやかな笑い声によって
新しい風になり、そこからふっと吹き始めます。
2015/11/12 thu text.1 hama nanae







2015 11/3 tue 「キルシュ」

「キルシュ」浜七重 / 手刺繍の作品展 at SEWING TABLE COFFEE
 11/4(wed) -15(sun)

IMG_9818.JPG

本日は七重さんの搬入でした。彼女らしい物語る手作業がこの空間に並びました。
彼女の言葉も手の仕事も素敵です。明日から始まります。ぜひ秋の季節の中ご覧いただきたい作品たちです。
作家は、毎日在店致します。

FullSizeRender.jpg nanae hama

個展会期中のイベントのお知らせ

「昔から続いてきた、風の民の語り部が話す物語」at SEWING TABLE COFFEE
11/14(土)18:30~ 浜七重が語り部となり、風とギターにのせて物語を音楽のように
楽しんでもらうイベントを開催します。とてもとても久しぶりの朗読のイベントです。
参加費1000円(ワンドリンク付き)ご予約が必要です。→tamaken@mac.comまで
まだ予約に空きがございますので、ぜひこの機会に。秋の夜長を一緒に楽しみましょう
(作品に合わせ作ってもらうNOBUうどんと藤澤咲子さんのお菓子もお楽しみです。)







2015 11/1 sun「らしくね!」

タテガミイメージ.jpg

ファブリックキャンプ(鎌倉)でのチラシが間もなく仕上がります。
今回は、相方に仕上げてもらいました。
なんだか私ららしい、ユニークな感じに仕上がりました。すごく、気に入ってます。
チエックのため、千夏さんに写真を送ったら、
自らででてくるあなた方が大好き。
と返事がかえってきました。
自分らにとっては、大好きな千夏さんの場所で出来るのだから、
記念すべきお祭りさわぎで盛り上がっていて、一生もんな気持ちで、出とけ〜〜な気分です。
しかしながら、SO SEAの過去のDMを振り返ると、どれも大事な人らの瞬間が刻まれているような気がします。
記念撮影のようなものです。
今回は親友ハマちゃんと記念撮影できて、うれしはずかしデス。

さあ、らしく、がんばっていきましょう!




そして、本日で「つくろうワンピース3人展」終了致しました。
テンコさん、のもとさんの丁寧な手仕事が、ちゃんと誰かの手元に届いて感謝です。
わたしも、二人の手のかたちが、やっぱりどうしても側にあってほしくて、
わがままに1着選ばせてもらいました。敬愛するテンコさんのもとさんの二人の手のカタチ。
永く側にありつづけてほしいもの。

11/1イメージ 1.jpg







2015 10/30 fri「天春からー」

11/1イメージ 2.jpg

メダカきたーーーーーー
かわいいーーーー








お知らせデスヨ!


季節の食卓
- sumairu -
at SEWING TABLE COFFEE

たかしなえりこ-shina-が、幼い頃
田舎の母と台所に立ち教わった
季節の味を風呂敷ひと包み持って
大切な人や場所へお届け致します。

10.28イメージ.jpg

11月の食卓 
リンゴのジャム  11月18日〜


SEWING TABLE COFFEEにて、2015.11月からの新しい企画です。
shinaことたかしなえりこさんに、田舎のお母さんから伝授された季節の味を、
風呂敷ひと包みほど、お裾分けして頂きます。季節の味をおみやげに楽しみにいらしてください。

*数に限りがございます。無くなり次第終了させていただきます。







2015 10/28 wed「ルーツ」

ふぁーーーーー大きく深呼吸。
親子珍道中の仙台の里への旅から帰って来ました。
おもろくておもろくて、胸がきゅんとして、
うれしくてうれしくて、胸がきゅんとして、こころが大きく揺さぶられた旅でした。
この歳になっての親子みずいらずの旅は、感慨深いものがありますね。
親や田舎の寛大さに触れてみたり、甘えてばかりいた子供と親のたちばが、静かに逆転していたり、
大きな覚悟と勇気と希望を、確認出来たような大事な旅になりました。
あ、、、本当に大事な旅でした。タカラモノです、、
しかし、田舎の東北の人らは、明るかった。
明るくて、明るくて、その明るさが、根深い強さをはぐくんでいるようだった。
わたしには、この人達の血が流れているのか、、と感じたら、
又今日からのパワーに繋がってゆくようです。
感謝です、ほんとに、、、

さて、旅のオモしろ珍道中の話は、おいおいに、

10/28IMG_9639.jpg
SEWING TABLE COFFEEでは、つくろうワンピース作品展が始まりましたよ。
テンコさん、のもとさんが仕上げた定番ウールのワンピや、SO SEAのワンピがほどよく揃っています。
よろしければ、お立ち寄りくださいませ〜

10/27IMG_9683.jpg10/27IMG_9643.jpg10/27IMG_9642.jpg
SO SEA bear になったひとたち

10/27IMG_9647.jpg
テンコさん、のもとさんのコラボウールワンピ 縫製、美しきシルエット。


つくろうワンピース3人展 秋冬の巻き /noriko, katuko, so sea
2015 10/28wed - 11/1sun

この度『おばあさんと服づくり、おじいさんのお昼ご飯』企画で生まれたワンピースパターンで、
秋冬素材のワンピースの展示を行います。ウール素材の定番の一着になるかと思いますよ。
お待ちしております。


10/27IMG_9689.jpg 撮影 WELT

そして今日は、YOSSY LITTLE NOISE WEAVER 小さなノイズを織る人ヨッシーさんと、
かぐわしき伝道師 WELTのユキンコちゃん、そしてまさしく織りなす関アユちゃんが12月の打ち合わせでソーイングテーブルへ。
ほんとにかっこいい人、美しいひとたち。
その冬の日を楽しみでいてくださいね。

10/27IMG_9688.jpg







2015 10/19 mon「猫の毛も冬毛にかわってきましたね」

10/20イメージ.jpgススキをスケッチする人

今週から、ちょっくら両親と宮城県仙台の田舎に顔見せに行きます。何年ぶりかな。
親孝行のつもりで、ぞんぶんに楽しんで来ようと思います。珍道中やろな〜蓬らいの豚まん持ってこ。
そんなことで、来週からの『つくろうワンピース展』の準備もしていかなくてはいけません。
と言っても、こちらはほぼ、おばあちゃまたち(野本さん、テンコさん)の仕事が確かなので、
もうすでに3人のぬくぬくしたワンピースが仕上がっております。SO SEAは熊になれそうなのが仕上がってます。
どうぞ、冬の一着を選びにいらしてくださいまし。

IMG_9432.JPG

つくろうワンピース3人展 秋の巻き /noriko, katuko, so sea
2015 10/28wed - 11/1sun
この度『おばあさんと服づくり、おじいさんのお昼ご飯』企画で生まれたワンピースパターンで、
秋冬素材のワンピースの展示を行います。あたたかい素材の定番の一着になるかと思います。お待ちしています。



そんでもって、11月には鎌倉の千夏さんとこでの展示も待ってますよ。

2015 11/20-28 ファブリックキャンプ(鎌倉)
『タテガミ』odo/hamada kumiko 切り絵 + SO SEA 二人展です。
24日くらいまでは二人で在店しようかと思っていますので、皆さんとお会い出来ることを愉しみにしております。
又詳しく決まりましたらお知らせ致します。

納屋では、秋の原っぱですよ。
ススキが黄金色です。
手紙を書いたり、あたたかい飲み物をのんだり、
ときおり、合間で、静かに過ごしています。
この季節はとくべつなものがありますね。






2015 10/17 sat 「託されるものたち」

IMG_9420.JPG

納屋では机ひとつ分の蚤の市を行っています。
パナマハット、古い革の財布やポーチ、木彫りの指輪、、
前から少しずつ集めていた古き美しい調度品をならべています。
ほつれたところは、ご自分で繕って使い続けていただきたい。さらに愛着が増しますね。
SEWING TABLE COFFEE 机にて、古き調度品は、ふえたりへったりします。10/25 sunまで。

IMG_9422.jpgIMG_9423.jpg








2015 10/16 fri「秋の一コマ」

IMG_9405.JPG 今年もじゅず玉を収穫できました。さてさて、、

今日は本当は家で縫い作業をしなくてはいけない日だったのですが、
風呂にいかんか〜という誘いに、二つ返事で行く行く〜とのっかりました。
しかしながら、今日は遊んでいたら𠮟られる日だったので、
相方が仕事に出てから、こっそりシメシメシメと、チャリンコをかっ飛ばして待ち合わせの場所に行って、
あまりにも気持ち良いので、いつもの川へじゅず玉を収穫に行って又日焼けしてしもて、
そしてお昼には、大好物の八光のすじ鉄板焼きとビールと豚玉と焼きそばを食べて、
昼下がりから、ごくらく〜ごくらく〜と銭湯に数時間つかって、
相方が帰宅する時間には、家にいなくては!!どやされると、
あわててチャリンコを又かっ飛ばして、家路につきまして、ハイ!セーフ!

それで、相方からいつもの時間に電話がかかってきて、一声目に、
仕事さぼって何処行っててん!
なんで、バレたのでしょうか??
それで正直に、

風呂。

とひと言答えたら、呆れて怒りも通り越して電話口でゲラゲラ笑ってはりました。
長年連れそう夫婦は、
ぜったい、ごまかせないものなのです。
サボってるのは、すぐバレるようになってます。
それが夫婦です。







2015 10/14 wed「くるまっていたーい」

今夜1,2,3,4つかぞえることのできるほどの流れ星を夜空に見つけることが出来ました。
うっとり数を数えていたわけでなく、ちゃんと3回願い事を唱えることができました。
その願い事が瞬間にポンっと口に出たじぶんを、ちょっとほめてあげたいなあ。


そういえば、今日は冬にむけての準備を。
なじみの顔が集って、秋のそこかしこで、くくくと笑みを浮かべている。
まもなく訪れる寒い冬も、あたたかくちゃんと笑顔でいれる準備をしているのだね。
こうやって、季節をやわらかく繋げてゆくんやね。

10/15IMG_9391.jpg
本日撮影などありまして、もっとかわゆいシーンが原っぱにはいっぱいあったのですが12月までしばしのヒミツ。おたのしみに〜


風の強い日、丘の上で体を風に任せる。体を前傾し、手を大きく広げ、空を飛ぶ真似をしてみたり、
草の中に寝そべって、風の横切っていく音を聴く。空を見上げて風を見つめる。
自分の居場所がわからなくても、
そうして、とにかく生きているんだってことを体で知るということが必要なときもある。n.h







2015 10/12 mon「主役に声をかけ忘れましたのお誕生日会」

ハマちゃんを愛するおっちょこちょいな仲間たち。あわてて主役を呼び出すの巻き。
10/15IMG_9327.jpg ティッシュペーパーのお花で、IKKOさん風決めポーズのハマちゃん。

まさかの主役ハマちゃんが不在のまま『かんぱ〜い〜ハマちゃん!お誕生日オメデトウ〜〜』とはじまりました。ズコッ。
せめてものお詫びにと、じっとしていられず?目の前に見つけたティッシュペーパーでお花を作ります。なんのこっちゃのズコッ。
やっぱハマちゃんにはズッコケの神様が一生見守ってくれてるんやね。
お誕生日、本当にオメデトウ、、、、、、いつもお笑いを、おっと、笑顔をありがとう。
あっつあっつのおでんを、あちち〜あちち〜と食べてはりました。
ちくわを食べさせてあげようかと思いましたが、罰ゲームみたいになったらあかんので、今日はやめときました。


先週まで展示していただいていたハマちゃんの切り絵
10/15IMG_9147.jpg10/15IMG_9146.jpg

10/15IMG_9144.jpg10/15IMG_9145.jpg10/15IMG_9184.jpg ハマちゃんtext
種の大地、紙の草原 ー集めた種と草木の切り絵ー
10/15IMG_9154.jpg10/15IMG_9155.jpg10/15IMG_9149.jpg
小さなお手紙は種さん







2015 10/11 sun「おーい、みんな笑っててよ〜〜」

本質を見つめじぶんと出会ってくれたすべての人たちが、しあわせそうに笑っている顔を、
わたしは心底疑うことなく信じています。何がおきようとも信じてしまうのです。
ひとつでもたくさん、ひとつでもたくさん、ひとつでもたくさん、
出会ってくれた人達が笑顔でありますように、、
今日はとくに皆がそんなことを願う祝福の日でした。

https://www.youtube.com/watch?v=Aii7jE9XsQA





2015 10/10 sat
「家がほしい〜〜、と搬出のあと種さんのけぞってました。いつかの種さんのアトリエたのしみでいましょう」

IMG_9271.jpg

こんな風に、この二週間は、みんなみんな小さな種の世界をのぞき込んでは、
想い馳せていたり、不思議を想像してみたり、その好奇心が溢れていました。

IMG_9272.jpg 集った旅種さんたち。種さんのもとへ。

種の大地、紙の草原 ー集めた種と草木の切り絵ー
植物標本室 雀瓜(スズメウリ)岡崎芳樹(種さん) + odo 濱田久美子二人展 本日終了いたしました。



本日夕刻は、種さんのお話会でした。
突如、種さんの研究していたころの大先生でもある方がサプライズでお話会に参加してくださり、
本日それを知った種さんはひと度タジタジでしたが、夢中になる眼差しが共通しているお二人だから、
もうあっという間に意気投合し、お話会が始まる前から、種さんのお話とチャーミングな大先生の間の手が
絶妙にいいコンビネーションで、ほがらかなじかんが生まれはじめます。
みんなが、小さな小さな種を純粋な瞳でのぞきこみながら、種博士たちに質問します。

IMG_9283.jpg

IMG_9287.jpgIMG_9284.jpgIMG_9300.jpg
IMG_9298.jpgIMG_9292.jpgIMG_9309.jpg

IMG_9290.jpg

明日からは、料理していても道端を歩いていても、日々の種を意識することでしょう。
ソーイングテーブルの中庭の4つのテーブルにも、毎朝、様々な種を鳥たちが落としてゆきます。
それをのぞき込むのが、うれしい日課になりそうです。


IMG_9304.jpg
種さん、ハマちゃん!あっという間の二週間で、早過ぎたと思うくらいです。
又季節と共に、種さんたちに楽しい企画をお願いしたいです。よろしくおねがいします!
と、ちゃっかりお願いしておきましたので。つづく。





2015 10/7 thu「親しき仲には、ぼやきあり。健全」

10/8イメージ.jpg10/8イメージ 1.jpg

ぼやきも、愛やんな〜とほろうするように言っても、愛なんか、ナシ!!!ときっぱり、言い切るぼやきは、
まるで、長年つれそう夫婦の会話のよう。
園長はんが、みんなで記念撮影をしようと言うので、アホみたいにゲラゲラ笑い合いぼやきながら、
しっかり働いた土まみれのひとたちが、原っぱのでっかい優しさに包まれ、秋の風の中で立っている。
ここには、説得力のある姿しかない。
清々しい。






2015 10/7 wed「今日もはりきってお尻をプリプリ」

昨日は、相方の実家の家族と共に焼き肉屋へ。相変わらず、家族の団らんと言えば、焼き肉。大好き!
それで、やっちゃんことお父さんが、えみちゃん首出てきたな〜どないしたんや?的なことを言うてきて、
そう言えば、ここんとこ、時々、首、首〜と言われるのだが、
気づいたら、フラを始めて1年以上も経ってしまっていたので、それが首にあらわれて来たのかもしれない。??
と言っても、尻をどんどこ振りまくるので、お尻がデカく際立つばかり。
それにしても、フラというものは、楽しくて、愉しくてしかたがない。
まったくもって笑けるほどに上達はしないのだけど、ずいぶんと性分に合っているんだと思う。
何十年も気長にちゃんと続けて、いつぞや愉快な仲間らも巻き込んでやろう、ぐふふふと、企んでいる。


しかしながら、納屋ヨコのススキが、またまた今年も見事の成長してはります。
納屋にも飾ってみました。ぼーぼーです。

10/6IMG_9162.jpg10/6IMG_9156.jpg10/6IMG_9157.jpg
旅種もいろいろ集ってきて、愉快な納屋が育ってます。
種の大地、紙の草原 ー集めた種と草木の切り絵ー







さて、来月のソーイングテーブルでの展示のお知らせです。
七重ちゃんは、包むものをずっと手作業で仕上げてきた女性です。
それと共に、心を物語り発する声は、誰もが特別に感じずにはいれないものがあるでしょう。
少しそのことを休んでいた彼女ですが、この納屋でふたたび、その綴りと声の意味をさぐり、
包むものと、その語りが、何を示しだすのかを眺めてみたいと想います。
11月の納屋は、まもなくやって来る冬を待つあいだのひと時、
ほんのり冷えた息をあたためる、深い深呼吸のような時間になると良いなと思います。あたたかな珈琲と共に。


 浜 七重 hama nanae
「キルシュ」手刺繍の作品 展 at SEWING TABLE COFFEE
11/4(wed) -15(sun)

ar101.jpg

2010年に書いていた「キルシュ」という物語をもとに、刺繍の作品を展示いたします。
針仕事をライフワークにする暮らしの中で、糸と言葉を交わしながら「キルシュ」という物語は生まれました。
愛することしか出来ない鳥「キルシュ」の物語。
ずっと大切にしてきた物語の世界を刺繍で作品にしてみたくなりました。
力強く優しい物語をやわらかに包みこむような視線で縫い続けた手刺繍の作品展です。
秋のひととき、ゆったりとお越し下さい

14日(土)18:30より  「昔から続いてきた、風の民の語り部が話す物語」
浜七重が語り部となり、風とギターにのせて物語をお話します。
定員20名要予約(ご予約はtamaken@mac.com) 参加費1,000円(ワンドリンク付き)

* 8日は学園フェスタのため展示はお休みです。

SEWING TABLE COFFEE
枚方市星丘2-11-18星ヶ丘洋裁学園内 090-2045-6821 11:00 - 18:00  closed 月、火曜日

hama nanae
http://www.nanae-sr.com/index.html







2015 10/6 tue「ハイビスカス」

火曜日は、母と時々絵を描いて遊んでます。もう、お絵描きして何年になるかな〜
100枚描けたら、二人展でもしようよ〜なんて私が勝手に寝ぼけたこと言うてます。
やっぱ、わたしの絵は若いです。母の絵は深いな〜といつも関心します。
上手、下手とかではなく、わかいな〜、、、ふかいな〜、、、
ほんと、そう感じます。

10/6イメージ 1.jpg10/6イメージ 3.jpg左:わたしのハイビスカス 右:母のハイビスカス

わたしは、ちゃっちゃと描いて、うとうと母の横で安心して昼寝をしてしまいました。
母は花を眺めていつまでたっても描かなかったのですが、昼寝から目が覚めたら、
このハイビスカスが飛び込んできました。
眺めれば眺めるほどに惹き込まれるハイビスカスが描かれていました。
私達が大好きな南国の花たち。







2015 10/5 mon 「お知らせですよー」

旅のyoga /nanako nishimura
10/5イメージ 2.jpg

10月9日(金) 9:30start10:30 yoga/11:00-12:00 Lunch 星ヶ丘洋裁学校原っぱにて。
yogaclass内容…鳥や風の音に合わせて、踊りのようにヨガをリラックスしながら気軽に体験していただけます。
ヨガを初めての方、体が固い方大歓迎!体を呼吸と一緒に心地よく動かしたあとは、横になり体をお休みさせながら、
声によるヒーリングにより寝たままの瞑想を体感し、心もリフレッシュしていただきます。
ヨガで体を動かしたあとは、原っぱでみんなで野菜たっぷりベジランチをお腹いっぱい食べましょう。
・持ち物…はだしで行います。動きやすい服装でお越しください。タオル。ヨガマットはあれば。コザ貸し出します。
・yoga+lunch(デザート付き) お一人4000円。・定員 6人くらい(要予約)
 お問い合わせ rasa_maya_narayana@docomo.ne.jp

10/5イメージ 3.jpg

講師 : nanako nishimura 現在、神奈川県在住。
19歳より独学でヨガを始め、富山、東京、京都でヨガ・瞑想を学びながら独自のヨガプラクティスを深めていく。
現在も師のもとで学びながら、好きなひと、音、色に逢いに、旅をしながら活動している。
2010 全米ヨガアライアンス200時間 修了






2015 10/4 sun「種さんとハマちゃん」

IMG_9238.JPG乙女男子とおっさん女子 ハマちゃん自ら曰くあしからず。

本日は、種さんハマちゃん、いろんな方たちとお話が弾んでいたようですね。
旅種箱には、何やら皆さんが持って来たいろいろな種さんが収まってきました。
もう、愉しくて仕方ありませんデス。私なんか、どさくさまぎれて、中庭で見つけた小ちゃい石を、
そっと旅種箱に忍ばせておきました。これは、なんの種かしら〜?なんていう人がいたら、
石です。と勝手にわけ分からんことをして参加して愉しんでます。ズコッ。

10/4IMG_9153.jpg10/4IMG_9130.jpg
切り絵/ネムノキ
さてさて、あっという間の1週間が過ぎました。10日土曜日までの展示になりますので、
ぜひ、遊びにいらして下さいね〜ハマちゃんは毎日在店しています。種さんは10日に来られます!

10/4イメージ.jpg

アケビの実も届きました。美味しいうちに皆で頂きまして、種はちゃんと口からぺっと出して収集しました。
黒々すごい存在感の小さな種たちがたくさーん。今週は種と言う種をじーと観察する日々です。
ところで、アケビの肉厚な皮も郷土料理として食べられてるそうですよ。
ゴーヤの様に苦みが少しあるらしく、ちょっと調べてみたら、油との相性がよく、味噌炒めや肉詰めなどがおススメらしいです。
機会があれば、ぜひ食したいものです。もし、この原っぱで実っていたならば、まず迷わず、生でかじってみるわたくしですが。




2015 10/3 sat「 ワンピースのひとたち」

10/3IMG_9223.jpg

本日は、秋の『おばあさんと服づくり、おじいさんのお昼ごはん』no.2でした。
気づけば、夏から4回目の繕い教室です!
のべ約30名ほどの方たちが洋裁体験してくれたのですね。
すごいなーうれしいなー
今回もそうですが、毎回もみな本当にキラキラ笑顔いっぱいでいらしゃいます。
緊張していた顔が、どんどん活き活きしてこられるのです。
きっと、おばあちゃん二人の存在が柔らかな空気感を生みだしているに違いありません。
そして、ささやかな時間ですが、洋裁だけでなく大切なベースが、その時間の中でしっかり示されてるような気がします。

今日自己紹介の時にヘルプで来てくれた現役生徒さんが、
バタバタと過ごす日常の中で、この学園に来る時間は、、洋裁を勉強しにくる時間は、、
まるで実家に帰ってくるような気持ち、そんなほっと深呼吸しにくるような気持ちでいます。と表現されていました。
この丘に来ると、様様な人達がヤーヤーと挨拶を交わします。
愚痴を吐き出したり、嬉しいことを一緒に笑ったり、ひとりの時間をもったり、想像したり、、
そんな自分なりの素直な時間を、ここでは見つけることができるのかもしれません。
今日もやわらかな人の温度が、皆の気持ちを活き活きさせます。

10/3MG_9219.jpg10/3IMG_9217.jpg10/3IMG_9215.jpg

10/3IMG_9220.jpg10/3IMG_9216.jpg
10/3IMG_9209.jpg10/3IMG_9221.jpg

10/3IMG_9218.jpg10/3IMG_9211.jpg10/3IMG_9210.jpg
本日は、実家カレーライス!そこいらにいた人達も、みーんなでワイワイ食べましたよー
この丘ならではの風景です。
10/3IMG_9204.jpg10/3IMG_9203.jpg10/3IMG_9201.jpg

それぞれに、お似合いでした!わたしも、もう一枚じぶんの作ろうっと!
参加の皆さん、ありがとうございましたー
又お会いしましょう〜



さてさて、納屋でも、賑やかな時間があったみたいですねー
そこにも、いたかったな〜〜〜〜〜
中庭ではレレさんのウクレレ教室があって、
納屋では、ハマちゃん種さんの展示をしています。
夕刻には、かっこいいの歌声が生まれはじめていました〜
会いたい人らの顔が揃っていたようです。

IMG_9231.JPG

明日10/4は、種さん、ハマちゃんふたりが納屋に揃います。
ぜひぜひ、種拾って、会いに来てくださーい!



10/3  イメージ 2.jpg
おおきな背中 草10月で8才になりました。




2015 10/2 fri「確かに、やわらかな温度ある存在に納屋は包み込まれるのです。」

10/2イメージ.jpg

雨風が通り過ぎた朝一、草はらを、空を、見渡します。わたしにとって、もっとも大事なことでもあります。
それで、納屋では、切り絵の植物たちが、やはり表情をあらわにしはじめていて、
いつもそうなのですが、ハマちゃんの切り絵は、展示中にどんどんと紙が呼吸をしはじめ、
次第には、本当の植物と区別がつかなくなるものもあるのです。それはそれは、見事です。
こんなにも、紙が生き物のようになる姿を目の当たりにすると、
木からうまれる紙の存在を深く辿ってみたり、ハマちゃんの想いや手の技、その場所や、そしてそれを眺め感じるこちら側もふくめ、
何か言葉にならないすべての調和が、息を吹き込ませて、すべてを活き活きさせるのかもしれないなと思います。
確かに、やわらかな温度ある存在に、納屋は包み込まれるのです。

10/2イメージ 2.jpg






2015 10/1 thu「明るい方へ明るい方へ」

10/2IMG_9135.jpg

今日は、大事な原稿を書く。
想いを整理したり、自分との約束を交わしたりするような、
こころの儀式の様なことでもあるのかもしれない。
文字にすることは、その後の人生をもかえるんじゃないかと思えるほどの確信がある。
揺るがないものを又ひとつ積み重ねてゆく。
そんな機会に感謝するばかり、、





2015 9/30 wed「まくわ瓜かあ〜〜」

9/30イメージ 3.jpg9/30イメージ 2.jpg

9/30イメージ.jpg9/30イメージ 1.jpg

本日より、種の大地、紙の草原 ー集めた種と草木の切り絵ー
植物標本室 雀瓜(スズメウリ)岡崎芳樹(種さん) + odo 濱田久美子二人展始まりました。

ハマちゃんや種さんに会って欲しいと想う人達の数珠つなぎが、やわらかな笑顔を連ねる。
みなさん種さんの前で、きゃっきゃと無邪気にいて、ほんとに楽しそうに虫眼鏡をのぞき込んではしゃいでいる。
あ、、、今日在店できなかった種さんにこの風景を見せてあげたいな〜〜なんて、
ハマと言い合う。しかし、ややこしいな〜種の種さんと、種さんの種さん。。。まあ、いっか〜脳働かせて読み取ってくださーい。
そして、『みなさん!納屋に種を拾って持って来てね〜』と言ったら、
エダンちゃんが、来る途中にとある木の下にすっころがっていたと言う『猿の腰掛け』を持って来た。なんじゃコレ?? まあ、いっかあ〜
そしてゆみやんが、買ってきたものでかたじけない、、と申し訳なさそうに、月桃を1本ハマちゃんに差し出した。
とにもかくにも、なんたる美しきものが、種旅箱に収まった。さあ、この二週間で美しきヘンテコなものが集りそうな予感。
愉しみでいましょう。

10/2イメージ 1.jpg 月桃

『みなさん!納屋に種を拾って持って来てね〜』






2015 9/29 tue「等身大の衣」

そして、もういっちょお知らせを。


つくろうワンピース3人展 秋の巻き /noriko, katuko, so sea
2015 10/28wed - 11/1sun
9/30IMG_8837.jpg
モデルはゆみやんと、テンコさんのソックリさん、ということで。身長160cmくらい。日によって伸び縮みするらしい。

この度『おばあさんと服つくり、おじいさんのお昼ご飯』企画で生まれたワンピースパターンで、
秋冬素材のワンピースの展示を行います。ウール素材の定番の一着になるかと思いますよ。
お待ちしております!ぐふふふ。







2015 9/28 mon「種さん、種さんへ手紙を書くの巻き」

9/28イメージ 3.jpg 種さん

いよいよ待ち望んでいました!種さんとodoこと濱田久美子さんの展示ですよ。
本日は、搬入ということで、原っぱに朝から集合。秋の晴天なり。
一足先に届いている種さんが集めている種さんたちをまじまじ眺めて、
うわ〜〜んと、ハマと二人でいつまでも釘付け。はやく搬入を始めなくては!!と心では思っていても、
気持ちは、かわいいの〜んと、仕事にならず。
そんなこんなで、種さんは夜、仕事帰りに寄ってくれて、一緒に搬入準備を。
種さんが選んだ種さん30種を、ハマちゃんが切り絵にしていて、
種さんが、その種さんたちへ、小さなお手紙を描き添えます。
世界には種さんが宇宙ほどの数、あると思いますが、種さんの収集する種さんたちは、
私達が、小さなころ気づかずとも道のへりに、ちょこりんこと生えてるような草花や、、鼻息で飛びそうな種さんや、、
そんな、種さんの視線で選ばれた種さんたち。
ハマと種さんの視線は、なんだかとっても気負いなくて、ほのぼのしていて、
ふたりはどこか、よく似ています。

9/1イメージ 2.jpg

とにかく、大好きなひとたちに種さんとハマちゃんに会ってほしいです。
といっても、種さんは普段社会人男子なので、しょっちゅう来ることが出来ませんが、10/4,10/10に在店予定です。
odo ハマちゃんの在店日は、夕方までの日(9/30. 10/1.4.8.9)1日いれる日(10/3.7.10)です。
でも、ここにやって来た種さんたちを眺めることで、種さんの人柄がちゃーーんと伝わるはずですよ。
ゆっくり、秋の丘を愉しみながら、種種話や種さんで遊びたいですね。
わたくしも、ちょっと種さんで遊べる様なものを集めておきますね。

では、みなさん、種さんを拾って、丘に集合してくださ〜い
お待ちしておりますね〜

種さんイメージ 4.jpg
種さんイメージ 3.jpg

お話会のご予約は、tamaken@mac.com までお願い致します。
件名に「種さんお話会」と明記して、お名前、ご連絡先お知らせください。

在店日予定
種さん(10/4,10)
odo 濱田久美子さん/ 夕方までの日(9/30. 10/1.4.8.9)1日いれる日(10/3.7.10)です。






2015 9/27 sun「月の夜に」

『tracks』Arisa Kawai Exhibition 本日をもって終了致しました。

IMG_8970.JPG貝殻となりと名付けられた首飾り

数年前この光り粒たちが生まれた時、じぶん自信の心を浄化するために必要な作業だったと彼女は言う。
今はどうなんだろう、、この場所と彼女は、この二週間どんな対話をしたのだろうか。
揺らめいたり、静かに向き合う時間を、彼女なりにもって、この地を過ごせていたらいいなと願っていた。
相方もわたしも、作品が、と言うよりも彼女を眺めていた2週間だったのかもしれないな。
ここで初めて展示してくれた時に、たくさんたくさんの想いを語っていたからね。



月が見ていた。
9/27FullSizeRender.jpg

真夜中に、めずらしく目が覚めたのは、テンコさんが昨日言ったことばをふいに思い出したからで、
なんだか急に、涙がポロポロとこぼれて、じぶんでもびっくりした。のもとさんを側にして、いつもの調子で冗談まみれにテンコさんが言う、
『これからは、たまいさんが、こんなおばあさんを育てていかなあかんよ。いや、たまいさんがこんなおばあさんになっていかな、あかんよ』
テンコさん節のちょっとヘンテコな言い方だけど、バトンを渡すような言葉は、ちょっと前ならスルーした言葉だったはずが、
今宵は、満月の夜に目を覚まさせた。







2015 9/26 sat「 あるべき姿 」

IMG_9082.jpg

本日は、秋の『おばあさんと服づくり、おじいさんのお昼ごはん』no.1でした。
この度も、明るい笑顔さんたちが、わきゃきゃとお教室に響き渡ります。
今日集ったみなさんも、なんだか直ぐに打ち解け合って、、何でしょうかね、この活気ある優しい空気感。
企画した私達がまず、その空気に励まされる様に、今日がはじまります。
学園の紹介と、かるく自己紹介を順番にしてもらって、一日の流れをお伝えしいざ始まります。

IMG_9032.jpgIMG_9034.jpg

まずは、生地の裁断の実演を。ワンピースの内側はロックミシンで始末するのですが、はじめて使う方は、ドキドキです。
てんやわんやですが、だんだんワンピースのカタチが見えてきましたよ。
そしてこの度も、現役洋裁の生徒さんにお手伝い頂き、大変助かりました、、感謝感謝です。

IMG_9057.jpgIMG_9069.jpgIMG_9056.jpg
IMG_9049.jpgIMG_9058.jpgIMG_9054.jpg


そして、待ってました!
IMG_9063.jpg

たけひろじいさんのお昼ご飯です。
栗ごはんやら、唐揚げやら、とろろやらやらやら、秋の恵みの食卓を皆で囲みましたよ。
栗ごはんも山盛り炊いてくれていて、おかわり〜と言う声が響きます。
おかわり〜、豊かな言葉ですね。
おやつには、のもとばあちゃまがでっかい栗の渋皮煮を作って来てくれてました。
今日の準備で、昨晩までバタバタと忙しかったと言うのに、こんな風に季節のおやつまで作ってくれていて、
その優しさと馬力に、ばあちゃん、じいさんにはかなわない、、尊敬のため息。

IMG_9067.jpgIMG_9065.jpgIMG_9064.jpg
この度も、たけひろじいさんのヘルプ隊が気持ち良くお手伝いしてくれました。感謝です、、、、、、

お腹も満たされ、いざ集中、作業を再び開始。
そしてみなさん最後には、この笑顔。
おばあちゃまふたり、わたくしめも、ほっとした瞬間です。
秋の色のあたたかなワンピースさんたちが、原っぱで弾みます。

IMG_9091.jpg9/26IMG_9080.jpgIMG_9071.jpg

IMG_9079.jpg
みなさん、仕上のしまつの宿題を残しつつ、試着してもらいましたよ。よく似合ってます!
ぜひ、仕上げて丘に着て来て下さいね。分からないことがあれば、おばあちゃまに聞きに来て下さい。

さてさて、次回はどんな笑顔に会えるでしょうか。
お待ちしておりまーす〜

しかしながら、清らかな光景やな、、、、




そして今宵は十五夜の一日前ということで、
yumiyanことあめつちヨーガの『満ちてゆく月の下、月礼拝とヨガニードラ』を夜の原っぱで教えてもらいました。

IMG_9094.jpg

土草の匂い虫の音と柔らかな闇に大きく包まれ、今夜この月の下で、集ることを約束されていたように、
夜空を見上げ、土に草に安堵に横たわります。
ぶ厚い雲がカタチを変化させ流れてゆく風景と体が次第にひとつとなりて、その声に導かれリズムを合わせてゆきます。
今宵は輝かしい月が、ひとつのお芝居を演出しているかの様に、顔をのぞかせては隠れ、のぞかせては隠れ、、
最後には、体の中までも透き通る様な息が流れていて、瞼をひらけば夜空にぽっかり月が浮かんでいました。
そんな月夜にシェアされた言葉を、ここにも記しておきたいと思いました。素晴らしい夜でした。

オライア・マウンテン・ドリーマー(ネイティブ・アメリカンの長老の言葉です)



招待

あなたが生活のために何をしているかは、どうでもいいことです。
私はあなたが何に憧れ、どんな夢に挑戦するのかを知りたいと思います。
あなたが何歳かということも関係のないことです。
あなたが愛や夢や冒険のためにどれだけ自分を賭けることができるか知りたいのです。

あなたがどの星座の生まれかということもどうでもいいことです。
あなたが本当に深い悲しみを知っているか、人生の裏切りにさらされたことがあるか、
それによって傷つくのが怖いばかりに心を閉ざしてしまっていないかを知りたいのです。

あなたが、自分のものであれ人のものであれ、痛みを無視したり、簡単に片づけたりせずに、
それを自分のものとして受け止めているかどうかを知りたいのです。

また、喜びの時は、それが私のものであれ、あなたのものであれ、心から喜び、夢中になって踊り、
恍惚感に全身をゆだねることができるかどうかを知りたいのです。
気をつけろとか、現実的になれとか、たいしたことはないさなどと言わずに。

私はあなたの話すことが本当かどうかには関心はありません。
私はあなたが自分自身に正直であるためには、他人を失望させることでさえあえてすることができるかどうかを知りたいのです。

たとえ裏切りだと責められても、自分自身の魂を裏切るよりはその非難に耐える方を選ぶことができるかどうかを。
たとえ不実だと言われても、そんな時にあなたがどうするかによって、あなたと言う人が信頼に値するかどうかを知りたいのです。

私はあなたが本当の美がわかるかを知りたいのです。
それが見た目に美しく見えない時でも、毎日そこから本当に美しいものを人生に汲み上げることができるかどうかを。

私は、あなたがたとえ失敗しても、それを受け止めてともに生きることができるかどうか、
それでも湖の縁に立ち、銀色に輝く満月に向かってイエスと叫ぶことができるかどうかを知りたいのです。

あなたがどこに住んでいるか、どれだけお金があるかはどうでもいいことです。
それよりも、あなたが悲しみと絶望に打ちひしがれ、どんなに疲れ果てていても、
また朝が来れば起き上がり、子どもたちを食べさせるためにしなければならないことをするかどうかを知りたいのです。

あなたが誰を知っているか、あなたがどうしてここに来たかは関係ありません。
私とともに決してひるまずに炎の只中に立つことができるかどうかが知りたいのです。

あなたがどこで、何を、誰と勉強したかはどうでもいいことです。
私が知りたいのは、皆が見捨ててたった一人になった時、あなたの内側からあなたを支えるものは何かということです。

私はあなたが自分自身としっかり向き合い、
その何もない時間の中にいる自分を心から愛しているのかどうかを知りたいと思っているのです。

オライア・マウンテン・ドリーマー(ネイティブ・アメリカンの長老の言葉)








2015 9/25(金)「tracks」

IMG_8969.JPG

『tracks』Arisa Kawai Exhibition
2015/09/16(wed)〜27(sun) at SEWING TABLE COFFEE

最終日は17時までの展示となります。作家毎日在店しています。






ソーイングギャラリーでも素晴らしい展示がされてますよ。

LINE'S LAND MARKET カクシカ モノとコトバ
IMG_8987.JPG

ごらん、空と海を分つ移り気な水平線たちを。とじ込められた瓶の中ではなす術もないさ。







2015 9/24 thu「コスモスの小道」

IMG_9031.JPG

今年は、やっさんが支柱を立てしっかり支えてくれているので、裏の畑のコスモスが、太陽にどんどん向って咲き誇っていて、
ソーイングテーブルの小窓からそのコスモスを見つけた人達は、うわ〜〜〜と声をあげ喜んでいる。
やっさんの愛だな〜〜






2015 9/23 wed「貝殻となり」

こちら吉田次朗さんのさくひん。どっしり構えている女性。
今朝小さな羽を拾ったので、えだんちゃんが作ってくれたうで輪にその羽をさしたら、インディアンになったよ。


IMG_9030.JPG

ちなみに『貝殻となり』は、『貝殻と成る』という意味を込めていて、
そして、いつもじぶんの身に添うじゅず玉も、花言葉に『成し遂げられる想い』と言う意味をもっている。
夢や想いを、いつもいつまでも、抱いていたいという、こころ内のはなし。








2015 9/22 tue「おもむくままに歩く」

FullSizeRender.jpg

朝一、nagaiさんのお墓参りへ皆で行ってお茶してから、その後解散。
わたしは、ぷらりと海岸沿いをおもむくままに、散歩。
最後には、
うわあ〜〜〜秋のはじまりやと言うのに、
また日焼けしてしもた〜〜〜と、
美白は夢の又夢。ひとり反省会。
いつもの様に、馴染みの海辺やはじめての砂浜で小さな貝殻を拾いあつめる。
そう言えば、いつ『貝殻となり』という言葉が思い浮かんで、
じぶんの大事なことばになったのだろうか、、とふと想う。
自然と波に逆らうことなく素直に揺られかたち創るその美しさユニークさに、
じぶんの眼差しを照らし合わすことができた、その言葉を見つけることができたことは、
とてもとても大きなこと。
この先も、ときどきこうやって、さまざまな海と出会っては、貝殻を拾いつづけるんだろうな、、と想いながら、
たわいない風とそっと語らい、ただただひとりぼーっと至福の中で散歩していた。






2015 9/21 mon「慎ましやかで陽気で、秋の太陽と同じくらいに、ただただただ」

9/21FullSizeRender.jpg

第5回目のjamjamjam音楽祭が、今年は関東の仲間たち主催で鎌倉で行われた。
それで、もう出演者の1番目から、がっつりこころを奪われてしまって、
さいごのさいごのさいごまで、素直な気持ちでその空気に中に、みんなが浸ることになる。
なんでこんなにも包まれる様な時間が、色あせることなく、続くのだろうか、、
たいせつに抱いていたいことだけが、そこにシンプルにくっきりと浮かび上がって、
誰かを励まし、自分を励ましたことだろう。
みんなが笑い合うその笑顔を思い想像しながら、
今日の様な毎日が誰もの中にありますように、、と
祈りたいきもちで、口を大きく開いて声に出している、
その響きが、冷めることなく体の中を温めつづけてくれる。

来年の9月は、星ヶ丘でのjamjamjamを予定しています。
ホカホカと又その日を待ちたいですね。







2015 9/19 sat「 明日の朝はツヤツヤの無花果ジャムを食パンにのせて食べよう 」

9/19イメージ 5.jpg9/19イメージ 3.jpg
9/19イメージ 4.jpg9/19イメージ 1.jpg

今朝は、クールさんの原っぱ保存食のワークショップでした。
本日は、無花果ジャム作り。とてもシンプルな作り方ゆえに、
長年食にたずさわるクールさんの本格派な美味しい美しいコツを合間あいまで教えてもらい、
知らんかったわ〜知らんかったわ〜の連続。
ほんじつの試食ランチは、カレーライス!!無花果ジャムのチャツネを、
カレーライスにトロンと入れて食べるその味を、想像してみて下さい。
ヨダレ〜
次回は、11/11wed 11時〜 原っぱにて。 新生姜の甘酢と紅ショウガ作り 詳しくは催し頁ご覧下さい。



夕刻からは、原っぱでの雨土ヨガでしたよ。秋の風となって、ほんとうに心地よさそうでした。
そして9/26(土)は、十五夜の一日前で、18:00からヨガを行います。
満ちてゆく月の下、月礼拝とヨガニードラを練習します。(90分)
ヨガの後に一品持ち寄りのごはんをしませんか。ごはんからの参加もウェルカムです!

18:00〜ヨガ:19:30頃には月の下でみんなで持ち寄りごはんを予定しています。

場所  : ソーイングテーブルコーヒー中庭あたり 原っぱでのヨガとなります。
参加費 : 2000円 (1ドリンク付き)
持ち物 : ヨガマット(ゴザやバスタオルでもOK)、タオル
ご予約 : icigiku@gmail.com

*動きやすい服装でお出でください
*外でのヨガとなりますので、日が暮れると寒くなることが予想されますので各自防寒できる服装•グッズ
(ブランケットや首巻き帽子など)でお越しください。虫除け対策も各自でご用意ください。







2015 9/18 fri「 ふりそそがれるものたちへ 」

9/16イメージ.jpg おとうと丸太郎

この季節は、朝の珈琲まで、そのへんのぬくぬくしたのんにもぐり込んで、
ぬぼーーーとしてます。
のそのそとやつらがやってきて、どっかにはさまってきよるんです。
ぬぼーーーといっしょにします。




納屋では、
この石は何?この実は何ですか?と言う会話が交わされて、
乙女たちがキラキラ瞳を輝かせています。

9/16イメージ 2.jpg
輝きのシャワーを浴びにくるとよいです。


『tracks』
Arisa Kawai Exhibition
2015/09/16(wed)〜27(sun) at SEWING TABLE COFFEE








2015 9/16 wed「 tracks」

いよいよはじまりましたよ。実物を手に触れてください。

9/16イメージ 1.jpg

『tracks』
Arisa Kawai Exhibition
2015/09/16(wed)〜27(sun) at SEWING TABLE COFFEE

初めてこの場所に出会ってから、5年が経ちました。
自然物を使った作品を制作し始めて間もない頃です。
この場所はいつ来ても、「そのままで良いんだよ」と言ってくれるように感じてきました。
5年ぶりにここで展示ができる事が決まり、これまで制作してきた作品と、
これからの新しい一歩になるような、そんな作品を見ていただければと思います。
足跡でできた小道の様なものを形にできればと思います。kawai arisa









2015 9/14 mon「余韻」

9/14IMG_8813.jpg 丘のじゅず玉はぷっくりしている。

今年も、丘のじゅず玉が、一足先に、まずは8粒収穫出来た。
まだまだ、青々した玉が実っているので、今年も冬の頃、たくさん収穫出来るはず。

9/14IMG_8803.jpg

こちらは、以前シーちゃんが持って来てくれた風船唐綿(ふうせんとうわた)が綿帽子の種をつくり、
今まさに、目の前で風に吹かれ旅立つ瞬間。手の中におさまるほどだが、感動的で美しい世界。


そうこうしながら、昨日までの展示の片付けをしつつ、
数枚の展示の感想を読みながら、、そのまっすぐな気持ちに、あらためてこの二週間を想い返す。
あ、、、やれてよかったな、、と静かに想う。
10のかたがみは、ささやかで、この場所での展示はもしかして、とても個人的だったかもしれないが、
もうそれぞれが、ちゃんとじぶんの世界を創りはじめていて、やわらかな輝きは、それぞれの速度を知り、揺るぎなく放っている。
今回の展示は、そんなつかの間、今のじぶんの足下をそっと見つめる、きっかけのひとつとなっていればいいなと思う。


夕刻、納屋で、詩人 西尾勝彦さんが編集人の、旅人と詩人の雑誌「八月の水」を読み返す。
わたしも、この3冊に、旅紀行や詩など、少し載せてもらっていて、
ここに記してもらっているものは、自分にとっても、たいせつでたいせつで、けっして忘れたくない、、
そんな気持ちを綴らせてもらっている。
そして、今年4冊目に記載していただくものを、今書いていて、もう実はとっくに提出期限が過ぎているのだけど、、
透明に流れつづける水のごとく、素直なことばをすくい上げるように書けたらいいな。
今日の納屋は、じぶんの中の静けさを見つめるじかん。

9/14IMG_8812.jpg

旅での事柄、そして日常から生まれた詩、誰かの思いや言葉にふれることは、
日々や記憶、そこから先を見つめるきっかけとなります。
この本を手にして読み終えた後、思いをめぐらす旅人または詩人が、ひとり、ひとりと増えることを願います。
特別ではない、かけ離れたことでもない、身近なことを綴る言葉が流れあふれる時代につづく一冊。
この本は、大きくなくとも確かな声で「人」を伝え、感じさせてくれる本だと思います。

〈本文より〉
「八月の水」という雑誌を、作ることにしました。きっかけは、東北大震災と、その後の混乱でした。
これから、どんな時代になるのだろう、と不安になりました。
でも、しばらくすると、これからは、こんな時代になってほしいと願う方がよい、と考え方が変わってきました。
そして僕は、直感的に、「旅人」と「詩人」が見直されるような時代になってほしい、と思ったのです。
目先の利益ではなく、はるか遠くを見つめる「旅人」と「詩人」の存在が、今後、重みを持つはずと思ったのです。
彼らのまなざしの強さ、そして優しさによって、少しでも時代がおだやかになればと希望しています。
僕にとって「八月の水」は、ありありと実在しています。その水源には、いつも快い風が吹いています。
西尾 勝彦





2015 9/13 sun「星々の集るところ」

9/13イメージ.jpg

今宵は、ソーングギャラリーでの展示の陶芸部のみなさんと、
ソーイングテーブルでの展示『かたがみ』参加の、もとソーイングギャラリースタッフらとの、
合同打ち上げ会でした。今夜ぐうぜん居合せた人達も一緒に参加して、
いつものごとく、手作りの美味しいものを持ち寄って、歌ってダンスしてズッコケて、この丘らしいやわらかであたたかな時間。
それもそうで、陶芸部もsewingチームも、10数年もの古くからの繋がりの中にあって、
気づけば、小学生だったこどもたちが、中学生になっていて感慨深く、子供も大人も、
この空気のなかで、素直に無邪気に今も昔もなんら変わることなく、やわらかな時間を囲むことができる。
偶然だったのか、必然だったのか、約束されていたような時間を過ごすことになる。
それぞれが、このささやかあたたかさを持ちかえって、明日へ繋げてゆくことだろう。






2015 9/12 sat「ぐふふ」

昨日の草織りが裏庭のトタン下で揺れている。
なんて気持ち良い風景なんだろう、、昨日のみんなの笑顔が浮かんだので、写メを届ける。

9/12IMG_8782.jpg

そして、そのかたわらで、jamjamjam音楽祭の練習をするひとたちがいて、
9/12IMG_8787.jpg


ギャラリーでは、思いつくでっかい字を墨で書いて遊んでいる。

9/12IMG_8790.jpg9/12IMG_8791.jpg
ぐふふ。
おしりをぷりぷりさせながら、書かせてもらった。






2015 9/11 fri「タテガミ」

9/11IMG_8715.jpg SO SEA tategami

もしネイティブインディアンの世界にいたならば、
酋長は「笑う声を歌にして踊る女」と名付けたであろう彼女が、満面の笑顔で朝一目の前にあらわれた。
それで、「笑う声を歌にして踊る女」は、風にタテガミが揺れ動くようなこのSO SEAのパンツを颯爽とスキップするように迎えに来た。
木漏れ陽の中で、体を弾ませ、のびのび動く手足を眺めていると、
これはいつぞや、タテガミ揺れるこのパンツから、しっぽまでもが、生えてくるかもしれないな、と想像できた。
この人に、はいてもらいたかった、、とよろこんでいる。
うれしくて、うれしくて。


9/11IMG_8773.jpg

さて、きょうは、12月の展示のふんわりやんわり打ち合わせと言いましょうか、、
手織りのアユちゃんとweltユキンコちゃんと、そして約束を交わさずとも(笑)
ちょっこりと集合してくれたゆみやんちゃんも合流。
アユちゃんが、この丘での展示をイメージして手織りしてきてくれたそのふくよかさに、もう一同感動。
今回、アユちゃん自身もこの場所なので、あらたなこころみの織りも織ってくれていて、
一緒に表現してくれるweltのユキンコちゃんの香りも、いや今回は『匂い』も、と彼女は表現していて、
みんなが、そのくるまれる様な日を待ち望んで、イメージをふくらませ創ってゆく。
さあ、愉しみに待っていましょう。
そんな流れで、その期間にアユさんとシェアワークが出来たらいいな、と思っていて、
こんなのはどうかな〜なんて言いながら、自然と今日あつまった無邪気な手が遊びだす。

9/11IMG_8724.jpg
かろやかに草風になびく人たち
9/11IMG_8777.jpg9/11IMG_8727.jpg9/11IMG_8763.jpg

草のいい匂い。美しい光景、、と言いたいところですが、蚊と戦っております。ハイ。
自然の中での遊びには、ぜ〜〜んぶ大らかでいかないと、やってらんないのです。
とは言え、たのしくてたのしくて、夢中です。

9/11IMG_8771.jpg
草織りをする
9/11IMG_8729.jpg9/11IMG_8774.jpg
SO SEA オキーフの衣を着てくれてるWELTさん。その人の存在が衣を生かしてくれている。もう自分の手から離れてかっこよかったな、、、ほんとに。
その人の中で、はぐくまれる衣。胸をはって、そんなものが縫えたんだ、、と言える喜び。

イメージすることからはじめよう
9/11IMG_8780.jpg
編み込んだものを、タテにしたりヨコにしたりぶら下げたり。こう居たいな〜と草たちがいう。
9/11IMG_8785.jpg9/11IMG_8744.jpg9/11IMG_8730.jpg
相変わらず、わっるい企んだ顔やな〜
12月のシェアワークになりますが、お愉しみに!



あ、こんなところに生息していたのか!
9/11IMG_8781.jpg
天然記念物 yanyan 発見!





夜は美味しいのんをまんぷく食べたねー
例の白胡麻の美容健康の話で大いに盛り上がる。季節も移りゆくしツルツル潤い目指したいものです。
9/11IMG_8776.jpg9/12IMG_8769.jpg
そしてまた、モリモリ食べて、、、、、







よし、
この丘の実や葉や小枝をビーズにして繋げてレイをつくろう
繋げていったらいつか100のレイができるはずだ
そしたらそのレイにぴったりの100のサンドレスをつくろう
きっとそのドレスを着た人は踊りだすだろう
100の踊りだした人に、だれかが花をさしだすだろう
花をもらった100の人はうれしくなって、ラララと歌いだすだろう
ラララの次に、約束を交わすような大事なことばをだれかがつづりだすだろう
そしたら100のことばが歌になったとき、だれかがウクレレをポロンとするだろう
そして100のメロディーが流れはじめるだろう
奏でる100のメロディーは、雨音となり樹々の揺らぎとなり風のささやきとなるだろう
この丘の一番大きな木のてっぺんで鳥が元気に鳴いているあいだ
その大木の根元でレイを繋げつづけることにしよう
樹々からこぼれる実を拾いあつめながら
今日

そう思ったのだった



『Lei』 text/ tamaiemiko







2015 9/10 thu

9/10IMG_8716.jpg

ナナコせんせいのヨガランチまたまたありますよー
こころもからだも、満たされるひと時になるでしょう。
定員がございます。ご予約ねがいます。








2015 9/9 wed「 ヤッホーヤッホー」

かたがみ6
9/9IMG_8666.jpg9/9IMG_8554.jpgumeda tadashi

デザインに関わる仕事と玉造beyer(バイエル)の店主でもある梅田くん。
時代の中で泳いでる様にも見えるし、もがいてる様にも見える、
その常に新鮮な風貌は、きっと仲間たちも彼を眺めていて面白いだろうな、と想う。
時おりつぶやく、こんな素直な言葉粒みつけては、
本当の正体を探ってみて今日の彼を想ったり、新しい時代を想像したり、懐かしんだり。



かたがみ7
9/9IMG_8601.jpg9/9IMG_8675.jpg kaori honkawa

もとソーイングギャラリーのスタッフであったきなこちゃんは、
今は会社員をしていて、他のメンバーの様に作家活動をしている訳ではないのだけど、
この場所で仲間や様々なことと出会い、自分らしさを見つめてきたひとり。
どうありたいのか、、タカラモノのようなことに気づきはじめていて、
そっと自分のかたわらで、お守りのようにあるべきひとつの作品が今回うまれた。
この絵があることで、もう迷うことなどひとつもない。
そんな自信が彼女がこの作品を持って来た時に伺えて、言葉をうまく返せないほど、かっこよかった。
そんなものが、誰もの中にあるといいな、、と
わたしは、きなこちゃんの作品を眺めて、胸がいっぱいになったのです。
この作品は彼女の側で一生あるもの。




かたがみ8
9/9IMG_8672.jpg9/9IMG_8671.jpg「優しい記憶」/大地を思いながら Nanae Hama

2000年に美術作家の永井宏さんと出会いワークショップに参加したことで「表現する」ことを
知りました。ただ縫って作るだけではなく、思うことを形に表現することが出来るのだと。例えば
花が綺麗ということ一つにしても、人それぞれに綺麗の概念は違い、花にまつわる記憶も違います
自分にしかない形を探すこと、それはずっと思っている「自分の言葉を持つ」ということとも一致
しました。表現することは人間の生活のとても近くにあることなのだと、永井宏さんは教えてくれ
ました。作家活動をはじめるきっかけは永井宏さんとの出会いです。鞄の縫製や技術は独学です。
初めは無意識に作っていた鞄でしたが、人の生活と鞄というものが寄り添った大事なアイテムなの
だと気がつきました。毎日の仕事、生活に必要なものを包み運ぶための鞄。そこから「包む」こと
を大切に考えるようになりました。鞄はその人の人生に寄り添っているのだと思うと、それならば
その人が生きている生活を大気のように大きくゆったりと包める鞄が作りたいと思い、大切な仕事
として鞄を作り続けています。
浜七重 HPプロフィールより

9/9IMG_8681.jpg
語りだす鞄。手に包みこんだとき、ふわっと透明な空気にぽっと浮く様な感覚。
その感覚に噓はない。





かたがみ9
9/9IMG_8677.jpg9/9IMG_8572.jpg 畑尾和美

一本の糸が、どれだけしなやかで強いのか。
かずみんの作品をずーーーと眺めていて知りました。
お母さんにまもなくなるかずみんの、そのひとときの、貴重な手作業。
愛にあふれていて、涙が出るくらいに、ささやかであたたかい、、





かたがみ10
9/9IMG_8580.jpg tamai kenji /when the ship come in

わたしが、叫びたいのは、
ながいさ〜〜ん!!
あなたに見せたいから、意地になって無気になって、なんのこっちゃわからんと、
相方は、古木で、もう何年も船を作りはじめました。
100作れ、200作れ、300作れ、400作れ、500作れ、、、

わたしは想像します。
相方が、100才になったとき、
もしもその時、二人でいても、一人でいても、
その答えを知らないふりして、
なんのこっちゃわからんな〜と
笑って、まだ作っていれるような、気がします。



なんだか言葉を綴りたくなってきました。

「10のかたがみ」
誰かに宛てた、手紙でもあるのかもしれません。

お元気ですか?
みんな元気ですよ。


9/9IMG_8539.jpg

SEWING TABLE COFFEE 企画展
「10のかたがみ」 at SEWING TABLE COFFEE

2015 9/2WED 〜 9/13 SUN

中島恵雄梅田唯史畑尾和美、高階恵里子、濱田久美子、
浜七重中西裕子、本川香織、玉井健二玉井恵美子

元ソーイングギャラリーメンバーが、時を経て「今の自分自身のかたがみ」と題して、
自分なりの今を表現をしてくれてます。
展示は今週いっぱいです。作品もご購入いただけるものもあります。
ぜひご覧ください。






2015 9/5 sat「 オーーイ〜オーーイ」

かたがみ3
9/5IMG_8563.jpg 青写真(日光写真)による作品/nakajima eyu

この丘の上には、海の家と、山の家が、ある
丘の上の、海の家には、まだ海はなく
丘の上の、山の家には、まだ山はない
けれど
悠々、風にまかせ、姿となる貝がらを、見つけることができる
側にある大木は、ざらざらとした樹皮をまとい、太くどっしりとしていて、
幹ほどの枝は、遠くまで青々させている
根元は、さらに丘の大地を四方に張り広げて、
すべてを強くしずかに包みこんでいるようだ
樹々が揺れ触れ合う音は、
波の音と同じだということに、もう気づいていて、
空の雲は、手を伸ばせば、すぐに手のとどく場所にあった
まだ海はなくとも、海の人がいる
山はなくとも、山の人がいる
海の人が行き交い
山の人が行き交う


以前こんなtextを書いたことがあって、
そのころのギャラリーは丘の上の山の家で、ソーイングテーブルは丘の上の海の家
みたいやな〜なんて、だれかと話していたことがあった。
ちんぷんかんぷんな話だが、イメージできる風景は、同じものを想像し眺めることが出来たのかもしれない。
そんなことに何と無しに気づいた創造者は、
ときおり、この丘にくじらを泳がせた。
でっかいくじら。小さいくじら。中くらいのくじら。
そのくじらたちが、悠々泳ぐ姿を見つけては、
『オーイ!オーイ!くじらが又この草海にやってきたど〜〜』大空に向って叫びたくなる。

そして、こんかい又この丘の海の家から、
くじらを眺めることができる。
nakajima eyuくんのこころの海から
泳いできてくれた、くじら。





かたがみ4
9/5IMG_8584.jpg 切り絵 hamada kumiko

とにかく、目の前で見上げてほしいです。
言葉は、その後からよせてはかえす、波のように、、





かたがみ5
9/5IMG_8559.jpgAO/食卓を愉しむひとつとして側にあるもの。ふんわりしたエプロン。

今夜は、あるいつもの家で、なじみの顔が集って、焼き鳥ごはん会でした。
そこに、ずらんと並んだおかずは、
AOさんのこのレシピ本からのメニューばかり。
美味しい〜かんたん!美味しい〜かんたん!
おおさっぱのようで、まじめで、おおざっぱのようで、まじめで、
そんな魅力が、このAOさんのレシピ本にも、作るエプロンにも、あらわれています。


AOさんのレシピ本の中から、わたしの大好きなおやつをひとつ紹介
さつまいもとリンゴのクリームチーズグラタン

さつまいもとリンゴを薄くスライスして、
クリームチーズと生クリームときび砂糖をまぜたものをかけて
オーブンでチン!

うまいんだぞーほんとうまいんだぞー
詳しくは、My Dining / AO  :BOOK LORE出版 お手にとって下さい!




IMG_8622.jpg9/5IMG_8623.jpg9/5IMG_8625.jpg食いしん坊 猫ハマダ
美味しいもんを囲むと、こころがゆるんで又おもろい企みが湧き上がって来ます。
うしししし〜
9/5IMG_8611.jpg









2015 9/4 fri「 何を想いだしたのか、聞かせてほしい、かがやくはなしを

かたがみ1
9/4IMG_8609.jpg 手作り無花果ジャム/takashina eriko作/550yen

今朝の食パンを楽しみに、あったかい珈琲も用意して、さあ、おはよう!いただきます!
「10のかたがみ」参加の takashina erikoさんの手作り無花果ジャムをたっぷりたっぷりぬって、パクリ!
無花果王国、愛知から美味しい無花果を取り寄せての、じっくり丁寧に作った爽やかなジャム。
瓶には丘のじゅず玉がちょこんと。shinaちゃんならではのセンスが光ります。
旬の味をそのままに、気負うこと無く日々のたわいない食事が、自分自身の輝きを放つ、
とてもシンプルで、大切なこと。
shinaちゃんの日々からうまれた季節の味をぜひどうぞ。あなたの食卓にも。
ほんとうに、心に染みる季節の味なんです。
9/9追加で入荷予定。




かたがみ2
9/4IMG_8545.jpg SO SEA Lei / tamaiemiko

SO SEA という言葉は 自分がいつも立っているこの丘で
さまざまなことが響き合って ふと生まれた言葉です
ここには小さくともすぐ側で たくましい自然が存在していて
季節があり 人と又それ以外の生きものが分かち合って 存在します
眺める先には 草や樹々が なにくわぬ顔で悠々と揺れていて
耳を澄ますと 海の波の音と草のなびく音は同じなんだと
遠い記憶と結びつけるかのように気づかされます
その瞬間 素のままであることの大切さを知ります
この草海には 素直な風があたりまえに吹いています
自分は そんな風をはおるようなものを肌で感じ 仕上げることで
自分と向き合ったり 確かなことを確認してゆきたいのかもしれません
そして そんなささやかな想いは また誰かに響いて
気持ちよい眼差しへと 共に繋がってゆくような気がします

 With the sea in spirit
 いつもこころに、海を、、


今回の「かたがみ」では、先日うまれたSO SEAのパンツを展示しています。
角や貝殻や季節の風や骨、そんな自然物や風景、生き物をイメージしたとき、
ざざーと生地を自由に大胆に裂いて、真っ白な素のまんまな気分のパンツが生まれました。
遊び心があって、じぶんにとっては、とくべつな想いが溢れます。
足を通して頂いたら、その軽やかさに、笑えてくるかもしれません。
この先も定番でずっと側にあり続けるこのパンツ。
風になびく意思あるものへ。
tategamiタテガミ とこのパンツに名前をつけることにしました。





2015 9/2 wed「 日々を想像する事から表現を楽しみ、自分たちの言葉で書いたり読んだり唄ったり創ったり、
自分らしい毎日をうみだすことをはじめてみてはどうだろう」

SEWING TABLE COFFEE 企画展
「10のかたがみ」 2015 9/2WED 〜 9/13 SUN at SEWING TABLE COFFEE

9/2IMG_8587.jpg

 中島恵雄、梅田唯史、畑尾和美、高階恵里子、濱田久美子、
 浜七重、中西裕子、本川香織、玉井健二、玉井恵美子 

2003,2007年、元ソーイングギャラリーのスタッフ9人が、星ヶ丘で見つけた事柄を机の上で形に表そうという企画展「9つの机」が行われた。
あれから7年、今自分たちがいる場所でそれぞれが見つめてきたものを「机」から「かたがみ」にカタチを変えて表現します。

9/2IMG_8562.jpg9/2IMG_8560.jpg9/2IMG_8571.jpg
9/2IMG_8586.jpg9/2IMG_8550.jpg9/9IMG_8666.jpg
9/2IMG_8556.jpg9/2IMG_8538.jpg9/2IMG_8558.jpg
日々の中にありつづけてほしいこと。

9/2IMG_8535.jpg


でも、僕は知っています
それでもまだみんなが忘れずにいることを
だから、僕は見つめ続けています
変わることのない光や風の中を
そして、僕は待っています
遠くの方からやってくるのを
でも、最初にやらなくてはいけないのは
まず自分が大きく口をひらくこと n,h

9/2IMG_8561.jpg 砂浜のボートもしくは偶然の一日 / nagai hiroshi

そして、さいごにこの作品を並べて、この企画の搬入完了!
それぞれの「かたがみ」をご覧ください。
あー永井さん、今この納屋を眺めて、
どんなメロディを奏でるの?
聞いてみたいな。







2015 8/31 mon

8/31IMG_9001.jpg

雨音と鈴虫鳴く丘で、本日ナナコせんせいランチヨガでした。
気持ち良いヨガのあとの、こころもおなかもまんぷくまんぷく〜






明日から月が変わります。いろいろとお知らせです。


ワークショップ参加者を募集致します!
「星ヶ丘洋裁学校 繕い教室 企画」NO.2

繕いイメージ 2.jpg

こちらのワンピースを仕上げます。フリーサイズです。モデルH160cmくらい
9/1IMG_8863.jpg9/1IMG_8835.jpg
9/1IMG_8851.jpg9/1IMG_8860.jpg


『おばあさんと服づくり、おじいさんのお昼ごはん』
ー1日でワンピースを作るワークショップー

繕いイメージ.jpg

星ヶ丘洋裁学校は、昭和23年に設立された自然に囲まれた木造校舎の洋裁学校です。
「自然の中で 自分らしく 共に学ぶ」その概念をたいせつにしつつ、
服つくり、物つくりの楽しさを、この度体験していただければと思っています。
学園内ではさまざまな文化活動も行っておりますので、ぜひこの機会に星ヶ丘洋裁学校へ遊びにいらしてください。


日時 :2015.9/26 sat *26日は定員になりました。ありがとうございます!
    2015.10/3 sat  
    各回 10:00-16:30(ランチタイム12時半〜約1時間)
場所 :星ヶ丘洋裁学校/繕い教室 573-0013 大阪府枚方市星丘2-11-18 星ヶ丘洋裁学校
内容 :おばあさんと一緒にシンプルワンピースを1日で仕上げます。
    初心者でも作っていただけるレベルです。ぜひ洋裁体験をしてみて下さい。
    お昼のランチをおじいさんが作ってくれます。みんなで一緒に愉しく食べましょう。
募集人数 :各回 8名
参加費  :7000円(ワンピース講習代+お昼ごはん代)生地代別
持ち物  :ワンピースにしたい生地をお持ちください。
      素材は/薄手ウール地(多素材の混合可) 無地に限ります。140cm幅以上:1m60 cmが必要です。
      生地を用意して頂くにあたり必要事項がございますので、ご参加予約時に詳しくお知らせ致します。
      洋裁道具(型紙、ミシン、裁ちバサミ、糸など)は、すべてこちらでご用意いたします。


お問い合わせ:tamaken@mac.com (担当:玉井)
*メール件名にて「繕い教室2/ワンピースづくり」と明記し、
参加希望日とお名前ご連絡先をおしらせください。







Tracks / 川井有紗展 kawai arisa

アリサイメージ 1.jpg
アリサイメージ.jpg

SEWING TABLE COFFEEでの展示は、あれから5年が経っていました。
川井有紗さんの又あらたな表現と出会えそうですよ。さあ、たのしみです!




詳しくはSEWING TABLE COFFEE EVENT頁ご覧下さいませ。







2015 8/30 sun「NAVY BAVY 」

8/19IMG_8749.jpg 父になるのですね。

中島恵雄 eyu nakajima
Installation   / at SEWING TABLE COFFEE 
2015.8/19 WED 〜8/30 SUN



本日で、男三人衆のNAVY企画が終了致しました。
SEWING TABLEにとっても初めての試みでしたが、様々な角度からの発見があって、よい経験でした。
男前でした、三人衆。
これはちょっとクセになりそうなので、又ふいに、あなたにもあなたにも、お願いに伺うかもしれませんが、
どうかオモシロがってやってください。足をお運び頂いたみなさま、ありがとうございました!







2015 8/29 sat「龍門ズBar」
9/1IMG_8968.jpg
裏庭でのリーハーサル/龍門ズ いつのまにかえゆうさんメンバーに巻き込まれてます。いつもそんな始まりです。
9/1IMG_8966.jpg9/1IMG_8970.jpg9/1IMG_8976.jpg



今年も穏やかな夜 龍門ズbarでした。無邪気な大人たち。かっこ好かったな〜
9/1IMG_8984.jpg
今回は、ハマちゃんがおつまみの準備を手伝ってくれました。感謝です。
茄子のまろんまろん、きゅうり塩昆布、枝豆 そしてネイビーNOBUうどん!
9/1IMG_8990.jpg9/1IMG_8988.jpg9/1IMG_8989.jpg
又らいねんの夏にー







2015 8/28 fri「明日は、ゴザにゴロンと夏の夜見上げてメロディー」

9/1IMG_8959.jpg こちらはあの人のlele帽

あしたは、龍門ズBARですよ。
どなたさまも、ふら〜〜とふわ〜〜とどうぞ。夏の終わりの原っぱで。

9/1IMG_8961.jpg9/1IMG_8951.jpg
こちらは注文していた相方のleleハットと我が家のleleトートが仕上がってきました。イイです、ほんとイイ。



8/29 sat
龍門ズBar
at SEWING TABLE COFFEE中庭にて。予約不要

17:00くらいからのんびりスタート fee:1000円(1drink付)
夏の夜、アコースティックなギターとほろ酔い月夜の下で、笑ったりうっとりしたり居眠りしたり。
NOBUうどんが、NAVYをキーワードにうどんを作ってくれます。

SEWING TABLE COFFEE 573-0013 大阪府枚方市星丘2-11-18 星ヶ丘洋裁学園内
http://tamazkue.sakura.ne.jp/pg1.html
open 11:00 - 18:00(月・火定休日)*8/29はイベントのため16:00閉店







2015 8/27 thu「 風景の中に立つ」

8/24IMG_8944.jpg

昨晩、我が家の猫が押し入れをごそごそして毛糸玉を引っぱりだして来た。
そんな季節がやってきたんだな。ときおり、ぺったり背中をひっつけて来て眠っている。
昨日は沖縄のハナちゃんたちと電話でお話して、10月に予定していた沖縄の仲間たちの展示を、
作戦会議をしていたらムズムズと面白いことが更に湧き上がってきたので、
あわてないで、もう少しじっくりじっくり時間をかけて創り上げよう!ってことになって、来春に予定を変更!
no problem!
皆でひとつのテーマに向って想像してゆく愉しみがふくらむ。
電話の向こうの声が相変わらず元気で、愉快をいつでもこころに持つその声に、親しみが溢れる。
勝手にハナちゃんとは似た人種と思っていて、だからなんだか、だいたいがどんなことを考えているのか、
どう動き出すのか、なんだか想像できる信頼感。
安心してやってくる季節をよろこんで待とう。

今日の丘は、夏の終わりを絞り出すかの様に太陽が粲粲と。
その風のなかで、ひとり草刈りをする。
待ってました!とばかりに一斉に蚊がやってきたが、来るなら来いや〜!と気合いをいれてのぞんだら、
多少かまれたが、ひとかきもしないで済むほど、かゆくもいたくもない。
自分は、自分に暗示をかけるのが上手なのかもしれない。
そうやって、何事も都合のいい風に言い聞かせて、思い込んで、
勝手に気分よくいる。まあ、調子が好くラクチンな生き方。

今日の夕空も素晴らしかった。
あの人の夕空は、どんなかな〜
あの子の場所の、夕空はどんなかな〜
あなたも夕空を見上げていたらいいなと想いながら、
今日も原っぱに立っていた。

8/24IMG_8942.jpg
シュロの風と名付けよう。うちわ。








2015 8/26 wed「シャオスー」

8/27A03.jpg
大年村の刺繍するおばあちゃんとシャオスー(19才のころ)

8/27B03.jpg
この世のものかと想うほどの壮大なお祭り。素晴らしかったな、、、、人も大地もひとつとなりて。
8/27B04.jpg8/27B06.jpg

10年近くぶりかな〜、小石(シャオスー)が、家族と共にこの丘にやってきた!
この丘にはじめて来たのは19才くらいだったかな。
キラキラ瞳は、あのころのまま!さらに大らかな輝きを増していて、
人って美しい、、、、
小石の里の話を、それでそれで、、と話は尽きない。


8/24IMG_8934.jpg
次はいつ会えるかなあ〜








2015 8/18 tue「 のこすもののこるもの 」

8/19IMG_8751.jpg8/19IMG_8754.jpg
8/19IMG_8757.jpg8/19IMG_8749.jpg

本当は、すっとひとりのなかで想像してほしい
たまらなくたまらなく、
こみあげてくるものに出会えた、よろこび
このひとは、やっぱりこういうひとなんやな
しんじることのできるしずけさ
おきざりにしていたことを、想い出した



中島恵雄 eyu nakajima
Installation   / at SEWING TABLE COFFEE 
2015.8/19 WED 〜8/30 SUN

中島恵雄 nakajima eyu
出版レーベル BOOK LORE(ブックロア)、オンラインストアー「雲の生まれるところ」、webデザインの仕事をする。
傍らで音楽活動をし、はたまた傍らで何やらかにやら頼まれる性分。
http://kumonokouba.com/abouts/










2015 8/17 mon「本を一冊、bagにいれて」

8/24IMG_8894.jpg8/24IMG_8898.jpg

家事を済ませてから、、ってな言い方をしたら完璧な主婦のように聞こえるが、
おまえ!遊びに行くんやったら、家のことちゃんとしてから行けよ!と念押しされて、
ちゃっちゃか行動。
昼から、ふらっと神戸へ。空がすっと高く風が気持ち良い。
bagの中の小さな本は、読む気配もなくお守りのように収まって、私と一緒に電車にゆられ居眠りをする。
神戸につくのは2時3時で、まずは喜八で少し遅い昼食をとるのがいつも。
人少ない水流るる音の静かな店内で、あのお弁当のフタをふわっとあけて、一人でニカ〜〜とするのが贅沢。
今日の目的は、モーニンのともちゃんが作ってくれたリュックを背負って、会いに。
また、かっけー姿を眺めて、満足して帰る。
元気に活動している友人の顔を眺めることのできるシアワセを想う。









2015 8/22 sat「夏の風、秋の風交わるところ」

8/22IMG_8835.jpg

本日、繕い教室2「おばあさんと服づくり、おじいさんのお昼ごはん」のDM撮影を!
大好きなお二人にモデルとなってもらう。コレまたイイ感じー
今回は、薄手ウール地で縫ってもらうよう秋冬用ワンピを提案。
ドルマン袖で、後ろ前のVネックの美しさが特徴的。
わたくし自身又この秋冬、ヘビーローテーション!で着るであろうワンピが誕生。



8/22IMG_8794.jpg
原っぱでは、朝一ヨガがあって、お昼からはシュロの大きな葉っぱでうちわ作りを!
龍門ズBARまでに、たくさん編んで、みんなに使ってもらおうかな〜
合間で、せっせと、がんばります。

8/22IMG_8795.jpg
まんまる、おおらかなうちわが仕上がる人
なっとく!







2015 8/21 fri「繕いの秋のワンピ」

8/21IMG_8783.jpg8/21IMG_8774.jpg 奥に見えますは、はちまきでいどむ、のもとばあちゃま。

昨日今日と、次回の繕い教室のワンピの試作縫いを、おばあちゃまたちと、行う。
ようやく、これで行きましょうーってのが縫い上がったので、
明日は、DM撮影につづく。今回のワンピは、薄手ウール地の袖付で、ネックラインが美しく、
どなたでも、きっとかっこ良く着れるベーシックなライン。またド定番間違い無しです。
近日、募集のお知らせを致しますので、もうしばしお待ちください。
ちなみに開催日は、9/26(土)と10/3(土)の2回を予定しております。





そして、ソーイングテーブルでは、えゆうくんの展示を眺めて、
ウルウルしてたかと思ったら、
8/21IMG_8778.jpg
踊るう〜〜〜






2015 8/19 wed「 Navy」

8/19IMG_8748.jpg


本日から中島恵雄さんの展示がSEWING TABLE COFFEEの納屋にて、はじまりました。
昨日の搬入は相方が立ち合ったので、
今朝、納屋の扉をあけた瞬間、
その鼓動が光りと共に飛び込んできます。
しばらく突っ立って
せめてひと言だけでも、今のこの気持ちを伝えずにはいれませんでした。

そっと、たくさんの方に見て頂きたいです。
そして納屋に流れる音色は、恵雄くんのギターのつま弾きです。



中島恵雄 eyu nakajima
Installation   / at SEWING TABLE COFFEE 
2015.8/19 WED 〜8/30 SUN


中島恵雄 nakajima eyu
出版レーベル BOOK LORE(ブックロア)、オンラインストアー「雲の生まれるところ」、webデザインの仕事をする。
傍らで音楽活動をし、はたまた傍らで何やらかにやら頼まれる性分。
http://kumonokouba.com/abouts/









2015 8/17 mon

8/9IMG_8616.jpg8/9IMG_8617.jpg

今年の夏休みも、もう終わりかー
さて、とと、、
次の季節の準備や、9月の展示のDMを郵送するなどなど、
秋の準備を、ちょっとづつ、しはじめるのであった。


katagami-HP.gif

今回のかたがみのDMは、相方が仕上げてくれました。なかなかイイですよ。







2015 8/16 sun「ヤモリが祝福の歌唄う家の中 a hawaii book of days

The gecko sings inside my home, blessing it.
8/16IMG_8667.jpg8/16IMG_8709.jpg 電車に揺られうつらうつら

こんな季節は、会いたいな、元気かな、、なんてよぎったら、
そんなことあんなことは、もうそっちのけにして、
すぐにすぐに、会いに行く方がいい。
勝手な解釈だと気づいているけれど、
会いたい、という気持ちに正直でいたほうがいい。
夏の終わりに湧き上がるその尊さに、静かに気づくときがかならずくる。

8/16IMG_8714.jpg8/16IMG_8669.jpg

8/16IMG_8676.jpg8/16IMG_8673.jpg
じゅんこさんの夏野菜天ぷらと、檸檬おろしぶっかけNOBUうどん 究極のシンプル極上の旨さ!
ちなみにこのNOBUうどんは、8/29sat 龍門ズBARでも限定で食べれるそうです。

8/16IMG_8697.jpg
なぜだか、高田家ウクレレ歌合戦はじまる。
もう、踊るしかありません、勝手に踊りだすひとたち。

8/16IMG_8703.jpg8/16IMG_8701.jpg

いつでも、きっかけを見つけることは嬉しいことで、体も自然と揺らいで、またひとつそこに真新しい風がふく。
その風に、素直に揺られていたい。

8/16IMG_8683.jpg
ラララレ〜
8/16IMG_8686.jpg8/16IMG_8681.jpg
楽譜が見えません。歌詞が見えません。老眼ず結成。
歌いますは、想いでの渚〜


8/16IMG_8705.jpg
また、あなたのところへおしかけ隊

笑顔で迎えてくれて、ありがとうありがとう、、



8/16IMG_8693.jpg猫との豊かな暮らしを知ることになったのが、高田家の愛猫たちネネとコタがきっかけでした。感謝だよ、、

僕らはいつまでも笑顔でいたいと思う。だから心地の好い風を探してはそれを結ぶ。
そんな作業が仕事だと考えることができれば幸せだと思う。
波も光もそして植物も、全てが語り掛けてくれる日々。
そんなことは白々しいと思う人もいるかもしれないが、
単純に、それが最良の人生なのだと願っている。 h.n







2015 8/15 sat「たゆたゆと夏の朝の風」

今日は、縫いたいものを縫って、ちょっと草木染めをしよう、なんて計画経てていたのだけど、
ツクツクボウシもないてるし、
ソファーにゴロンと吸い込まれたら、
ちょうどいい位置に、クッションがありあがった。
コノヤロ〜〜 クッションの野郎〜〜
今日はぜーーーーんぶ、やめーーーーーー

ぐ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







2015 8/14(金)「夏は、夜星を見上げるも好し、星の様な人を眺めるも好し」

8/14IMG_8659.jpg ヘヨカと共に 笑

京都出町柳でレンタサイクルにて、川辺で朝ご飯、おむすびをパクリパクリ。
下鴨納涼古本まつり(8月11日~16日)で、連れて帰りたいなという一冊の本に出会う。
と言うのもテンコさんが私の事を、なぜか、インディオの母 となんのこっちゃわからん呼び方をするときがあるので、
ちょっとこの絵本から答えが見つかるかもしれない。きっと、そんな頼もしい女性になりなさい!と言う
エールの命名なのかもしれない。二の腕がたくましいね!のメッセージもふくまれているだろう。
持ちかえって木陰で読みたい本と出会えて嬉しかった。
その後、気になっていた空間が祇園に出来たので、ちょっとシャレた店をのぞく。
都会的で、センス(自分で自分の世界観をもっている、自分のジャッジがあること)好くチャーミングな発想は、
ときどき思わぬ脳のある部分に刺激をいただけて、そんなものを眺めるのも嬉しくて大好き。
そしてそして、本日の目的は、星の様な人を眺めに行くこと。
STARDUSTの記念すべき最初のランチを頂けました。食べものはその人そのもの。
食したら、もう言葉にならないな、、と思った。美味しくてどうしていいか分からなくてはしゃいでいたけど、
体は嬉し泣きしていて、そのテーブルを囲んだみんなは、ちゃんとこのことを分かち合っていたよね。

そのあと、大切なことを語らう。それぞれがその声を持ちかえることのたいせつ。

8/14IMG_8661.jpg8/14IMG_8646.jpg8/14IMG_8662.jpg
8/14IMG_8647.jpg8/14IMG_8648.jpg8/14IMG_8660.jpg


夏野菜たっぷりのクスクス、ロウデザート、酵素スムージー あーまたすぐに食べたい。
8/14IMG_8650.jpg
http://stardustkyoto.com







2015 8/13 thu

お線香の匂いが好きです。
知らないところで、無限の愛で誰かが祈ってくれていることに、
気づいていたい。
こんなにもこんなにも祈ってくれていることが、
今こやって笑っていられるのだね。








2015 8/12 wed「星々の子ども達よ、人生半ばこんな大人になりなさい

8/14IMG_8626.jpg

あーーこのひとたちと一生、たくさん小さな旅、大きな旅をして、ズッコケ隊、泣き笑いしてい隊








2015 8/10 mon「10のかたがみ」

8/10IMG_8620.jpg cazimi

『9つの机展は、5年という区切りの時に、ソーイングギャラリースタッフがそれぞれがこの星ヶ丘でみつめてきた事柄を
カタチにあらわそうということで企画されました。スタッフは自分なりの視線でこの場所と関わってきました。
そして、この9人が示すものがこのギャラリーの意思だと思っています。
ギャラリーには9つの机が並べられ、スタッフそれぞれが5年の間にこの場所でひろってきた事柄が表現されています。』

上記の文は、2007年「9つの机」の展示の冊子に書かれていた元ソーイングギャラリー代表の中島くんの言葉です。
この度行う「10のかたがみ」SEWING TABLE COFFEE企画は、時を今に置きかえ「9つの机」を再現するという意図です。

今、現在の元ソーイングギャラリーメンバーが、時を経て今を「自分自身のかたがみ」と題して、
それぞれの自分なりの表現をしてくれます。
さて、何が生まれるのか、わたしたちもわからないのですが、
共にやってきたメンバーなので、なにかひとつのカタチが豊かに生まれるにちがいないと、確信しています。
どうぞ、楽しみにいらしてください。



SEWING TABLE COFFEE 企画展
「10のかたがみ」 at SEWING TABLE COFFEE
2015 9/2WED 〜 9/13 SUN

中島恵雄梅田唯史畑尾和美、高階恵里子、濱田久美子
浜七重中西裕子、本川香織、玉井健二、玉井恵美子 


そして本日、この度の企画展のこともあったので、浜七重ちゃんのアトリエに夫婦二人でヤッホー!と伺う。
アトリエの扉をあけると、相変わらずしっぽり美しい七重ちゃんが、しっかり自分の世界を小さな部屋に表現されていて、
質のいい手作業がほどいい品格とともに佇んでいて、まるで真新しい皮が使い込むほどにどんどん美しくなる様な、、
そんな七重ちゃんがいて、笑い合いながらもこころは静かに感動していたのだった。
さあ、七重ちゃんはどんな「かたがみ」を表現するのでしょうか、、








2015 8/9 sun「目の前の桜の木で、ツクツクボウシが鳴きはじめましたよ。」

明日8/10MON-18TUEまで、SEWING TABLE COFFEEは夏休みをいただきます。宜しくお願い致します!

8/9IMG_8159.jpg


さて、お休み明けの展示のご紹介です。ぜひ足をお運びください。

Navyネイビー
2015.8/19 WED 〜8/30 SUN

中島恵雄 eyu nakajima 展 Installation  / at SEWING TABLE COFFEE 開催いたします。

中島恵雄 nakajima eyu
出版レーベル BOOK LORE(ブックロア)、オンラインストアー「雲の生まれるところ」、webデザインの仕事をする。
傍らで音楽活動をし、はたまた傍らで何やらかにやら頼まれる性分。
http://kumonokouba.com/abouts/





SEWING TABLE COFFEE 企画展
「10のかたがみ」 at SEWING TABLE COFFEE
2015 9/2WED 〜 9/13 SUN

中島恵雄、梅田唯史、畑尾和美、高階恵里子、濱田久美子、
浜七重、中西裕子、本川香織、玉井健二、玉井恵美子 

本展で参加するメンバーは、この星ヶ丘の元ソーイングギャラリースタッフであり、自分なりの視線でこの場所と関わってきた人たちです。
そして時を経て、これまで見つめてきたことがらを「かたがみ」 というキーワードで、それぞれが表現します。
SEWING TABLE の私達も参加致します。






2015 8/8 sat「笑顔のあいづち」

8/8IMG_8608.jpg
かっぱ園長せんせいは毎日七変化。ギターで歌っていたかと思ったら陶芸をし、そして合間で美人さんと囲碁がはじまりました。

今朝はゆみやんのあめつちヨガが原っぱの奥のでっかい栴檀の樹の下で行われた。わたくしは朝からいろいろ準備があって今日は参加できず。
22日はぜひ参加したいと思う。
そのかたわらで、かっぱ園長せんせいらは何やらギター片手に練習を行っている風景を最近よく見かける。
先日、ちろんとテンコさんから小耳にはさんだが、かっぱ園長せんせいが、『この学校に校歌がいるやろ〜〜』とニヤリとしていたらしい。
何やら、時おり聞こえてくる歌声は、そんなことあんなことかもしれない。ぐふふふ、、、愉しみでいたい。
そのかたわらで、陶芸クラブのみなさんが展示会をするため、がんばって制作していて、
展示期間中に草原音楽会や美味しいものが食べれるキャンドルナイトなどもあるらしいので、愉しみでいましょう。


Share work 
8/8IMG_8600.jpg8/8IMG_8597.jpg8/8IMG_8598.jpg

8/8IMG_8605.jpg8/8IMG_8603.jpg

ソーイングテーブルでは、シュロの葉で作るシェアワーク。飛び入りさんもいて、
うちわでありながらも、その人が出るよね〜なんて言いながらワイワイ仕上げる。

みんな、その大きな葉で出来たうちわを顔いっぱいに近づけて、
青々した匂いを大きくかいでいた。スーーーーハーーーーー
夏の空気が編み込まれてゆく。

次回は8/22に行います。ぜひ〜



8/8IMG_8609.jpg

夕刻からは、龍門ズ練習はじまりましたよ。イイですね。やっぱしみじみイイですよ〜

8/29 sat
龍門ズBar at SEWING TABLE COFFEE中庭にて。

17:00スタート21:00くらいまで。 fee:1000円(1drink付)開催します。予約は不要ですよ。
夏の夜、アコースティックなギターと共に、ほろ酔い月夜の下で、笑ったりうっとりしたり居眠りしたり。
又NOBUうどんが、NAVYをキーワードにうどんを作ってくれます。美味しいうどんもお愉しみに。
お一人でも又お誘い合わせ、お気軽に原っぱにお越しくださいませ。

SEWING TABLE COFFEE 573-0013 大阪府枚方市星丘2-11-18 星ヶ丘洋裁学園内
http://tamazkue.sakura.ne.jp/pg1.html open 11:00 - 18:00(月・火定休日)*8/29はイベントのため16:00閉店









2015 8/7 fri「あしたは、立秋」

8/8IMG_8588.jpg

いまね、暦の本を読んでいたら、こんなことが書いてありました💫
立秋の日は旧暦では七夕祭りが行われていて、かつては星をたらいの水に映して、
この星を縫うことで裁縫の上達を祈る風習があった…って。 8月8日は立秋


WELTのユキンコちゃんがふいに教えてくれた、
このことを、今日はゆったりゆったりした夏の納屋で、明日のシュロのうちわを編み込み準備しながら、
ひとり想い馳せ、イメージしていました。

8/8IMG_8583.jpg
シュロのうちわに流木の持ち手をつけてみたり、、もはやうちわというよりオブジェのようだけど、
やわらかな風を吹かせます。









2015 8/6 thu「花をとどけたいという気持ちを忘れないでいたい/風船唐綿の花言葉は:いっぱいの夢」


こころがあたたかくなる、そんな存在をただただ想う、
今朝はそんなことからはじめてみてはどうだろう。






Share work

みんなが集ってできることを教え合えるじかん
SEWING TABLE COFFEE の季節の中で、いっしょに手を動かし過ごしましょう!

でっかいシュロの葉っぱで一緒にうちわを作りましょうat SEWING TABLE COFFEE中庭にて

8/2IMG_8512.jpg

2015 8 / 8土)or 8/22(土)13時〜16時くらい (雨天の場合は室内で致します)
場所 :ソーイングテーブル中庭
参加費:2000円(材料+おやつ付き)
持ち物:花切りばさみをお持ちでしたらご持参ください。
定員 :各回 6 名くらい
一緒に作るひと:tamai emiko
お問い合わせ: tamaken@mac.com
(件名に「シュロのうちわ作り」とご記名頂き、お名前、ご住所、メールアドレスお知らせください。

8/6IMG_8574.jpg
木の下でのシェアワークとなります






2015 8/5 wed「ほんとだ!入道雲のでっかさがこころをひろくさせるようだね、たしかにそうだね」

8/6IMG_8564.jpg

今朝は、9月と12月にふたたび予定している、繕い教室の打ち合わせを。
なんとか生地を調達したので、昨晩サンプル縫いなどを行う。
そして、予定日程は又しても押しているので、逆算しながらスケジュールを再び立て直す。
日程というのは、どうして、まいどまいど、押しよせてくるのかい?
どうなりますことやら、、言いつつも、

猫になりごろん。

8/6IMG_8561.jpg8/6IMG_8560.jpg

星ヶ丘洋裁学校企画 / 繕い教室 
『おばあさんと服つくり、おじいさんのお昼ごはん』秋の巻きは、
日時:9/26satと、10/3sat 予定しています。
詳しく決まりましたらお知らせいたします。






星ヶ丘洋裁学校で、9月見学会が開催されます。

見学会2015_9.jpg

これから洋裁を本格的に習いたい方や、家族や自分のために洋服を作ってみたいという方など、さまざまな目的をもった方が通っていただける学校です。
2015.10月~3月の後期「基礎科」への入学受付の案内はホームページ上にて掲載いたします。「本科」への入学は随時受け付けています。
*8月10日(月)~8月18日(火)の期間は学園夏期休校の為、見学会へのお問い合わせ、お申込みはこの期間以外にて承ります。
どうぞ宜しくお願い致します。


一般財団法人 星ヶ丘学園 星ヶ丘洋裁学校
〒573-0013 大阪府枚方市星丘2丁目11-18 、電話:072-840-2476 ファックス:072-840-2492 、メール:info@hoshigaokagakuen.net

詳しくは以下のHPをご覧ください。
http://hoshigaokagakuen.net











2015 8/2 sun「スパッとグレープフルーツを半分に切って、ガラスの絞り器でジュワー、すっぱい!」

8/2IMG_8502.jpg

暑い暑いと雲を見上げて吠えたい日には、生ジュース!
氷をひとつ、カラリンコ
スーーーーーーーーとするよね。
素とするよ。


夕刻はね、
8/2IMG_8518.jpg

シュロのでっかい葉っぱでサンプルのうちわを編んでました。今月シェアワークを予定していますよ。
一緒に編みましょう。近日告知します。





納屋では、SO SEA zubonbon ちょこっとあります。

8/6IMG_8530.jpg8/6IMG_8537.jpg

こちらは、dungaree/
ダンガリー素材は、非常に肌触りが気持ちいいです。cotton100で、
シワを見方に、表情を生かして履いてもらうのが、SO SEAらしいかなと思います。
今週も、少し追加で縫い上げます。タイミングが合えばぜひ!

8/2IMG_8459.jpg

SO SEA はだしとzubonbon at SEWING TABLE COFFEE
2015 7/29wed-8/9sun







2015 8/1 sat「 夏の音、誰もの中にある変わることのない風の中」

8/2IMG_8463.jpg

たくさん汗をかいて、ワハハと笑って、ちょっと緊張感ももって、
フーーーと深呼吸して、いつかの日を想い描いて、誰かに想いを馳せて、
小さきリズムが、夏の光りの中にちゃんと刻まれてゆく。
ワハハと無邪気に笑って、隣りのだれかも無邪気に笑って。

8/2IMG_8460.jpg8/2IMG_8473.jpg






2015 7/30 wed「洗いざらしのようなひとへ」

7/31写真.JPGインドのブロックプリントcotton

誰かを思って縫い上げるのは、ちょっとうれしい、もっとうれしい。
このところ、じぶんの身に添うものは、ほとんど誰かの手のカタチで、
例えば、アクセサリーにしても、素敵だな〜なんてものは世の中にたくさんあって、
コレ欲しい!と思ってつい手に入れたとしても、結局あまり使わないのです。なんだかぜんぜん落ち着かないのです。
やっかいな性分になりました。でも、なんだかそのことがうれしい。
毎日身に寄せたいのは、その手を想うとほっとするような、その人のそんざい。
じぶんが作るものも、そんな風であることをめざしたい。


7/30写真.JPG
これは、edaneちゃんの手のかたち。分身のように想うほどの特別な日に託されたタカラモノ。






おしらせです。

『あめつちヨーガ』yumiyan 8月以降の日程をアップしました。催し頁ご覧下さいね。
9/26(土)は、十五夜の一日前で、18:00から原っぱヨガを行います。
満ちてゆく月の下、月礼拝とヨガニードラを練習しましょう。(90分)
ヨガの後に一品持ち寄りのごはんをしませんか。ごはんからの参加もウェルカムです!


は、、しかしながらあと夏という夏は1ヶ月なのですね。大好きな夏が過ぎてくなあ。
オーーイもうちょっと待ってよ、夏〜







2015 7/29 wed 「キューちゃん」

本日は、coeurさんの瓶詰め保存食のワークショップで胡瓜のキューちゃん作りでしたよ。
夏、みんな満腹顔でした!

7/29IMG_8412.jpg7/29IMG_8414.jpg
7/29IMG_8401.jpg7/29IMG_8424.jpg7/29IMG_8438.jpg

7/29IMG_8426.jpg7/29IMG_8431.jpg
夏の美味しいのを瓶詰めした後は、米を炊いておにぎらずと冷汁と手作りきゅうちゃんでお昼ご飯!
切った時の様子を想像しながら、卵焼き、シソ、自家製梅干し、おくら、甘辛肉炒め、チーズをご飯に包みこんで。

7/29IMG_8419.jpg7/29IMG_8399.jpg7/29IMG_8422.jpg

7/29IMG_8453.jpg7/29IMG_8408.jpg7/29IMG_8428.jpg

次回予定
9/19(土)いちじくジャム、11月中旬以降には新生姜の甘酢漬けと紅生姜を作る予定です。
詳しくは催し頁ご覧ください。





2015 7/28 tue「夏のおしらせいくつか」

SO SEA
はだしとzubonbon at SEWING TABLE COFFEE

7/28イメージ.jpg

SEWING TABLE COFFEEにて、SO SEA 夏のzubonbon /ユニセックス 短パンやストレートパンツetc
縫い上げたそのつど並べます。サンダルやビーサン履いて虫除けと日焼け止めをぬってお越し下さい。
2015 7/29wed-8/9sun






SWAN COFFEE
(スワン珈琲)が、毎月第一土曜日、その日その季節をイメージした珈琲豆を焙煎して、
リュックひとつ分だけ背負って、葉山から販売しにやって来てくれます!
数に限りがございますが、フレッシュな珈琲豆をぜひ味わってみてください。
ソーイングテーブル店頭にて販売いたします。

次回8/1sat
お昼くらいより販売 at SEWING TABLE COFFEE にて。

7/29IMG_8446.jpg

梅雨が明け、海の日を迎えると、葉山では海辺で花火大会が催される。
そしてあっというまに8月になり、夏も中盤にさしかかる。葉山の夏の楽しみのひとつは海の家で時間を過ごせることだ。
日が暮れてからも営業しているところもあり、
仕事が終わって帰ってきても潮風に吹かれながらゆっくりできる場所があるのはありがたい。
あるとき、家にいても気持ちが落ちつかず外でコーヒーでも飲もうかと海の家に行った。
その日の仕事がうまく行かず自分のなかで決着が付かず無心になりたかったのだと思う。
この海の家のバーコーナーはカウンター式になっていてそこに腰をかけた。
周りの客は皆ビールやカクテルを飲みながら日焼けした身体を休めているようだった。
オーダーしたアイスコーヒーがなかなか出てこない。カウンターのなかに目をやるとハンドドリップで丁寧に淹れていた。
熱く淹れたコーヒーを氷をたくさん入れたグラスに注ぎ急冷して持ってきてくれた。
僕より2つ、3つ年上の彼とは顔見知り程度のなかだったが、
浮かない顔の僕をみて「仕事帰りですか?お疲れ様」と声をかけ、他の客の酒を作りに行った。
アイスコーヒーは雑味もなくすっきりとしていて美味しかった。
アイスコーヒーを飲み終えたときには悩んでいたことも忘れていた。
8月のコーヒーはアイスコーヒーにぴったりなケニア。


SWAN COFFEE
神奈川県の海沿いの町、葉山で自家焙煎をしています。
10年前に鎌倉市にある自家焙煎珈琲店を門をたたき、焙煎を始めた。
師と仰ぐこの店の店主はブレンド作りを楽しむ人でこの店の中濃ブレンドを目標の味としている。
6年前にこの店舗が閉店すると焙煎から距離を置いたが、再度焙煎にトライしようと自宅に焙煎機を構えることにした。
現在は鎌倉や葉山でのイベントに参加したり、展示のレセプションでコーヒーのケータリング活動を行っている。
ここ星ヶ丘ではJAM JAM JAM音楽祭の際に出店させていただいている。







2015 7/27 mon「それはまた何かがうまれるということ」

7/28IMG_7540.jpg

自分が心底だいじに思っていることを、
やめたり、なくしたり、失ったりすることに自分はつくづく慣れていないんだなってことに気づく。
もう、こんなにも大人なのにね。
ちいさなものであっても、おおきなことであっても、
きっとそんなことがこの先も幾度も訪れるだろうから、
それが生きているってことなのだから、
はやく、おとなになりなさい、わたし。





2015 7/26 sun

本日、NAVY レーレー梅男展 / Bag.Hat at SEWING TABLE COFFEE 最終日でした。
前半1週間は、台風の影響で雨風続きでしたが、それでもおなじみの皆さんが、愉快に足を運んでくれて、
leleさんの手作業に感心しつつ、この度の展示が終了いたしました。
本当に、ありがとうございました!
又一部『雲のうまれるところ』でも、leleさんseacaさんの手作業のご紹介があるかと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

7/26IMG_8350.jpg leleさんのキャスケットにseacaさんのベスト。ご夫婦で仕上げたものが美しくマッチするのは当然。

たばこの好きな大人が創るものは、たばこの好きな人に似合うはず。
今回のベストは、leleさん自体が自分が着たいニュアンスのベストをseacaさん(奥さま)に伝え、手作業してもらったもの。
うちの相方も、グレーの麻生地のものをいただきました。
あとはやっぱり、今回とうとうleleトートのでっかいサイズを注文させて頂きました。
今持っているleleトートは(夫婦で各ひとつ持っているのですが)、普段使いもしくは1泊がほどいいサイズで、
その使い勝手の好さに惚れ込んで、2.3泊持って行けるものがやはり自分らには必要や!!とお願いしました。
leleトートは、決して主張しすぎていないのに、その存在感と機能性が素晴らしいのです。
いつか、leleトートだけの展示もお願いしたい!とさっそく勝手に企んでいます。
その時は、一生もん、つまり人生を一緒に過ごす家族のような出会いを待っていてください。

7/26IMG_8377.jpg7/26IMG_8392.jpg

合間で、leleさんにウクレレを習いにくる人も〜
7/26IMG_8376.jpg

あっちでもこっちでも、この星の丘はメロディ。






2015 7/25 sat「windchime

7/26IMG_8360.jpg nagaiさんのギターを弾く菜文さん

ふわっと、海側から青の風がやってくるようにサララサンサンと。
でーちゃんと、首飾りをつくってあそんだね。
7/26IMG_8366.jpg


丘のオットセイ? コラー!!
7/26IMG_8362.jpg7/26IMG_8364.jpg






お知らせですよー
旅のyoga nanako nishimura
7/26IMG_8368.jpg

8月31日(月) 9:30start 星ヶ丘洋裁学校原っぱにて。
yogaclass内容…鳥や風の音に合わせて、踊りのようにヨガをリラックスしながら気軽に体験していただけます。
ヨガを初めての方、体が固い方大歓迎!体を呼吸と一緒に心地よく動かしたあとは、横になり体をお休みさせながら、
声によるヒーリングにより寝たままの瞑想を体感し、心もリフレッシュしていただきます。
ヨガで体を動かしたあとは、原っぱでみんなで野菜たっぷりベジランチをお腹いっぱい食べましょう。
・持ち物…はだしで行います。動きやすい服装でお越しください。タオル。ヨガマットはあれば。コザ貸し出します。
・yoga+lunch(デザート付き) お一人4000円。・定員 5人くらい。
 お問い合わせ rasa_maya_narayana@docomo.ne.jp

7/26IMG_8369.jpg

講師 : nanako nishimura
現在、神奈川県在住。
19歳より独学でヨガを始め、富山、東京、京都でヨガ・瞑想を学びながら独自のヨガプラクティスを深めていく。
現在も師のもとで学びながら、好きなひと、音、色に逢いに、旅をしながら活動している。
2010 全米ヨガアライアンス200時間 修了







2015 7/24 fri「星 辿るように」

7/26IMG_8386.jpg

You are stardust on the earth – a beautiful piece of the universe.
7/26IMG_8318.jpg

宇宙の星がその命を終えた時、うまれたその星屑はあなたになった。あなたは美しい宇宙のひとかけら。

私たちの身体を作るすべての要素は、星屑できていることを知っていますか?
爆発し一度死んだ星は、幸運にもこうしてあなたに生まれ変わったのです。
夜空を見上げると瞬く星々。あなたは、実は大いなる宇宙の星の欠片。 地上で輝く星。
またいつか広大な宇宙の一部に戻るときまで、どんなときも、
星はあなたの内側で光り輝いているのです。
そんな地上の星々が、ここSTARDUSTで出会い、スパークする、
幸せな場所となりますようにと願いを込めて。

かなちゃんが生みだした STARDUST 案内からの言葉です。
星空を見上げ、星々を辿るように、出会ったすべてが共に輝き紡ぐところ。
SEWING TABLE COFFEEでも案内のDMを預かっておりますよ。

7/26IMG_8341.jpg
また大好きな人に会いに行くそんな場所がひとつ生まれました。
うれしいなあ。






京都の町をチャリンコかっ飛ばして、その夜は、下鴨神社にて薄暮の御手洗祭りへ行ってまいりましたよ。
来年もぜひ参りたいな。は、、、、、

7/26IMG_8325.jpg

下鴨神社末社のひとつ「御手洗社」の例祭。「足つけ神事」とも呼ばれ、
境内の御手洗池に足を浸したままろうそくを供え、無病息災を祈ります。安産にもご利益があるといわれています。

7/26IMG_8319.jpg7/26IMG_8331.jpg
夏ですね。







2015 7/23 thu「lelele~」

レレさん、7/26 sun SEWING TABLE COFFEE に在店してくれます。
ぜひ、最終日会いにいらしてくださいね。

7/26写真.JPG

レーレー梅男展 / Bag.Hat at SEWING TABLE COFFEE
2015.7/15 WED 〜7/26 SUN






2015 7/22 wed「夏の光りが、ちゃんととどくところからうまれたものは」

7/22IMG_8203.jpg

さて今週1週間 レレさんの鞄たち、seacaさんのベストが、sewing tableでプカプカしております。
ぜひ、手に触れてみてください。

レーレー梅男展 / Bag.Hat at SEWING TABLE COFFEE
2015.7/15 WED 〜7/26 SUN






2015 7/20 mon 海の日「みんなが弾んだような深呼吸していて、素直な風がながれていた」

7/20IMG_8265.jpg
7/20IMG_8258.jpg

今年も晴天、海の日青空ウクレレ発表会が元気に愉快に行われました。
あー、、これもsewing table の folklore (民話, 伝承, 伝説, 俗説, 昔話,) 美しい風景です、ほんと美しい。

7/20IMG_8208.jpg7/20IMG_8207.jpg7/20IMG_8213.jpg
ノブ、ハッチャン、今年もしぶい歌声に皆イチコロ。

7/20IMG_8216.jpg

今年は、初心者コースの二組が、もう素晴らしく力を発揮してくれました!
おとなもこどもも、夏休みのような時間。無邪気に笑い転げ、たくさんたくさん汗をかきました。

7/20IMG_8248.jpg7/20IMG_8209.jpg7/20IMG_8294.jpg
7/20IMG_8231.jpg7/20IMG_8223.jpg7/20IMG_8257.jpg

7/20IMG_8286.jpg7/20IMG_8271.jpg ノリノリ〜
今年も、急きょカッパえんちょうさんにも参加していただきました。
私たち桜連合が、青で統一していたので、どこからか青のカーテンを引っこ抜いて巻いてはりました。後で誰かに𠮟られません様に(笑)

7/20IMG_8228.jpg7/20IMG_8210.jpg7/20IMG_8225.jpg
7/20IMG_8206.jpg7/20IMG_8253.jpg7/20IMG_8291.jpg
あめつちヨガのゆみやんに、演奏前に緊張をほぐすヨガを教えてもらいましたよ。ノビノビ〜

7/20IMG_8217.jpg7/20IMG_8262.jpg
doiさん たのしい動画を撮ってくれてましたよ。

中盤では、sewing tableでleleさんのbagの展示をしているため、
即席ファッションショーが行われました。なんともなんとも、なごやかなleleコレ!
かわいいモデルさんが、ずらんと。バックやベストがステーキでした。
7/20IMG_8237.jpg7/20IMG_8241.jpg
7/20IMG_8244.jpg
ほのぼのぼの。

そして、
7/20IMG_8284.jpg

わたしたちも、みんなで今年も演奏できて愉しかったな〜〜
のもとばあちゃんに縫ってもらった青のワンピースが原っぱの夏の光りに気持ち良かったです。

これからが夏本番です。
ひきつづき元気に参りましょう!
ご参加のみなさま、見守りお付き合いいただいたファミリーさま
今日も、ありがとうございました!

毎日がこんな風に、健やかでありますように、、、
2015 レレさんひきいる海の日ウクレレ発表会 

夏の太陽のもとにて。



夏の間にいろいろな雲を眺めた。
太陽が出て沈むまで、そして星や月の輝く夜。
たった一日でも時間によってその表情は多彩だ。
秋も冬も、一日に変化する気持ちのように、
きっとそれぞれがそれぞれに描く風景がある。h.n





2015 7/19(日)「ポッケ、鞄底、持ち手や、その細部たちが、おどろくほどのlele風味」

7/18IMG_8200.jpg 龍門ズ おっちゃん達ようやくそろい音合わせを。やっぱイイね〜
8/29 sat
龍門ズBar
at SEWING TABLE COFFEE中庭にて

17:00スタート fee:1000円(1drink付)開催します。
夏の夜、アコースティックなギターとほろ酔い月夜の下で、笑ったりうっとりしたり居眠りしたり。
NOBUうどんが、NAVYをキーワードにうどんを作ってくれます。

SEWING TABLE COFFEE 573-0013 大阪府枚方市星丘2-11-18 星ヶ丘洋裁学園内
http://tamazkue.sakura.ne.jp/pg1.html
open 11:00 - 18:00(月・火定休日)*8/29はイベントのため16:00閉店


7/18IMG_8193.jpg7/18IMG_8192.jpg7/18IMG_8197.jpg
seaca best  7/20 メンズ、レディースサイズ共に揃いますよ。

7/18IMG_8183.jpg7/18IMG_8184.jpg7/18IMG_8178.jpg
レーレー梅男展 / Bag.Hat at SEWING TABLE COFFEE
2015.7/15 WED 〜7/27 SUN

7/20 海の日
SEWING TABLE COFFEEは定休日ですが、ウクレレ発表会が原っぱにてあります。
その間、レーレーさんの作品もご覧頂けますので、ぜひ手にとってご覧ください。







2015 7/18 sat「NAVY」

7/18IMG_8167.jpg7/18IMG_8168.jpg7/18IMG_8165.jpg

レーレー梅男展 /Bag.Hat at SEWING TABLE COFFEE
2015.7/15 WED 〜7/27 SUN
7/19作家在店します。


レーレー梅男 lele umeo
2012年10月、大阪から沖縄に移住。プカプカと泳ぎに行った訳ではないが、イラストレーターを生業する傍ら、
カバンを作り、傍ら帽子を作り、傍らウクレレのインストラクターをしながら傍らバンド活動をする。
その傍らビーチを散歩しつつ落ちる夕陽を眺めている。傍らが結構本気です。
SEWING TABLE COFFEEでは「青空ウクレレ教室」開催。
https://twitter.com/leleumeo


7/18IMG_8129.jpg seaca best
相方はこのベストをじぶんのにしてしまいました。
あと、ネイビー、ライトブルー2種あります。
かるくて美しいシルエットのベスト。今の季節にも良いです。





合間で、また届けたい人に丘で実ったじゅず玉のうで輪を繋げる。
7/18IMG_8164.jpg

じゅず玉の花言葉は、『成し遂げられる想い』

しかしながら、台風のあいだは、ずっと寝ていた。
この数日、とことんダラダラと過ごした。
さあ、またはりきって縫いましょうかね〜





2015 7/16 thu「自然物の装身具とともに、海をこころに精神性の高い衣をめざし、手を動かしてゆきたい」

7/16IMG_7824.jpg7/16IMG_7515.jpg7/16IMG_7674.jpg
7/16IMG_7710.jpg7/16IMG_7673.jpg7/16IMG_7807.jpg
一部写真は『オキーフの家』写真集より
7/16IMG_7651.jpg7/16IMG_7676.jpg7/16IMG_7713.jpg
この度、EDANE NEXT DOOR "GHOST RANCH"の企画にSO SEAも参加させて頂いて、
また自分の中に、揺るぎないものをそっと頂けた様な気がする。
「自然物の装身具とともに、海をこころに精神性の高い衣をつくるSO SEA」
EDANEのdoiさんがこんな風に、今回SO SEAをご紹介いただいて、
自分がめざすべきカタチを、シンプルに言葉にしてくれて、SO SEA の眼差しがここに根付いた。
まだまだ、この言葉に辿りつくまでは、力不足ではあるのだけど、この頂いた言葉を胸に、がんばりたいと思う。
こうやって、出会ったことがらから、ひとつひとつはぐくまれてゆくのだな、、と
しみじみ感謝するばかり。

今回、オキーフのいくつかの本を読み続けるにあたり、オキーフが着るであろう意思の強い服を仕上げるのは、
到底まだ私には無理だとわかり、自分が今出来ることは、、そんな風に思っていたら、
オキーフの家にある、骨や角や石や貝殻が心によぎりました。オキーフが貝殻を拾うように、アビキューやゴーストランチで集めた美しき自然物たち。
そんなものをイメージしたら、緊張がやわらいでとてもやわらかな気持ちが広がって、今自分が仕上げることのできる、等身大の衣が縫えました。
その人のこころのオキーフにすっと寄り添うように、届いたかな。
意思あるものへ








2015 7/15 wed「 NAVY lele UMEO 展はじまりました!」

7/15IMG_8124.jpg7/15IMG_8137.jpg

またまたleleさん風味のバックや帽子が届きましたよ。クオリティー高い!
今回は、seacaちゃん作(奥さま)のベストもご紹介しています。
かっこいいですよ!ぜひ手に触れてみて下さい。ぐふふふ〜〜

レーレー梅男展 /Bag.Hat at SEWIN TABLE COFFEE
2015.7/15 WED 〜7/27 SUN









2015 7/13 mon「 大分の海、センチメンタルビーチに会いにいってきましたよ」

7/13IMG_8118.jpg

おばあちゃんにも会って、奥さんや娘さんやおかあさんやおとうさんや、
育った島や、夢をはぐくみたい海や、
そんなじぶんのたいせつなものを、こんなにもさらけだしてくれたのだから、もう、ことばにならないよ。
泣きたいくらいの気持ちを、体中に染み込ませて、
そうだまずは、じぶんの大切なひちたちに伝えることからはじめよう、、
そう思ったのだった。
そう想ったのだった。

7/13IMG_8041.jpg7/13IMG_8075.jpg7/13IMG_8059.jpg
I7/13MG_8114.jpg7/13IMG_8008.jpg7/13IMG_8110.jpg
7/13IMG_8055.jpg7/13MG_8115.jpg7/13IMG_8080.jpg
7/13IMG_8067.jpg7/13IMG_8017.jpg7/13IMG_8023.jpg

砂浜に穴を掘って涼んでいるこ。又必ず会いに行くね!
素晴らしい出会いが、確かにはじまりますよ。

7/13IMG_8119.jpg
振り返ったら、でっかい海!

つづく









2015 7/12 sun「 ぬくもり」

今日がいちばん美しいと声に出てしまいたくなるほど、銀白に輝く短冊がシャンシャンときらめいていた。
まるで星屑が降りそそいでいるかのようだった。

7/12IMG_7966.jpg

「ぬくもり」 畑尾和美 個展
 2015.7.1.wed - 7.12.sun (7/6,7 休) 11:00-18:00 at SEWING TABLE COFFEE

7/12IMG_7970.jpg7/12IMG_7972.jpg7/12IMG_7975.jpg

サイホン珈琲を淹れる手 / Leiを繋ぐ手
7/11IMG_7644.jpg7/11IMG_7646.jpg

kazumi hatao
7/12IMG_7649.jpg






2015 7/11 sat「ハタオカズミ 朗読会」

7/11イメージ.jpg

Folklore フォークロア
あのころ、そんなはじめてのことばを聞いて、雰囲気の中で知ったような気分でいましたが、
あなたさまがほんとうに伝えようとしてくれていたことは、
根っこが深く強く揺るがぬ
スカートがゆりかごみたいに、やわらかく揺れている
その姿を、真っ正面から眺めていて、
そうか、、10年も前に伝えてくれていたことは、
このことだったんだな、ってやっとわかりました。
だから、もう安心してください。

7/11IMG_7941.jpg
kazumi hatao 2015  at sewing table coffee
7/11IMG_7939.jpg7/11IMG_7933.jpg
ao / ぬくもり寒天 豆灯/ロウソク






2015 7/10 fri「GHOST RANCH」

7/10より夏のEDANE NEXT DOORが始まります。今回は、アメリカの画家「ジョージア・オキーフ」へのオマージュです。
オキーフは、幽霊牧場(ゴーストランチ)と言われる「世界で最も美しいところ」の噂を聞き、その場所を探してニューヨークから移り住みます。
砂漠で拾った動物の骨や石を描き、晩年は有機農法で野菜を育て、アイダ・ロルフ博士の健康法(ロルフィング)を実践し、
徹底した排除主義のミニマリストとして、ストイックで美的考慮に行き届いた生活を生涯おくり続けました。

想像力あふれる解釈で毎回おどろきの作品を生み出してくれる岐阜の陶芸家吉田次朗氏。
独特な次元のデフォルメで表現する東京のイラストレーターAona Hayashi
自然物の装身具とともに、海をこころに精神性の高い衣をつくるSO SEAの玉井恵美子
場所性やテーマに寄り添い、記憶を想起させる香りで空間を満たすWELT
3種類のパフュームによるDesert Perfume Bar(砂漠のパフューム)もおこないます。
そして厳選された材料と、食感、香りのバランスは唯一無二。オキーフのガーデンからイメージしたtsuzuruの焼菓子が4種類並びます。
Small Barでは、Sewing Table Coffeeのサイフォンコーヒ。
peaceful spaceの坂田寿子先生は冷たいデザート
紅茶を中心にお茶まわりのことを広島でおこなっているANITYAは初参加。
それぞれのオキーフがどうやって変換されるのか、わくわくしています。yasuhirodoiさんより。

EDANE NEXT DOOR "GHOST RANCH" 2015.7.10(Fri)〜8.2(Sun)12:00〜18:00



本日より、EDANE NEXT DOOR
SO SEA、そしてsewing table の出張サイホンcoffeeを行わせて頂きました。
いくどもハッとさせられるEDANE空間。この中に参加させて頂けて、本当にシアワセです。
8/2まで続きますので、ぜひEDANE(エダン)へ足をお運びください。素晴らしいですよ。

7/11IMG_7736.jpg7/11IMG_7798.jpg7/11IMG_7834.jpg
7/11IMG_7812.jpg7/11IMG_7868.jpg7/11IMG_7729.jpg
SO SEA / 白のオキーフ 意思あるものへ
7/11IMG_7746.jpg7/11IMG_7779.jpg

aonaちゃんに、ちょこっと漂流物で繋げたLeiを描いてもらいました。
7/11IMG_7897.jpg

うれしいであります。タカラモノだー

つづく







2015 7/3 fri「笑顔の連鎖」

edaneさんでの企画展にso sea で参加するので、この1週間は作業のおおづめ。
しかしながら、今朝はちょこっと丘に顔を出す。
テンコさんとおしゃべりしていると、すぐに愉快がひろまって、盛り上がって、
面白いことを企んでしまいそうになるから、おちついて〜おちついて〜
そう言えば、モーニンのともちゃんとも、
ワークショップの定員が、たしか5名くらいだったのに、
二人とも『なんとかなるやろ〜』性分なんで、気づいたら倍以上の人数で行っていたり、
そんな、来るもの拒まずな様子だったので、終わってから、うちらふたりが揃ったら、突っ走る傾向があるからキケンやな〜〜と大笑い。
その人となら、なんでもオモしろがって盛り上がってしてまう人って、誰しもいますよね。
そういえば、9月にソーイングテーブルで企画展を予定していて、
投げかけた言葉に、うれしい言葉がつぎつぎ返ってくる。
その返事に又こころが踊りだして、
喜びの連鎖が、
又はじまる瞬間。

そこうしていると、今ソーイングテーブルで展示してくれてるかずみんがニコやかに丘に訪れる。
笑顔の連鎖。
やわらかな時間が今日も流れている。

わたしは、又家にもどってミシン。
かずみんの柔らかな笑顔の余韻が、
ミシンの手元にそのまんまにいてくれる。

7/4IMG_7650.jpg
「ぬくもり」 畑尾和美 個展
 2015.7.1.wed - 7.12.sun (7/6,7 休) 11:00-18:00 at SEWING TABLE COFFEE








2015 7/2 thu「GHOST RANCH」

DMが届きましたよ。ソーイングテーブルでもおくばりしています。
今日も、ミシン。ドキドキ。

7/4IMG_7638.jpg7/4IMG_7652.jpg

EDANE NEXT DOOR "GHOST RANCH"
2015.7.10(Fri)〜8.2(Sun)








2015 7/1 wed「いつものじかん」

かずみんの展示、はじまりましたよ。

7/4IMG_7653.jpg

nagaiさんのギターと。



2015 6月までの貝殻となり

2015 3月までの貝殻となり

2014 9月までの貝殻となり

2014 5月までの貝殻となり

2013 11月までの貝殻となり

2013 6月までの貝殻となり

2012 12月までの貝殻となり

2012 6月までの貝殻となり

2012 2月までの貝殻となり

2011 6月までの貝殻となり

2010 12月までの貝殻となり

2010 8月までの貝がらとなり

2010 4月までの 貝がらとなり

2009 .6月までの貝がらとなり

貝殻となり
SEWING TABLE COFFEE / SO SEA diary

種の大地、紙の草原 ー集めた種と草木の切り絵ー
植物標本室 雀瓜(スズメウリ)岡崎芳樹(種さん) + odo 濱田久美子二人展
2015.9/30wed-10/10sat at SEWING TABLE COFFEE
10/10satお話会のご予約は、tamaken@mac.com までお願い致します。件名に「種さんお話会」と明記して、お名前、ご連絡先お知らせください。
在店日予定:種さん(10/4,10) odo 濱田久美子さん/夕方までの日(9/30. 10/1.4.8.9)1日いれる日(10/3.7.10)





2015 10/3(土)「 ワンピースのひとたち」

10/3IMG_9223.jpg

本日は、秋の『おばあさんと服づくり、おじいさんのお昼ごはん』no.2でした。
気づけば、夏から4回目の繕い教室です!
のべ約30名ほどの方たちが洋裁体験してくれたのですね。
すごいなーうれしいなー
今回もそうですが、毎回もみな本当にキラキラ笑顔いっぱいでいらしゃいます。
緊張していた顔が、どんどん活き活きしてこられるのです。
きっと、おばあちゃん二人の存在が柔らかな空気感を生みだしているに違いありません。
そして、ささやかな時間ですが、洋裁だけでなく大切なベースが、その時間の中でしっかり示されてるような気がします。

今日自己紹介の時にヘルプで来てくれた現役生徒さんが、
バタバタと過ごす日常の中で、この学園に来る時間は、、洋裁を勉強しにくる時間は、、
まるで実家に帰ってくるような気持ち、そんなほっと深呼吸しにくるような気持ちでいます。と表現されていました。
この丘に来ると、様様な人達がヤーヤーと挨拶を交わします。
愚痴を吐き出したり、嬉しいことを一緒に笑ったり、ひとりの時間をもったり、想像したり、、
そんな自分なりの素直な時間を、ここでは見つけることができるのかもしれません。
今日もやわらかな人の温度が、皆の気持ちを活き活きさせます。

10/3MG_9219.jpg10/3IMG_9217.jpg10/3IMG_9215.jpg

10/3IMG_9220.jpg10/3IMG_9216.jpg
10/3IMG_9209.jpg10/3IMG_9221.jpg

10/3IMG_9218.jpg10/3IMG_9211.jpg10/3IMG_9210.jpg
本日は、実家カレーライス!そこいらにいた人達も、みーんなでワイワイ食べましたよー
この丘ならではの風景です。
10/3IMG_9204.jpg10/3IMG_9203.jpg10/3IMG_9201.jpg
10/3イメージ 2.jpg10/3イメージ.jpg

それぞれに、お似合いでした!わたしも、もう一枚じぶんの作ろうっと!
参加の皆さん、ありがとうございましたー
又お会いしましょう〜


さてさて、納屋でも、賑やかな時間があったみたいですねー
そこにも、いたかったな〜〜〜〜〜
中庭ではレレさんのウクレレ教室があって、
納屋では、ハマちゃん種さんの展示をしています。
夕刻には、かっこいいの歌声が生まれはじめていました〜
会いたい人らの顔が揃っていたようです。

10/3 イメージ 1.jpg

明日10/4は、種さん、ハマちゃんふたりが納屋に揃います。
ぜひぜひ、種拾って、会いに来てくださーい!


10/3  イメージ 2.jpg
おおきな背中 草8才 




2015 10/2(金)「確かに、やわらかな温度ある存在に納屋は包み込まれるのです。」

10/2イメージ.jpg

雨風が通り過ぎた朝一、草はらを、空を、見渡します。わたしにとって、もっとも大事なことでもあります。
それで、納屋では、切り絵の植物たちが、やはり表情をあらわにしはじめていて、
いつもそうなのですが、ハマちゃんの切り絵は、展示中にどんどんと紙が呼吸をしはじめ、
次第には、本当の植物と区別がつかなくなるものもあるのです。それはそれは、見事です。
こんなにも、紙が生き物のようになる姿を目の当たりにすると、
木からうまれる紙の存在を深く辿ってみたり、ハマちゃんの想いや手の技、その場所や、そしてそれを眺め感じるこちら側もふくめ、
何か言葉にならないすべての調和が、息を吹き込ませて、すべてを活き活きさせるのかもしれないなと思います。
確かに、やわらかな温度ある存在に、納屋は包み込まれるのです。

10/2イメージ 2.jpg






2015 10/1(木)「明るい方へ明るい方へ」

10/2IMG_9135.jpg

今日は、大事な原稿を書く。
想いを整理したり、自分との約束を交わしたりするような、
こころの儀式の様なことでもあるのかもしれない。
文字にすることは、その後の人生をもかえるんじゃないかと思えるほどの確信がある。
揺るがないものを又ひとつ積み重ねてゆく。
そんな機会に感謝するばかり、、





2015 9/30(水)「まくわ瓜かあ〜〜」

9/30イメージ 3.jpg9/30イメージ 2.jpg

9/30イメージ.jpg9/30イメージ 1.jpg

本日より、種の大地、紙の草原 ー集めた種と草木の切り絵ー
植物標本室 雀瓜(スズメウリ)岡崎芳樹(種さん) + odo 濱田久美子二人展始まりました。

ハマちゃんや種さんに会って欲しいと想う人達の数珠つなぎが、やわらかな笑顔を連ねる。
みなさん種さんの前で、きゃっきゃと無邪気にいて、ほんとに楽しそうに虫眼鏡をのぞき込んではしゃいでいる。
あ、、、今日在店できなかった種さんにこの風景を見せてあげたいな〜〜なんて、
ハマと言い合う。しかし、ややこしいな〜種の種さんと、種さんの種さん。。。まあ、いっか〜脳働かせて読み取ってくださーい。
そして、『みなさん!納屋に種を拾って持って来てね〜』と言ったら、
エダンちゃんが、来る途中にとある木の下にすっころがっていたと言う『猿の腰掛け』を持って来た。なんじゃコレ?? まあ、いっかあ〜
そしてゆみやんが、買ってきたものでかたじけない、、と申し訳なさそうに、月桃を1本ハマちゃんに差し出した。
とにもかくにも、なんたる美しきものが、種旅箱に収まった。さあ、この二週間で美しきヘンテコなものが集りそうな予感。
愉しみでいましょう。

10/2イメージ 1.jpg 月桃

『みなさん!納屋に種を拾って持って来てね〜』






2015 9/29(火)「等身大の衣」

そして、もういっちょお知らせを。


つくろうワンピース3人展 秋の巻き /noriko, katuko, so sea
2015 10/28wed - 11/1sun
9/30IMG_8837.jpg
モデルはゆみやんと、テンコさんのソックリさん、ということで。身長160cmくらい。日によって伸び縮みするらしい。

この度『おばあさんと服つくり、おじいさんのお昼ご飯』企画で生まれたワンピースパターンで、
秋冬素材のワンピースの展示を行います。ウール素材の定番の一着になるかと思いますよ。
お待ちしております!ぐふふふ。







2015 9/28(月)「種さん、種さんへ手紙を書くの巻き」

9/28イメージ 3.jpg 種さん

いよいよ待ち望んでいました!種さんとodoこと濱田久美子さんの展示ですよ。
本日は、搬入ということで、原っぱに朝から集合。秋の晴天なり。
一足先に届いている種さんが集めている種さんたちをまじまじ眺めて、
うわ〜〜んと、ハマと二人でいつまでも釘付け。はやく搬入を始めなくては!!と心では思っていても、
気持ちは、かわいいの〜んと、仕事にならず。
そんなこんなで、種さんは夜、仕事帰りに寄ってくれて、一緒に搬入準備を。
種さんが選んだ種さん30種を、ハマちゃんが切り絵にしていて、
種さんが、その種さんたちへ、小さなお手紙を描き添えます。
世界には種さんが宇宙ほどの数、あると思いますが、種さんの収集する種さんたちは、
私達が、小さなころ気づかずとも道のへりに、ちょこりんこと生えてるような草花や、、鼻息で飛びそうな種さんや、、
そんな、種さんの視線で選ばれた種さんたち。
ハマと種さんの視線は、なんだかとっても気負いなくて、ほのぼのしていて、
ふたりはどこか、よく似ています。

9/1イメージ 2.jpg

とにかく、大好きなひとたちに種さんとハマちゃんに会ってほしいです。
といっても、種さんは普段社会人男子なので、しょっちゅう来ることが出来ませんが、10/4,10/10に在店予定です。
odo ハマちゃんの在店日は、夕方までの日(9/30. 10/1.4.8.9)1日いれる日(10/3.7.10)です。
でも、ここにやって来た種さんたちを眺めることで、種さんの人柄がちゃーーんと伝わるはずですよ。
ゆっくり、秋の丘を愉しみながら、種種話や種さんで遊びたいですね。
わたくしも、ちょっと種さんで遊べる様なものを集めておきますね。

では、みなさん、種さんを拾って、丘に集合してくださ〜い
お待ちしておりますね〜

種さんイメージ 4.jpg
種さんイメージ 3.jpg

お話会のご予約は、tamaken@mac.com までお願い致します。
件名に「種さんお話会」と明記して、お名前、ご連絡先お知らせください。

在店日予定
種さん(10/4,10)
odo 濱田久美子さん/ 夕方までの日(9/30. 10/1.4.8.9)1日いれる日(10/3.7.10)です。






2015 9/27(日)「月の夜に」

『tracks』Arisa Kawai Exhibition 本日をもって終了致しました。

IMG_8970.JPG貝殻となりと名付けられた首飾り

数年前この光り粒たちが生まれた時、じぶん自信の心を浄化するために必要な作業だったと彼女は言う。
今はどうなんだろう、、この場所と彼女は、この二週間どんな対話をしたのだろうか。
揺らめいたり、静かに向き合う時間を、彼女なりにもって、この地を過ごせていたらいいなと願っていた。
相方もわたしも、作品が、と言うよりも彼女を眺めていた2週間だったのかもしれないな。
ここで初めて展示してくれた時に、たくさんたくさんの想いを語っていたからね。



月が見ていた。
9/27FullSizeRender.jpg

真夜中に、めずらしく目が覚めたのは、テンコさんが昨日言ったことばをふいに思い出したからで、
なんだか急に、涙がポロポロとこぼれて、じぶんでもびっくりした。のもとさんを側にして、いつもの調子で冗談まみれにテンコさんが言う、
『これからは、たまいさんが、こんなおばあさんを育てていかなあかんよ。いや、たまいさんがこんなおばあさんになっていかな、あかんよ』
テンコさん節のちょっとヘンテコな言い方だけど、バトンを渡すような言葉は、ちょっと前ならスルーした言葉だったはずが、
今宵は、満月の夜に目を覚まさせた。







2015 9/26(土)「 あるべき姿 」

IMG_9082.jpg

本日は、秋の『おばあさんと服づくり、おじいさんのお昼ごはん』no.1でした。
この度も、明るい笑顔さんたちが、わきゃきゃとお教室に響き渡ります。
今日集ったみなさんも、なんだか直ぐに打ち解け合って、、何でしょうかね、この活気ある優しい空気感。
企画した私達がまず、その空気に励まされる様に、今日がはじまります。
学園の紹介と、かるく自己紹介を順番にしてもらって、一日の流れをお伝えしいざ始まります。

IMG_9032.jpgIMG_9034.jpg

まずは、生地の裁断の実演を。ワンピースの内側はロックミシンで始末するのですが、はじめて使う方は、ドキドキです。
てんやわんやですが、だんだんワンピースのカタチが見えてきましたよ。
そしてこの度も、現役洋裁の生徒さんにお手伝い頂き、大変助かりました、、感謝感謝です。

IMG_9057.jpgIMG_9069.jpgIMG_9056.jpg
IMG_9049.jpgIMG_9058.jpgIMG_9054.jpg


そして、待ってました!
IMG_9063.jpg

たけひろじいさんのお昼ご飯です。
栗ごはんやら、唐揚げやら、とろろやらやらやら、秋の恵みの食卓を皆で囲みましたよ。
栗ごはんも山盛り炊いてくれていて、おかわり〜と言う声が響きます。
おかわり〜、豊かな言葉ですね。
おやつには、のもとばあちゃまがでっかい栗の渋皮煮を作って来てくれてました。
今日の準備で、昨晩までバタバタと忙しかったと言うのに、こんな風に季節のおやつまで作ってくれていて、
その優しさと馬力に、ばあちゃん、じいさんにはかなわない、、尊敬のため息。

IMG_9067.jpgIMG_9065.jpgIMG_9064.jpg
この度も、たけひろじいさんのヘルプ隊が気持ち良くお手伝いしてくれました。感謝です、、、、、、

お腹も満たされ、いざ集中、作業を再び開始。
そしてみなさん最後には、この笑顔。
おばあちゃまふたり、わたくしめも、ほっとした瞬間です。
秋の色のあたたかなワンピースさんたちが、原っぱで弾みます。

IMG_9091.jpg9/26IMG_9080.jpgIMG_9071.jpg

IMG_9079.jpg
みなさん、仕上のしまつの宿題を残しつつ、試着してもらいましたよ。よく似合ってます!
ぜひ、仕上げて丘に着て来て下さいね。分からないことがあれば、おばあちゃまに聞きに来て下さい。

さてさて、次回はどんな笑顔に会えるでしょうか。
お待ちしておりまーす〜

しかしながら、清らかな光景やな、、、、




そして今宵は十五夜の一日前ということで、
yumiyanことあめつちヨーガの『満ちてゆく月の下、月礼拝とヨガニードラ』を夜の原っぱで教えてもらいました。

IMG_9094.jpg

土草の匂い虫の音と柔らかな闇に大きく包まれ、今夜この月の下で、集ることを約束されていたように、
夜空を見上げ、土に草に安堵に横たわります。
ぶ厚い雲がカタチを変化させ流れてゆく風景と体が次第にひとつとなりて、その声に導かれリズムを合わせてゆきます。
今宵は輝かしい月が、ひとつのお芝居を演出しているかの様に、顔をのぞかせては隠れ、のぞかせては隠れ、、
最後には、体の中までも透き通る様な息が流れていて、瞼をひらけば夜空にぽっかり月が浮かんでいました。
そんな月夜にシェアされた言葉を、ここにも記しておきたいと思いました。素晴らしい夜でした。

オライア・マウンテン・ドリーマー(ネイティブ・アメリカンの長老の言葉です)



招待

あなたが生活のために何をしているかは、どうでもいいことです。
私はあなたが何に憧れ、どんな夢に挑戦するのかを知りたいと思います。
あなたが何歳かということも関係のないことです。
あなたが愛や夢や冒険のためにどれだけ自分を賭けることができるか知りたいのです。

あなたがどの星座の生まれかということもどうでもいいことです。
あなたが本当に深い悲しみを知っているか、人生の裏切りにさらされたことがあるか、
それによって傷つくのが怖いばかりに心を閉ざしてしまっていないかを知りたいのです。

あなたが、自分のものであれ人のものであれ、痛みを無視したり、簡単に片づけたりせずに、
それを自分のものとして受け止めているかどうかを知りたいのです。

また、喜びの時は、それが私のものであれ、あなたのものであれ、心から喜び、夢中になって踊り、
恍惚感に全身をゆだねることができるかどうかを知りたいのです。
気をつけろとか、現実的になれとか、たいしたことはないさなどと言わずに。

私はあなたの話すことが本当かどうかには関心はありません。
私はあなたが自分自身に正直であるためには、他人を失望させることでさえあえてすることができるかどうかを知りたいのです。

たとえ裏切りだと責められても、自分自身の魂を裏切るよりはその非難に耐える方を選ぶことができるかどうかを。
たとえ不実だと言われても、そんな時にあなたがどうするかによって、あなたと言う人が信頼に値するかどうかを知りたいのです。

私はあなたが本当の美がわかるかを知りたいのです。
それが見た目に美しく見えない時でも、毎日そこから本当に美しいものを人生に汲み上げることができるかどうかを。

私は、あなたがたとえ失敗しても、それを受け止めてともに生きることができるかどうか、
それでも湖の縁に立ち、銀色に輝く満月に向かってイエスと叫ぶことができるかどうかを知りたいのです。

あなたがどこに住んでいるか、どれだけお金があるかはどうでもいいことです。
それよりも、あなたが悲しみと絶望に打ちひしがれ、どんなに疲れ果てていても、
また朝が来れば起き上がり、子どもたちを食べさせるためにしなければならないことをするかどうかを知りたいのです。

あなたが誰を知っているか、あなたがどうしてここに来たかは関係ありません。
私とともに決してひるまずに炎の只中に立つことができるかどうかが知りたいのです。

あなたがどこで、何を、誰と勉強したかはどうでもいいことです。
私が知りたいのは、皆が見捨ててたった一人になった時、あなたの内側からあなたを支えるものは何かということです。

私はあなたが自分自身としっかり向き合い、
その何もない時間の中にいる自分を心から愛しているのかどうかを知りたいと思っているのです。

オライア・マウンテン・ドリーマー(ネイティブ・アメリカンの長老の言葉)








2015 9/25(金)「tracks」

IMG_8969.JPG

『tracks』Arisa Kawai Exhibition
2015/09/16(wed)〜27(sun) at SEWING TABLE COFFEE

最終日は17時までの展示となります。作家毎日在店しています。






ソーイングギャラリーでも素晴らしい展示がされてますよ。

LINE'S LAND MARKET カクシカ モノとコトバ
IMG_8987.JPG

ごらん、空と海を分つ移り気な水平線たちを。とじ込められた瓶の中ではなす術もないさ。







2015 9/24(木)「コスモスの小道」

IMG_9031.JPG

今年は、やっさんが支柱を立てしっかり支えてくれているので、裏の畑のコスモスが、太陽にどんどん向って咲き誇っていて、
ソーイングテーブルの小窓からそのコスモスを見つけた人達は、うわ〜〜〜と声をあげ喜んでいる。
やっさんの愛だな〜〜






2015 9/23(水)「貝殻となり」

こちら吉田次朗さんのさくひん。どっしり構えている女性。
今朝小さな羽を拾ったので、えだんちゃんが作ってくれたうで輪にその羽をさしたら、インディアンになったよ。


IMG_9030.JPG

ちなみに『貝殻となり』は、『貝殻と成る』という意味を込めていて、
そして、いつもじぶんの身に添うじゅず玉も、花言葉に『成し遂げられる想い』と言う意味をもっている。
夢や想いを、いつもいつまでも、抱いていたいという、こころ内のはなし。








2015 9/22(火)「おもむくままに歩く」

FullSizeRender.jpg

朝一、nagaiさんのお墓参りへ皆で行ってお茶してから、その後解散。
わたしは、ぷらりと海岸沿いをおもむくままに、散歩。
最後には、
うわあ〜〜〜秋のはじまりやと言うのに、
また日焼けしてしもた〜〜〜と、
美白は夢の又夢。ひとり反省会。
いつもの様に、馴染みの海辺やはじめての砂浜で小さな貝殻を拾いあつめる。
そう言えば、いつ『貝殻となり』という言葉が思い浮かんで、
じぶんの大事なことばになったのだろうか、、とふと想う。
自然と波に逆らうことなく素直に揺られかたち創るその美しさユニークさに、
じぶんの眼差しを照らし合わすことができた、その言葉を見つけることができたことは、
とてもとても大きなこと。
この先も、ときどきこうやって、さまざまな海と出会っては、貝殻を拾いつづけるんだろうな、、と想いながら、
たわいない風とそっと語らい、ただただひとりぼーっと至福の中で散歩していた。






2015 9/21(月)「慎ましやかで陽気で、秋の太陽と同じくらいに、ただただただ」

9/21FullSizeRender.jpg

第5回目のjamjamjam音楽祭が、今年は関東の仲間たち主催で鎌倉で行われた。
それで、もう出演者の1番目から、がっつりこころを奪われてしまって、
さいごのさいごのさいごまで、素直な気持ちでその空気に中に、みんなが浸ることになる。
なんでこんなにも包まれる様な時間が、色あせることなく、続くのだろうか、、
たいせつに抱いていたいことだけが、そこにシンプルにくっきりと浮かび上がって、
誰かを励まし、自分を励ましたことだろう。
みんなが笑い合うその笑顔を思い想像しながら、
今日の様な毎日が誰もの中にありますように、、と
祈りたいきもちで、口を大きく開いて声に出している、
その響きが、冷めることなく体の中を温めつづけてくれる。

来年の9月は、星ヶ丘でのjamjamjamを予定しています。
ホカホカと又その日を待ちたいですね。







2015 9/19(土)「 明日の朝はツヤツヤの無花果ジャムを食パンにのせて食べよう 」

9/19イメージ 5.jpg9/19イメージ 3.jpg
9/19イメージ 4.jpg9/19イメージ 1.jpg

今朝は、クールさんの原っぱ保存食のワークショップでした。
本日は、無花果ジャム作り。とてもシンプルな作り方ゆえに、
長年食にたずさわるクールさんの本格派な美味しい美しいコツを合間あいまで教えてもらい、
知らんかったわ〜知らんかったわ〜の連続。
ほんじつの試食ランチは、カレーライス!!無花果ジャムのチャツネを、
カレーライスにトロンと入れて食べるその味を、想像してみて下さい。
ヨダレ〜
次回は、11/11wed 11時〜 原っぱにて。 新生姜の甘酢と紅ショウガ作り 詳しくは催し頁ご覧下さい。



夕刻からは、原っぱでの雨土ヨガでしたよ。秋の風となって、ほんとうに心地よさそうでした。
そして9/26(土)は、十五夜の一日前で、18:00からヨガを行います。
満ちてゆく月の下、月礼拝とヨガニードラを練習します。(90分)
ヨガの後に一品持ち寄りのごはんをしませんか。ごはんからの参加もウェルカムです!

18:00〜ヨガ:19:30頃には月の下でみんなで持ち寄りごはんを予定しています。

場所  : ソーイングテーブルコーヒー中庭あたり 原っぱでのヨガとなります。
参加費 : 2000円 (1ドリンク付き)
持ち物 : ヨガマット(ゴザやバスタオルでもOK)、タオル
ご予約 : icigiku@gmail.com

*動きやすい服装でお出でください
*外でのヨガとなりますので、日が暮れると寒くなることが予想されますので各自防寒できる服装•グッズ
(ブランケットや首巻き帽子など)でお越しください。虫除け対策も各自でご用意ください。







2015 9/18(金)「 ふりそそがれるものたちへ 」

9/16イメージ.jpg おとうと丸太郎

この季節は、朝の珈琲まで、そのへんのぬくぬくしたのんにもぐり込んで、
ぬぼーーーとしてます。
のそのそとやつらがやってきて、どっかにはさまってきよるんです。
ぬぼーーーといっしょにします。




納屋では、
この石は何?この実は何ですか?と言う会話が交わされて、
乙女たちがキラキラ瞳を輝かせています。

9/16イメージ 2.jpg
輝きのシャワーを浴びにくるとよいです。


『tracks』
Arisa Kawai Exhibition
2015/09/16(wed)〜27(sun) at SEWING TABLE COFFEE








2015 9/16(水)「 tracks」

いよいよはじまりましたよ。実物を手に触れてください。

9/16イメージ 1.jpg

『tracks』
Arisa Kawai Exhibition
2015/09/16(wed)〜27(sun) at SEWING TABLE COFFEE

初めてこの場所に出会ってから、5年が経ちました。
自然物を使った作品を制作し始めて間もない頃です。
この場所はいつ来ても、「そのままで良いんだよ」と言ってくれるように感じてきました。
5年ぶりにここで展示ができる事が決まり、これまで制作してきた作品と、
これからの新しい一歩になるような、そんな作品を見ていただければと思います。
足跡でできた小道の様なものを形にできればと思います。kawai arisa









2015 9/14(月)「余韻」

9/14IMG_8813.jpg 丘のじゅず玉はぷっくりしている。

今年も、丘のじゅず玉が、一足先に、まずは8粒収穫出来た。
まだまだ、青々した玉が実っているので、今年も冬の頃、たくさん収穫出来るはず。

9/14IMG_8803.jpg

こちらは、以前シーちゃんが持って来てくれた風船唐綿(ふうせんとうわた)が綿帽子の種をつくり、
今まさに、目の前で風に吹かれ旅立つ瞬間。手の中におさまるほどだが、感動的で美しい世界。


そうこうしながら、昨日までの展示の片付けをしつつ、
数枚の展示の感想を読みながら、、そのまっすぐな気持ちに、あらためてこの二週間を想い返す。
あ、、、やれてよかったな、、と静かに想う。
10のかたがみは、ささやかで、この場所での展示はもしかして、とても個人的だったかもしれないが、
もうそれぞれが、ちゃんとじぶんの世界を創りはじめていて、やわらかな輝きは、それぞれの速度を知り、揺るぎなく放っている。
今回の展示は、そんなつかの間、今のじぶんの足下をそっと見つめる、きっかけのひとつとなっていればいいなと思う。


夕刻、納屋で、詩人 西尾勝彦さんが編集人の、旅人と詩人の雑誌「八月の水」を読み返す。
わたしも、この3冊に、旅紀行や詩など、少し載せてもらっていて、
ここに記してもらっているものは、自分にとっても、たいせつでたいせつで、けっして忘れたくない、、
そんな気持ちを綴らせてもらっている。
そして、今年4冊目に記載していただくものを、今書いていて、もう実はとっくに提出期限が過ぎているのだけど、、
透明に流れつづける水のごとく、素直なことばをすくい上げるように書けたらいいな。
今日の納屋は、じぶんの中の静けさを見つめるじかん。

9/14IMG_8812.jpg

旅での事柄、そして日常から生まれた詩、誰かの思いや言葉にふれることは、
日々や記憶、そこから先を見つめるきっかけとなります。
この本を手にして読み終えた後、思いをめぐらす旅人または詩人が、ひとり、ひとりと増えることを願います。
特別ではない、かけ離れたことでもない、身近なことを綴る言葉が流れあふれる時代につづく一冊。
この本は、大きくなくとも確かな声で「人」を伝え、感じさせてくれる本だと思います。

〈本文より〉
「八月の水」という雑誌を、作ることにしました。きっかけは、東北大震災と、その後の混乱でした。
これから、どんな時代になるのだろう、と不安になりました。
でも、しばらくすると、これからは、こんな時代になってほしいと願う方がよい、と考え方が変わってきました。
そして僕は、直感的に、「旅人」と「詩人」が見直されるような時代になってほしい、と思ったのです。
目先の利益ではなく、はるか遠くを見つめる「旅人」と「詩人」の存在が、今後、重みを持つはずと思ったのです。
彼らのまなざしの強さ、そして優しさによって、少しでも時代がおだやかになればと希望しています。
僕にとって「八月の水」は、ありありと実在しています。その水源には、いつも快い風が吹いています。
西尾 勝彦





2015 9/13(日)「星々の集るところ」

9/13イメージ.jpg

今宵は、ソーングギャラリーでの展示の陶芸部のみなさんと、
ソーイングテーブルでの展示『かたがみ』参加の、もとソーイングギャラリースタッフらとの、
合同打ち上げ会でした。今夜ぐうぜん居合せた人達も一緒に参加して、
いつものごとく、手作りの美味しいものを持ち寄って、歌ってダンスしてズッコケて、この丘らしいやわらかであたたかな時間。
それもそうで、陶芸部もsewingチームも、10数年もの古くからの繋がりの中にあって、
気づけば、小学生だったこどもたちが、中学生になっていて感慨深く、子供も大人も、
この空気のなかで、素直に無邪気に今も昔もなんら変わることなく、やわらかな時間を囲むことができる。
偶然だったのか、必然だったのか、約束されていたような時間を過ごすことになる。
それぞれが、このささやかあたたかさを持ちかえって、明日へ繋げてゆくことだろう。






2015 9/12(土)「ぐふふ」

昨日の草織りが裏庭のトタン下で揺れている。
なんて気持ち良い風景なんだろう、、昨日のみんなの笑顔が浮かんだので、写メを届ける。

9/12IMG_8782.jpg

そして、そのかたわらで、jamjamjam音楽祭の練習をするひとたちがいて、
9/12IMG_8787.jpg


ギャラリーでは、思いつくでっかい字を墨で書いて遊んでいる。

9/12IMG_8790.jpg9/12IMG_8791.jpg
ぐふふ。
おしりをぷりぷりさせながら、書かせてもらった。






2015 9/11(金)「タテガミ」

9/11IMG_8715.jpg SO SEA tategami

もしネイティブインディアンの世界にいたならば、
酋長は「笑う声を歌にして踊る女」と名付けたであろう彼女が、満面の笑顔で朝一目の前にあらわれた。
それで、「笑う声を歌にして踊る女」は、風にタテガミが揺れ動くようなこのSO SEAのパンツを颯爽とスキップするように迎えに来た。
木漏れ陽の中で、体を弾ませ、のびのび動く手足を眺めていると、
これはいつぞや、タテガミ揺れるこのパンツから、しっぽまでもが、生えてくるかもしれないな、と想像できた。
この人に、はいてもらいたかった、、とよろこんでいる。
うれしくて、うれしくて。


9/11IMG_8773.jpg

さて、きょうは、12月の展示のふんわりやんわり打ち合わせと言いましょうか、、
手織りのアユちゃんとweltユキンコちゃんと、そして約束を交わさずとも(笑)
ちょっこりと集合してくれたゆみやんちゃんも合流。
アユちゃんが、この丘での展示をイメージして手織りしてきてくれたそのふくよかさに、もう一同感動。
今回、アユちゃん自身もこの場所なので、あらたなこころみの織りも織ってくれていて、
一緒に表現してくれるweltのユキンコちゃんの香りも、いや今回は『匂い』も、と彼女は表現していて、
みんなが、そのくるまれる様な日を待ち望んで、イメージをふくらませ創ってゆく。
さあ、愉しみに待っていましょう。
そんな流れで、その期間にアユさんとシェアワークが出来たらいいな、と思っていて、
こんなのはどうかな〜なんて言いながら、自然と今日あつまった無邪気な手が遊びだす。

9/11IMG_8724.jpg
かろやかに草風になびく人たち
9/11IMG_8777.jpg9/11IMG_8727.jpg9/11IMG_8763.jpg

草のいい匂い。美しい光景、、と言いたいところですが、蚊と戦っております。ハイ。
自然の中での遊びには、ぜ〜〜んぶ大らかでいかないと、やってらんないのです。
とは言え、たのしくてたのしくて、夢中です。

9/11IMG_8771.jpg
草織りをする
9/11IMG_8729.jpg9/11IMG_8774.jpg
SO SEA オキーフの衣を着てくれてるWELTさん。その人の存在が衣を生かしてくれている。もう自分の手から離れてかっこよかったな、、、ほんとに。
その人の中で、はぐくまれる衣。胸をはって、そんなものが縫えたんだ、、と言える喜び。

イメージすることからはじめよう
9/11IMG_8780.jpg
編み込んだものを、タテにしたりヨコにしたりぶら下げたり。こう居たいな〜と草たちがいう。
9/11IMG_8785.jpg9/11IMG_8744.jpg9/11IMG_8730.jpg
相変わらず、わっるい企んだ顔やな〜
12月のシェアワークになりますが、お愉しみに!



あ、こんなところに生息していたのか!
9/11IMG_8781.jpg
天然記念物 yanyan 発見!





夜は美味しいのんをまんぷく食べたねー
例の白胡麻の美容健康の話で大いに盛り上がる。季節も移りゆくしツルツル潤い目指したいものです。
9/11IMG_8776.jpg9/12IMG_8769.jpg
そしてまた、モリモリ食べて、、、、、







よし、
この丘の実や葉や小枝をビーズにして繋げてレイをつくろう
繋げていったらいつか100のレイができるはずだ
そしたらそのレイにぴったりの100のサンドレスをつくろう
きっとそのドレスを着た人は踊りだすだろう
100の踊りだした人に、だれかが花をさしだすだろう
花をもらった100の人はうれしくなって、ラララと歌いだすだろう
ラララの次に、約束を交わすような大事なことばをだれかがつづりだすだろう
そしたら100のことばが歌になったとき、だれかがウクレレをポロンとするだろう
そして100のメロディーが流れはじめるだろう
奏でる100のメロディーは、雨音となり樹々の揺らぎとなり風のささやきとなるだろう
この丘の一番大きな木のてっぺんで鳥が元気に鳴いているあいだ
その大木の根元でレイを繋げつづけることにしよう
樹々からこぼれる実を拾いあつめながら
今日

そう思ったのだった



『Lei』 text/ tamaiemiko







2015 9/10(木)

9/10IMG_8716.jpg

ナナコせんせいのヨガランチまたまたありますよー
こころもからだも、満たされるひと時になるでしょう。
定員がございます。ご予約ねがいます。








2015 9/9(水)「 ヤッホーヤッホー」

かたがみ6
9/9IMG_8666.jpg9/9IMG_8554.jpgumeda tadashi

デザインに関わる仕事と玉造beyer(バイエル)の店主でもある梅田くん。
時代の中で泳いでる様にも見えるし、もがいてる様にも見える、
その常に新鮮な風貌は、きっと仲間たちも彼を眺めていて面白いだろうな、と想う。
時おりつぶやく、こんな素直な言葉粒みつけては、
本当の正体を探ってみて今日の彼を想ったり、新しい時代を想像したり、懐かしんだり。



かたがみ7
9/9IMG_8601.jpg9/9IMG_8675.jpg kaori honkawa

もとソーイングギャラリーのスタッフであったきなこちゃんは、
今は会社員をしていて、他のメンバーの様に作家活動をしている訳ではないのだけど、
この場所で仲間や様々なことと出会い、自分らしさを見つめてきたひとり。
どうありたいのか、、タカラモノのようなことに気づきはじめていて、
そっと自分のかたわらで、お守りのようにあるべきひとつの作品が今回うまれた。
この絵があることで、もう迷うことなどひとつもない。
そんな自信が彼女がこの作品を持って来た時に伺えて、言葉をうまく返せないほど、かっこよかった。
そんなものが、誰もの中にあるといいな、、と
わたしは、きなこちゃんの作品を眺めて、胸がいっぱいになったのです。
この作品は彼女の側で一生あるもの。




かたがみ8
9/9IMG_8672.jpg9/9IMG_8671.jpg「優しい記憶」/大地を思いながら Nanae Hama

2000年に美術作家の永井宏さんと出会いワークショップに参加したことで「表現する」ことを
知りました。ただ縫って作るだけではなく、思うことを形に表現することが出来るのだと。例えば
花が綺麗ということ一つにしても、人それぞれに綺麗の概念は違い、花にまつわる記憶も違います
自分にしかない形を探すこと、それはずっと思っている「自分の言葉を持つ」ということとも一致
しました。表現することは人間の生活のとても近くにあることなのだと、永井宏さんは教えてくれ
ました。作家活動をはじめるきっかけは永井宏さんとの出会いです。鞄の縫製や技術は独学です。
初めは無意識に作っていた鞄でしたが、人の生活と鞄というものが寄り添った大事なアイテムなの
だと気がつきました。毎日の仕事、生活に必要なものを包み運ぶための鞄。そこから「包む」こと
を大切に考えるようになりました。鞄はその人の人生に寄り添っているのだと思うと、それならば
その人が生きている生活を大気のように大きくゆったりと包める鞄が作りたいと思い、大切な仕事
として鞄を作り続けています。
浜七重 HPプロフィールより

9/9IMG_8681.jpg
語りだす鞄。手に包みこんだとき、ふわっと透明な空気にぽっと浮く様な感覚。
その感覚に噓はない。





かたがみ9
9/9IMG_8677.jpg9/9IMG_8572.jpg 畑尾和美

一本の糸が、どれだけしなやかで強いのか。
かずみんの作品をずーーーと眺めていて知りました。
お母さんにまもなくなるかずみんの、そのひとときの、貴重な手作業。
愛にあふれていて、涙が出るくらいに、ささやかであたたかい、、





かたがみ10
9/9IMG_8580.jpg tamai kenji /when the ship come in

わたしが、叫びたいのは、
ながいさ〜〜ん!!
あなたに見せたいから、意地になって無気になって、なんのこっちゃわからんと、
相方は、古木で、もう何年も船を作りはじめました。
100作れ、200作れ、300作れ、400作れ、500作れ、、、

わたしは想像します。
相方が、100才になったとき、
もしもその時、二人でいても、一人でいても、
その答えを知らないふりして、
なんのこっちゃわからんな〜と
笑って、まだ作っていれるような、気がします。



なんだか言葉を綴りたくなってきました。

「10のかたがみ」
誰かに宛てた、手紙でもあるのかもしれません。

お元気ですか?
みんな元気ですよ。


9/9IMG_8539.jpg

SEWING TABLE COFFEE 企画展
「10のかたがみ」 at SEWING TABLE COFFEE

2015 9/2WED 〜 9/13 SUN

中島恵雄梅田唯史畑尾和美、高階恵里子、濱田久美子、
浜七重中西裕子、本川香織、玉井健二玉井恵美子

元ソーイングギャラリーメンバーが、時を経て「今の自分自身のかたがみ」と題して、
自分なりの今を表現をしてくれてます。
展示は今週いっぱいです。作品もご購入いただけるものもあります。
ぜひご覧ください。






2015 9/5(土)「 オーーイ〜オーーイ」

かたがみ3
9/5IMG_8563.jpg 青写真(日光写真)による作品/nakajima eyu

この丘の上には、海の家と、山の家が、ある
丘の上の、海の家には、まだ海はなく
丘の上の、山の家には、まだ山はない
けれど
悠々、風にまかせ、姿となる貝がらを、見つけることができる
側にある大木は、ざらざらとした樹皮をまとい、太くどっしりとしていて、
幹ほどの枝は、遠くまで青々させている
根元は、さらに丘の大地を四方に張り広げて、
すべてを強くしずかに包みこんでいるようだ
樹々が揺れ触れ合う音は、
波の音と同じだということに、もう気づいていて、
空の雲は、手を伸ばせば、すぐに手のとどく場所にあった
まだ海はなくとも、海の人がいる
山はなくとも、山の人がいる
海の人が行き交い
山の人が行き交う


以前こんなtextを書いたことがあって、
そのころのギャラリーは丘の上の山の家で、ソーイングテーブルは丘の上の海の家
みたいやな〜なんて、だれかと話していたことがあった。
ちんぷんかんぷんな話だが、イメージできる風景は、同じものを想像し眺めることが出来たのかもしれない。
そんなことに何と無しに気づいた創造者は、
ときおり、この丘にくじらを泳がせた。
でっかいくじら。小さいくじら。中くらいのくじら。
そのくじらたちが、悠々泳ぐ姿を見つけては、
『オーイ!オーイ!くじらが又この草海にやってきたど〜〜』大空に向って叫びたくなる。

そして、こんかい又この丘の海の家から、
くじらを眺めることができる。
nakajima eyuくんのこころの海から
泳いできてくれた、くじら。





かたがみ4
9/5IMG_8584.jpg 切り絵 hamada kumiko

とにかく、目の前で見上げてほしいです。
言葉は、その後からよせてはかえす、波のように、、





かたがみ5
9/5IMG_8559.jpgAO/食卓を愉しむひとつとして側にあるもの。ふんわりしたエプロン。

今夜は、あるいつもの家で、なじみの顔が集って、焼き鳥ごはん会でした。
そこに、ずらんと並んだおかずは、
AOさんのこのレシピ本からのメニューばかり。
美味しい〜かんたん!美味しい〜かんたん!
おおさっぱのようで、まじめで、おおざっぱのようで、まじめで、
そんな魅力が、このAOさんのレシピ本にも、作るエプロンにも、あらわれています。


AOさんのレシピ本の中から、わたしの大好きなおやつをひとつ紹介
さつまいもとリンゴのクリームチーズグラタン

さつまいもとリンゴを薄くスライスして、
クリームチーズと生クリームときび砂糖をまぜたものをかけて
オーブンでチン!

うまいんだぞーほんとうまいんだぞー
詳しくは、My Dining / AO  :BOOK LORE出版 お手にとって下さい!




IMG_8622.jpg9/5IMG_8623.jpg9/5IMG_8625.jpg食いしん坊 猫ハマダ
美味しいもんを囲むと、こころがゆるんで又おもろい企みが湧き上がって来ます。
うしししし〜
9/5IMG_8611.jpg









2015 9/4(金)「 何を想いだしたのか、聞かせてほしい、かがやくはなしを

かたがみ1
9/4IMG_8609.jpg 手作り無花果ジャム/takashina eriko作/550yen

今朝の食パンを楽しみに、あったかい珈琲も用意して、さあ、おはよう!いただきます!
「10のかたがみ」参加の takashina erikoさんの手作り無花果ジャムをたっぷりたっぷりぬって、パクリ!
無花果王国、愛知から美味しい無花果を取り寄せての、じっくり丁寧に作った爽やかなジャム。
瓶には丘のじゅず玉がちょこんと。shinaちゃんならではのセンスが光ります。
旬の味をそのままに、気負うこと無く日々のたわいない食事が、自分自身の輝きを放つ、
とてもシンプルで、大切なこと。
shinaちゃんの日々からうまれた季節の味をぜひどうぞ。あなたの食卓にも。
ほんとうに、心に染みる季節の味なんです。
9/9追加で入荷予定。




かたがみ2
9/4IMG_8545.jpg SO SEA Lei / tamaiemiko

SO SEA という言葉は 自分がいつも立っているこの丘で
さまざまなことが響き合って ふと生まれた言葉です
ここには小さくともすぐ側で たくましい自然が存在していて
季節があり 人と又それ以外の生きものが分かち合って 存在します
眺める先には 草や樹々が なにくわぬ顔で悠々と揺れていて
耳を澄ますと 海の波の音と草のなびく音は同じなんだと
遠い記憶と結びつけるかのように気づかされます
その瞬間 素のままであることの大切さを知ります
この草海には 素直な風があたりまえに吹いています
自分は そんな風をはおるようなものを肌で感じ 仕上げることで
自分と向き合ったり 確かなことを確認してゆきたいのかもしれません
そして そんなささやかな想いは また誰かに響いて
気持ちよい眼差しへと 共に繋がってゆくような気がします

 With the sea in spirit
 いつもこころに、海を、、


今回の「かたがみ」では、先日うまれたSO SEAのパンツを展示しています。
角や貝殻や季節の風や骨、そんな自然物や風景、生き物をイメージしたとき、
ざざーと生地を自由に大胆に裂いて、真っ白な素のまんまな気分のパンツが生まれました。
遊び心があって、じぶんにとっては、とくべつな想いが溢れます。
足を通して頂いたら、その軽やかさに、笑えてくるかもしれません。
この先も定番でずっと側にあり続けるこのパンツ。
風になびく意思あるものへ。
tategamiタテガミ とこのパンツに名前をつけることにしました。





2015 9/2(水)「 日々を想像する事から表現を楽しみ、自分たちの言葉で書いたり読んだり唄ったり創ったり、
自分らしい毎日をうみだすことをはじめてみてはどうだろう」

SEWING TABLE COFFEE 企画展
「10のかたがみ」 2015 9/2WED 〜 9/13 SUN at SEWING TABLE COFFEE

9/2IMG_8587.jpg

 中島恵雄、梅田唯史、畑尾和美、高階恵里子、濱田久美子、
 浜七重、中西裕子、本川香織、玉井健二、玉井恵美子 

2003,2007年、元ソーイングギャラリーのスタッフ9人が、星ヶ丘で見つけた事柄を机の上で形に表そうという企画展「9つの机」が行われた。
あれから7年、今自分たちがいる場所でそれぞれが見つめてきたものを「机」から「かたがみ」にカタチを変えて表現します。

9/2IMG_8562.jpg9/2IMG_8560.jpg9/2IMG_8571.jpg
9/2IMG_8586.jpg9/2IMG_8550.jpg9/9IMG_8666.jpg
9/2IMG_8556.jpg9/2IMG_8538.jpg9/2IMG_8558.jpg
日々の中にありつづけてほしいこと。

9/2IMG_8535.jpg


でも、僕は知っています
それでもまだみんなが忘れずにいることを
だから、僕は見つめ続けています
変わることのない光や風の中を
そして、僕は待っています
遠くの方からやってくるのを
でも、最初にやらなくてはいけないのは
まず自分が大きく口をひらくこと n,h

9/2IMG_8561.jpg 砂浜のボートもしくは偶然の一日 / nagai hiroshi

そして、さいごにこの作品を並べて、この企画の搬入完了!
それぞれの「かたがみ」をご覧ください。
あー永井さん、今この納屋を眺めて、
どんなメロディを奏でるの?
聞いてみたいな。







2015 8/31(月)

8/31IMG_9001.jpg

雨音と鈴虫鳴く丘で、本日ナナコせんせいランチヨガでした。
気持ち良いヨガのあとの、こころもおなかもまんぷくまんぷく〜






明日から月が変わります。いろいろとお知らせです。


ワークショップ参加者を募集致します!
「星ヶ丘洋裁学校 繕い教室 企画」NO.2

繕いイメージ 2.jpg

こちらのワンピースを仕上げます。フリーサイズです。モデルH160cmくらい
9/1IMG_8863.jpg9/1IMG_8835.jpg
9/1IMG_8851.jpg9/1IMG_8860.jpg


『おばあさんと服づくり、おじいさんのお昼ごはん』
ー1日でワンピースを作るワークショップー

繕いイメージ.jpg

星ヶ丘洋裁学校は、昭和23年に設立された自然に囲まれた木造校舎の洋裁学校です。
「自然の中で 自分らしく 共に学ぶ」その概念をたいせつにしつつ、
服つくり、物つくりの楽しさを、この度体験していただければと思っています。
学園内ではさまざまな文化活動も行っておりますので、ぜひこの機会に星ヶ丘洋裁学校へ遊びにいらしてください。


日時 :2015.9/26 sat *26日は定員になりました。ありがとうございます!
    2015.10/3 sat  
    各回 10:00-16:30(ランチタイム12時半〜約1時間)
場所 :星ヶ丘洋裁学校/繕い教室 573-0013 大阪府枚方市星丘2-11-18 星ヶ丘洋裁学校
内容 :おばあさんと一緒にシンプルワンピースを1日で仕上げます。
    初心者でも作っていただけるレベルです。ぜひ洋裁体験をしてみて下さい。
    お昼のランチをおじいさんが作ってくれます。みんなで一緒に愉しく食べましょう。
募集人数 :各回 8名
参加費  :7000円(ワンピース講習代+お昼ごはん代)生地代別
持ち物  :ワンピースにしたい生地をお持ちください。
      素材は/薄手ウール地(多素材の混合可) 無地に限ります。140cm幅以上:1m60 cmが必要です。
      生地を用意して頂くにあたり必要事項がございますので、ご参加予約時に詳しくお知らせ致します。
      洋裁道具(型紙、ミシン、裁ちバサミ、糸など)は、すべてこちらでご用意いたします。


お問い合わせ:tamaken@mac.com (担当:玉井)
*メール件名にて「繕い教室2/ワンピースづくり」と明記し、
参加希望日とお名前ご連絡先をおしらせください。







Tracks / 川井有紗展 kawai arisa

アリサイメージ 1.jpg
アリサイメージ.jpg

SEWING TABLE COFFEEでの展示は、あれから5年が経っていました。
川井有紗さんの又あらたな表現と出会えそうですよ。さあ、たのしみです!




詳しくはSEWING TABLE COFFEE EVENT頁ご覧下さいませ。







2015 8/30(日)「NAVY BAVY 」

8/19IMG_8749.jpg 父になるのですね。

中島恵雄 eyu nakajima
Installation   / at SEWING TABLE COFFEE 
2015.8/19 WED 〜8/30 SUN



本日で、男三人衆のNAVY企画が終了致しました。
SEWING TABLEにとっても初めての試みでしたが、様々な角度からの発見があって、よい経験でした。
男前でした、三人衆。
これはちょっとクセになりそうなので、又ふいに、あなたにもあなたにも、お願いに伺うかもしれませんが、
どうかオモシロがってやってください。足をお運び頂いたみなさま、ありがとうございました!







2015 8/29(土)「龍門ズBar」
9/1IMG_8968.jpg
裏庭でのリーハーサル/龍門ズ いつのまにかえゆうさんメンバーに巻き込まれてます。いつもそんな始まりです。
9/1IMG_8966.jpg9/1IMG_8970.jpg9/1IMG_8976.jpg



今年も穏やかな夜 龍門ズbarでした。無邪気な大人たち。かっこ好かったな〜
9/1IMG_8984.jpg
今回は、ハマちゃんがおつまみの準備を手伝ってくれました。感謝です。
茄子のまろんまろん、きゅうり塩昆布、枝豆 そしてネイビーNOBUうどん!
9/1IMG_8990.jpg9/1IMG_8988.jpg9/1IMG_8989.jpg
又らいねんの夏にー







2015 8/28(金)「明日は、ゴザにゴロンと夏の夜見上げてメロディー」

9/1IMG_8959.jpg こちらはあの人のlele帽

あしたは、龍門ズBARですよ。
どなたさまも、ふら〜〜とふわ〜〜とどうぞ。夏の終わりの原っぱで。

9/1IMG_8961.jpg9/1IMG_8951.jpg
こちらは注文していた相方のleleハットと我が家のleleトートが仕上がってきました。イイです、ほんとイイ。



8/29 sat
龍門ズBar
at SEWING TABLE COFFEE中庭にて。予約不要

17:00くらいからのんびりスタート fee:1000円(1drink付)
夏の夜、アコースティックなギターとほろ酔い月夜の下で、笑ったりうっとりしたり居眠りしたり。
NOBUうどんが、NAVYをキーワードにうどんを作ってくれます。

SEWING TABLE COFFEE 573-0013 大阪府枚方市星丘2-11-18 星ヶ丘洋裁学園内
http://tamazkue.sakura.ne.jp/pg1.html
open 11:00 - 18:00(月・火定休日)*8/29はイベントのため16:00閉店







2015 8/27(木)「 風景の中に立つ」

8/24IMG_8944.jpg

昨晩、我が家の猫が押し入れをごそごそして毛糸玉を引っぱりだして来た。
そんな季節がやってきたんだな。ときおり、ぺったり背中をひっつけて来て眠っている。
昨日は沖縄のハナちゃんたちと電話でお話して、10月に予定していた沖縄の仲間たちの展示を、
作戦会議をしていたらムズムズと面白いことが更に湧き上がってきたので、
あわてないで、もう少しじっくりじっくり時間をかけて創り上げよう!ってことになって、来春に予定を変更!
no problem!
皆でひとつのテーマに向って想像してゆく愉しみがふくらむ。
電話の向こうの声が相変わらず元気で、愉快をいつでもこころに持つその声に、親しみが溢れる。
勝手にハナちゃんとは似た人種と思っていて、だからなんだか、だいたいがどんなことを考えているのか、
どう動き出すのか、なんだか想像できる信頼感。
安心してやってくる季節をよろこんで待とう。

今日の丘は、夏の終わりを絞り出すかの様に太陽が粲粲と。
その風のなかで、ひとり草刈りをする。
待ってました!とばかりに一斉に蚊がやってきたが、来るなら来いや〜!と気合いをいれてのぞんだら、
多少かまれたが、ひとかきもしないで済むほど、かゆくもいたくもない。
自分は、自分に暗示をかけるのが上手なのかもしれない。
そうやって、何事も都合のいい風に言い聞かせて、思い込んで、
勝手に気分よくいる。まあ、調子が好くラクチンな生き方。

今日の夕空も素晴らしかった。
あの人の夕空は、どんなかな〜
あの子の場所の、夕空はどんなかな〜
あなたも夕空を見上げていたらいいなと想いながら、
今日も原っぱに立っていた。

8/24IMG_8942.jpg
シュロの風と名付けよう。うちわ。








2015 8/26(水)「シャオスー」

8/27A03.jpg
大年村の刺繍するおばあちゃんとシャオスー(19才のころ)

8/27B03.jpg
この世のものかと想うほどの壮大なお祭り。素晴らしかったな、、、、人も大地もひとつとなりて。
8/27B04.jpg8/27B06.jpg

10年近くぶりかな〜、小石(シャオスー)が、家族と共にこの丘にやってきた!
この丘にはじめて来たのは19才くらいだったかな。
キラキラ瞳は、あのころのまま!さらに大らかな輝きを増していて、
人って美しい、、、、
小石の里の話を、それでそれで、、と話は尽きない。


8/24IMG_8934.jpg
次はいつ会えるかなあ〜








2015 8/18(火)「 のこすもののこるもの 」

8/19IMG_8751.jpg8/19IMG_8754.jpg
8/19IMG_8757.jpg8/19IMG_8749.jpg

本当は、すっとひとりのなかで想像してほしい
たまらなくたまらなく、
こみあげてくるものに出会えた、よろこび
このひとは、やっぱりこういうひとなんやな
しんじることのできるしずけさ
おきざりにしていたことを、想い出した



中島恵雄 eyu nakajima
Installation   / at SEWING TABLE COFFEE 
2015.8/19 WED 〜8/30 SUN

中島恵雄 nakajima eyu
出版レーベル BOOK LORE(ブックロア)、オンラインストアー「雲の生まれるところ」、webデザインの仕事をする。
傍らで音楽活動をし、はたまた傍らで何やらかにやら頼まれる性分。
http://kumonokouba.com/abouts/










2015 8/17(月)「本を一冊、bagにいれて」

8/24IMG_8894.jpg8/24IMG_8898.jpg

家事を済ませてから、、ってな言い方をしたら完璧な主婦のように聞こえるが、
おまえ!遊びに行くんやったら、家のことちゃんとしてから行けよ!と念押しされて、
ちゃっちゃか行動。
昼から、ふらっと神戸へ。空がすっと高く風が気持ち良い。
bagの中の小さな本は、読む気配もなくお守りのように収まって、私と一緒に電車にゆられ居眠りをする。
神戸につくのは2時3時で、まずは喜八で少し遅い昼食をとるのがいつも。
人少ない水流るる音の静かな店内で、あのお弁当のフタをふわっとあけて、一人でニカ〜〜とするのが贅沢。
今日の目的は、モーニンのともちゃんが作ってくれたリュックを背負って、会いに。
また、かっけー姿を眺めて、満足して帰る。
元気に活動している友人の顔を眺めることのできるシアワセを想う。









2015 8/22(土)「夏の風、秋の風交わるところ」

8/22IMG_8835.jpg

本日、繕い教室2「おばあさんと服づくり、おじいさんのお昼ごはん」のDM撮影を!
大好きなお二人にモデルとなってもらう。コレまたイイ感じー
今回は、薄手ウール地で縫ってもらうよう秋冬用ワンピを提案。
ドルマン袖で、後ろ前のVネックの美しさが特徴的。
わたくし自身又この秋冬、ヘビーローテーション!で着るであろうワンピが誕生。



8/22IMG_8794.jpg
原っぱでは、朝一ヨガがあって、お昼からはシュロの大きな葉っぱでうちわ作りを!
龍門ズBARまでに、たくさん編んで、みんなに使ってもらおうかな〜
合間で、せっせと、がんばります。

8/22IMG_8795.jpg
まんまる、おおらかなうちわが仕上がる人
なっとく!







2015 8/21(金)「繕いの秋のワンピ」

8/21IMG_8783.jpg8/21IMG_8774.jpg 奥に見えますは、はちまきでいどむ、のもとばあちゃま。

昨日今日と、次回の繕い教室のワンピの試作縫いを、おばあちゃまたちと、行う。
ようやく、これで行きましょうーってのが縫い上がったので、
明日は、DM撮影につづく。今回のワンピは、薄手ウール地の袖付で、ネックラインが美しく、
どなたでも、きっとかっこ良く着れるベーシックなライン。またド定番間違い無しです。
近日、募集のお知らせを致しますので、もうしばしお待ちください。
ちなみに開催日は、9/26(土)と10/3(土)の2回を予定しております。





そして、ソーイングテーブルでは、えゆうくんの展示を眺めて、
ウルウルしてたかと思ったら、
8/21IMG_8778.jpg
踊るう〜〜〜






2015 8/19(水)「 Navy」

8/19IMG_8748.jpg


本日から中島恵雄さんの展示がSEWING TABLE COFFEEの納屋にて、はじまりました。
昨日の搬入は相方が立ち合ったので、
今朝、納屋の扉をあけた瞬間、
その鼓動が光りと共に飛び込んできます。
しばらく突っ立って
せめてひと言だけでも、今のこの気持ちを伝えずにはいれませんでした。

そっと、たくさんの方に見て頂きたいです。
そして納屋に流れる音色は、恵雄くんのギターのつま弾きです。



中島恵雄 eyu nakajima
Installation   / at SEWING TABLE COFFEE 
2015.8/19 WED 〜8/30 SUN


中島恵雄 nakajima eyu
出版レーベル BOOK LORE(ブックロア)、オンラインストアー「雲の生まれるところ」、webデザインの仕事をする。
傍らで音楽活動をし、はたまた傍らで何やらかにやら頼まれる性分。
http://kumonokouba.com/abouts/









2015 8/17(月)

8/9IMG_8616.jpg8/9IMG_8617.jpg

今年の夏休みも、もう終わりかー
さて、とと、、
次の季節の準備や、9月の展示のDMを郵送するなどなど、
秋の準備を、ちょっとづつ、しはじめるのであった。


katagami-HP.gif

今回のかたがみのDMは、相方が仕上げてくれました。なかなかイイですよ。







2015 8/16(日)「ヤモリが祝福の歌唄う家の中 a hawaii book of days

The gecko sings inside my home, blessing it.
8/16IMG_8667.jpg8/16IMG_8709.jpg 電車に揺られうつらうつら

こんな季節は、会いたいな、元気かな、、なんてよぎったら、
そんなことあんなことは、もうそっちのけにして、
すぐにすぐに、会いに行く方がいい。
勝手な解釈だと気づいているけれど、
会いたい、という気持ちに正直でいたほうがいい。
夏の終わりに湧き上がるその尊さに、静かに気づくときがかならずくる。

8/16IMG_8714.jpg8/16IMG_8669.jpg

8/16IMG_8676.jpg8/16IMG_8673.jpg
じゅんこさんの夏野菜天ぷらと、檸檬おろしぶっかけNOBUうどん 究極のシンプル極上の旨さ!
ちなみにこのNOBUうどんは、8/29sat 龍門ズBARでも限定で食べれるそうです。

8/16IMG_8697.jpg
なぜだか、高田家ウクレレ歌合戦はじまる。
もう、踊るしかありません、勝手に踊りだすひとたち。

8/16IMG_8703.jpg8/16IMG_8701.jpg

いつでも、きっかけを見つけることは嬉しいことで、体も自然と揺らいで、またひとつそこに真新しい風がふく。
その風に、素直に揺られていたい。

8/16IMG_8683.jpg
ラララレ〜
8/16IMG_8686.jpg8/16IMG_8681.jpg
楽譜が見えません。歌詞が見えません。老眼ず結成。
歌いますは、想いでの渚〜


8/16IMG_8705.jpg
また、あなたのところへおしかけ隊

笑顔で迎えてくれて、ありがとうありがとう、、



8/16IMG_8693.jpg猫との豊かな暮らしを知ることになったのが、高田家の愛猫たちネネとコタがきっかけでした。感謝だよ、、

僕らはいつまでも笑顔でいたいと思う。だから心地の好い風を探してはそれを結ぶ。
そんな作業が仕事だと考えることができれば幸せだと思う。
波も光もそして植物も、全てが語り掛けてくれる日々。
そんなことは白々しいと思う人もいるかもしれないが、
単純に、それが最良の人生なのだと願っている。 h.n







2015 8/15(土)「たゆたゆと夏の朝の風」

今日は、縫いたいものを縫って、ちょっと草木染めをしよう、なんて計画経てていたのだけど、
ツクツクボウシもないてるし、
ソファーにゴロンと吸い込まれたら、
ちょうどいい位置に、クッションがありあがった。
コノヤロ〜〜 クッションの野郎〜〜
今日はぜーーーーんぶ、やめーーーーーー

ぐ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







2015 8/14(金)「夏は、夜星を見上げるも好し、星の様な人を眺めるも好し」

8/14IMG_8659.jpg ヘヨカと共に 笑

京都出町柳でレンタサイクルにて、川辺で朝ご飯、おむすびをパクリパクリ。
下鴨納涼古本まつり(8月11日~16日)で、連れて帰りたいなという一冊の本に出会う。
と言うのもテンコさんが私の事を、なぜか、インディオの母 となんのこっちゃわからん呼び方をするときがあるので、
ちょっとこの絵本から答えが見つかるかもしれない。きっと、そんな頼もしい女性になりなさい!と言う
エールの命名なのかもしれない。二の腕がたくましいね!のメッセージもふくまれているだろう。
持ちかえって木陰で読みたい本と出会えて嬉しかった。
その後、気になっていた空間が祇園に出来たので、ちょっとシャレた店をのぞく。
都会的で、センス(自分で自分の世界観をもっている、自分のジャッジがあること)好くチャーミングな発想は、
ときどき思わぬ脳のある部分に刺激をいただけて、そんなものを眺めるのも嬉しくて大好き。
そしてそして、本日の目的は、星の様な人を眺めに行くこと。
STARDUSTの記念すべき最初のランチを頂けました。食べものはその人そのもの。
食したら、もう言葉にならないな、、と思った。美味しくてどうしていいか分からなくてはしゃいでいたけど、
体は嬉し泣きしていて、そのテーブルを囲んだみんなは、ちゃんとこのことを分かち合っていたよね。

そのあと、大切なことを語らう。それぞれがその声を持ちかえることのたいせつ。

8/14IMG_8661.jpg8/14IMG_8646.jpg8/14IMG_8662.jpg
8/14IMG_8647.jpg8/14IMG_8648.jpg8/14IMG_8660.jpg


夏野菜たっぷりのクスクス、ロウデザート、酵素スムージー あーまたすぐに食べたい。
8/14IMG_8650.jpg
http://stardustkyoto.com







2015 8/13(木)

お線香の匂いが好きです。
知らないところで、無限の愛で誰かが祈ってくれていることに、
気づいていたい。
こんなにもこんなにも祈ってくれていることが、
今こやって笑っていられるのだね。








2015 8/12(水)「星々の子ども達よ、人生半ばこんな大人になりなさい

8/14IMG_8626.jpg

あーーこのひとたちと一生、たくさん小さな旅、大きな旅をして、ズッコケ隊、泣き笑いしてい隊








2015 8/10(月)「10のかたがみ」

8/10IMG_8620.jpg cazimi

『9つの机展は、5年という区切りの時に、ソーイングギャラリースタッフがそれぞれがこの星ヶ丘でみつめてきた事柄を
カタチにあらわそうということで企画されました。スタッフは自分なりの視線でこの場所と関わってきました。
そして、この9人が示すものがこのギャラリーの意思だと思っています。
ギャラリーには9つの机が並べられ、スタッフそれぞれが5年の間にこの場所でひろってきた事柄が表現されています。』

上記の文は、2007年「9つの机」の展示の冊子に書かれていた元ソーイングギャラリー代表の中島くんの言葉です。
この度行う「10のかたがみ」SEWING TABLE COFFEE企画は、時を今に置きかえ「9つの机」を再現するという意図です。

今、現在の元ソーイングギャラリーメンバーが、時を経て今を「自分自身のかたがみ」と題して、
それぞれの自分なりの表現をしてくれます。
さて、何が生まれるのか、わたしたちもわからないのですが、
共にやってきたメンバーなので、なにかひとつのカタチが豊かに生まれるにちがいないと、確信しています。
どうぞ、楽しみにいらしてください。



SEWING TABLE COFFEE 企画展
「10のかたがみ」 at SEWING TABLE COFFEE
2015 9/2WED 〜 9/13 SUN

中島恵雄梅田唯史畑尾和美、高階恵里子、濱田久美子
浜七重中西裕子、本川香織、玉井健二、玉井恵美子 


そして本日、この度の企画展のこともあったので、浜七重ちゃんのアトリエに夫婦二人でヤッホー!と伺う。
アトリエの扉をあけると、相変わらずしっぽり美しい七重ちゃんが、しっかり自分の世界を小さな部屋に表現されていて、
質のいい手作業がほどいい品格とともに佇んでいて、まるで真新しい皮が使い込むほどにどんどん美しくなる様な、、
そんな七重ちゃんがいて、笑い合いながらもこころは静かに感動していたのだった。
さあ、七重ちゃんはどんな「かたがみ」を表現するのでしょうか、、








2015 8/9(日)「目の前の桜の木で、ツクツクボウシが鳴きはじめましたよ。」

明日8/10MON-18TUEまで、SEWING TABLE COFFEEは夏休みをいただきます。宜しくお願い致します!

8/9IMG_8159.jpg


さて、お休み明けの展示のご紹介です。ぜひ足をお運びください。

Navyネイビー
2015.8/19 WED 〜8/30 SUN

中島恵雄 eyu nakajima 展 Installation  / at SEWING TABLE COFFEE 開催いたします。

中島恵雄 nakajima eyu
出版レーベル BOOK LORE(ブックロア)、オンラインストアー「雲の生まれるところ」、webデザインの仕事をする。
傍らで音楽活動をし、はたまた傍らで何やらかにやら頼まれる性分。
http://kumonokouba.com/abouts/





SEWING TABLE COFFEE 企画展
「10のかたがみ」 at SEWING TABLE COFFEE
2015 9/2WED 〜 9/13 SUN

中島恵雄、梅田唯史、畑尾和美、高階恵里子、濱田久美子、
浜七重、中西裕子、本川香織、玉井健二、玉井恵美子 

本展で参加するメンバーは、この星ヶ丘の元ソーイングギャラリースタッフであり、自分なりの視線でこの場所と関わってきた人たちです。
そして時を経て、これまで見つめてきたことがらを「かたがみ」 というキーワードで、それぞれが表現します。
SEWING TABLE の私達も参加致します。






2015 8/8(土)「笑顔のあいづち」

8/8IMG_8608.jpg
かっぱ園長せんせいは毎日七変化。ギターで歌っていたかと思ったら陶芸をし、そして合間で美人さんと囲碁がはじまりました。

今朝はゆみやんのあめつちヨガが原っぱの奥のでっかい栴檀の樹の下で行われた。わたくしは朝からいろいろ準備があって今日は参加できず。
22日はぜひ参加したいと思う。
そのかたわらで、かっぱ園長せんせいらは何やらギター片手に練習を行っている風景を最近よく見かける。
先日、ちろんとテンコさんから小耳にはさんだが、かっぱ園長せんせいが、『この学校に校歌がいるやろ〜〜』とニヤリとしていたらしい。
何やら、時おり聞こえてくる歌声は、そんなことあんなことかもしれない。ぐふふふ、、、愉しみでいたい。
そのかたわらで、陶芸クラブのみなさんが展示会をするため、がんばって制作していて、
展示期間中に草原音楽会や美味しいものが食べれるキャンドルナイトなどもあるらしいので、愉しみでいましょう。


Share work 
8/8IMG_8600.jpg8/8IMG_8597.jpg8/8IMG_8598.jpg

8/8IMG_8605.jpg8/8IMG_8603.jpg

ソーイングテーブルでは、シュロの葉で作るシェアワーク。飛び入りさんもいて、
うちわでありながらも、その人が出るよね〜なんて言いながらワイワイ仕上げる。

みんな、その大きな葉で出来たうちわを顔いっぱいに近づけて、
青々した匂いを大きくかいでいた。スーーーーハーーーーー
夏の空気が編み込まれてゆく。

次回は8/22に行います。ぜひ〜



8/8IMG_8609.jpg

夕刻からは、龍門ズ練習はじまりましたよ。イイですね。やっぱしみじみイイですよ〜

8/29 sat
龍門ズBar at SEWING TABLE COFFEE中庭にて。

17:00スタート21:00くらいまで。 fee:1000円(1drink付)開催します。予約は不要ですよ。
夏の夜、アコースティックなギターと共に、ほろ酔い月夜の下で、笑ったりうっとりしたり居眠りしたり。
又NOBUうどんが、NAVYをキーワードにうどんを作ってくれます。美味しいうどんもお愉しみに。
お一人でも又お誘い合わせ、お気軽に原っぱにお越しくださいませ。

SEWING TABLE COFFEE 573-0013 大阪府枚方市星丘2-11-18 星ヶ丘洋裁学園内
http://tamazkue.sakura.ne.jp/pg1.html open 11:00 - 18:00(月・火定休日)*8/29はイベントのため16:00閉店









2015 8/7(金)「あしたは、立秋」

8/8IMG_8588.jpg

いまね、暦の本を読んでいたら、こんなことが書いてありました💫
立秋の日は旧暦では七夕祭りが行われていて、かつては星をたらいの水に映して、
この星を縫うことで裁縫の上達を祈る風習があった…って。 8月8日は立秋


WELTのユキンコちゃんがふいに教えてくれた、
このことを、今日はゆったりゆったりした夏の納屋で、明日のシュロのうちわを編み込み準備しながら、
ひとり想い馳せ、イメージしていました。

8/8IMG_8583.jpg
シュロのうちわに流木の持ち手をつけてみたり、、もはやうちわというよりオブジェのようだけど、
やわらかな風を吹かせます。









2015 8/6(木)「花をとどけたいという気持ちを忘れないでいたい/風船唐綿の花言葉は:いっぱいの夢」


こころがあたたかくなる、そんな存在をただただ想う、
今朝はそんなことからはじめてみてはどうだろう。






Share work

みんなが集ってできることを教え合えるじかん
SEWING TABLE COFFEE の季節の中で、いっしょに手を動かし過ごしましょう!

でっかいシュロの葉っぱで一緒にうちわを作りましょうat SEWING TABLE COFFEE中庭にて

8/2IMG_8512.jpg

2015 8 / 8土)or 8/22(土)13時〜16時くらい (雨天の場合は室内で致します)
場所 :ソーイングテーブル中庭
参加費:2000円(材料+おやつ付き)
持ち物:花切りばさみをお持ちでしたらご持参ください。
定員 :各回 6 名くらい
一緒に作るひと:tamai emiko
お問い合わせ: tamaken@mac.com
(件名に「シュロのうちわ作り」とご記名頂き、お名前、ご住所、メールアドレスお知らせください。

8/6IMG_8574.jpg
木の下でのシェアワークとなります






2015 8/5(水)「ほんとだ!入道雲のでっかさがこころをひろくさせるようだね、たしかにそうだね」

8/6IMG_8564.jpg

今朝は、9月と12月にふたたび予定している、繕い教室の打ち合わせを。
なんとか生地を調達したので、昨晩サンプル縫いなどを行う。
そして、予定日程は又しても押しているので、逆算しながらスケジュールを再び立て直す。
日程というのは、どうして、まいどまいど、押しよせてくるのかい?
どうなりますことやら、、言いつつも、

猫になりごろん。

8/6IMG_8561.jpg8/6IMG_8560.jpg

星ヶ丘洋裁学校企画 / 繕い教室 
『おばあさんと服つくり、おじいさんのお昼ごはん』秋の巻きは、
日時:9/26satと、10/3sat 予定しています。
詳しく決まりましたらお知らせいたします。






星ヶ丘洋裁学校で、9月見学会が開催されます。

見学会2015_9.jpg

これから洋裁を本格的に習いたい方や、家族や自分のために洋服を作ってみたいという方など、さまざまな目的をもった方が通っていただける学校です。
2015.10月~3月の後期「基礎科」への入学受付の案内はホームページ上にて掲載いたします。「本科」への入学は随時受け付けています。
*8月10日(月)~8月18日(火)の期間は学園夏期休校の為、見学会へのお問い合わせ、お申込みはこの期間以外にて承ります。
どうぞ宜しくお願い致します。


一般財団法人 星ヶ丘学園 星ヶ丘洋裁学校
〒573-0013 大阪府枚方市星丘2丁目11-18 、電話:072-840-2476 ファックス:072-840-2492 、メール:info@hoshigaokagakuen.net

詳しくは以下のHPをご覧ください。
http://hoshigaokagakuen.net











2015 8/2(日)「スパッとグレープフルーツを半分に切って、ガラスの絞り器でジュワー、すっぱい!」

8/2IMG_8502.jpg

暑い暑いと雲を見上げて吠えたい日には、生ジュース!
氷をひとつ、カラリンコ
スーーーーーーーーとするよね。
素とするよ。


夕刻はね、
8/2IMG_8518.jpg

シュロのでっかい葉っぱでサンプルのうちわを編んでました。今月シェアワークを予定していますよ。
一緒に編みましょう。近日告知します。





納屋では、SO SEA zubonbon ちょこっとあります。

8/6IMG_8530.jpg8/6IMG_8537.jpg

こちらは、dungaree/
ダンガリー素材は、非常に肌触りが気持ちいいです。cotton100で、
シワを見方に、表情を生かして履いてもらうのが、SO SEAらしいかなと思います。
今週も、少し追加で縫い上げます。タイミングが合えばぜひ!

8/2IMG_8459.jpg

SO SEA はだしとzubonbon at SEWING TABLE COFFEE
2015 7/29wed-8/9sun







2015 8/1(土)「 夏の音、誰もの中にある変わることのない風の中」

8/2IMG_8463.jpg

たくさん汗をかいて、ワハハと笑って、ちょっと緊張感ももって、
フーーーと深呼吸して、いつかの日を想い描いて、誰かに想いを馳せて、
小さきリズムが、夏の光りの中にちゃんと刻まれてゆく。
ワハハと無邪気に笑って、隣りのだれかも無邪気に笑って。

8/2IMG_8460.jpg8/2IMG_8473.jpg






2015 7/30(木)「洗いざらしのようなひとへ」

7/31写真.JPGインドのブロックプリントcotton

誰かを思って縫い上げるのは、ちょっとうれしい、もっとうれしい。
このところ、じぶんの身に添うものは、ほとんど誰かの手のカタチで、
例えば、アクセサリーにしても、素敵だな〜なんてものは世の中にたくさんあって、
コレ欲しい!と思ってつい手に入れたとしても、結局あまり使わないのです。なんだかぜんぜん落ち着かないのです。
やっかいな性分になりました。でも、なんだかそのことがうれしい。
毎日身に寄せたいのは、その手を想うとほっとするような、その人のそんざい。
じぶんが作るものも、そんな風であることをめざしたい。


7/30写真.JPG
これは、edaneちゃんの手のかたち。分身のように想うほどの特別な日に託されたタカラモノ。






おしらせです。

『あめつちヨーガ』yumiyan 8月以降の日程をアップしました。催し頁ご覧下さいね。
9/26(土)は、十五夜の一日前で、18:00から原っぱヨガを行います。
満ちてゆく月の下、月礼拝とヨガニードラを練習しましょう。(90分)
ヨガの後に一品持ち寄りのごはんをしませんか。ごはんからの参加もウェルカムです!


は、、しかしながらあと夏という夏は1ヶ月なのですね。大好きな夏が過ぎてくなあ。
オーーイもうちょっと待ってよ、夏〜







2015 7/29 wed 「キューちゃん」

本日は、coeurさんの瓶詰め保存食のワークショップで胡瓜のキューちゃん作りでしたよ。
夏、みんな満腹顔でした!

7/29IMG_8412.jpg7/29IMG_8414.jpg
7/29IMG_8401.jpg7/29IMG_8424.jpg7/29IMG_8438.jpg

7/29IMG_8426.jpg7/29IMG_8431.jpg
夏の美味しいのを瓶詰めした後は、米を炊いておにぎらずと冷汁と手作りきゅうちゃんでお昼ご飯!
切った時の様子を想像しながら、卵焼き、シソ、自家製梅干し、おくら、甘辛肉炒め、チーズをご飯に包みこんで。

7/29IMG_8419.jpg7/29IMG_8399.jpg7/29IMG_8422.jpg

7/29IMG_8453.jpg7/29IMG_8408.jpg7/29IMG_8428.jpg

次回予定
9/19(土)いちじくジャム、11月中旬以降には新生姜の甘酢漬けと紅生姜を作る予定です。
詳しくは催し頁ご覧ください。





2015 7/28 tue「夏のおしらせいくつか」

SO SEA
はだしとzubonbon at SEWING TABLE COFFEE

7/28イメージ.jpg

SEWING TABLE COFFEEにて、SO SEA 夏のzubonbon /ユニセックス 短パンやストレートパンツetc
縫い上げたそのつど並べます。サンダルやビーサン履いて虫除けと日焼け止めをぬってお越し下さい。
2015 7/29wed-8/9sun






SWAN COFFEE
(スワン珈琲)が、毎月第一土曜日、その日その季節をイメージした珈琲豆を焙煎して、
リュックひとつ分だけ背負って、葉山から販売しにやって来てくれます!
数に限りがございますが、フレッシュな珈琲豆をぜひ味わってみてください。
ソーイングテーブル店頭にて販売いたします。

次回8/1sat
お昼くらいより販売 at SEWING TABLE COFFEE にて。

7/29IMG_8446.jpg

梅雨が明け、海の日を迎えると、葉山では海辺で花火大会が催される。
そしてあっというまに8月になり、夏も中盤にさしかかる。葉山の夏の楽しみのひとつは海の家で時間を過ごせることだ。
日が暮れてからも営業しているところもあり、
仕事が終わって帰ってきても潮風に吹かれながらゆっくりできる場所があるのはありがたい。
あるとき、家にいても気持ちが落ちつかず外でコーヒーでも飲もうかと海の家に行った。
その日の仕事がうまく行かず自分のなかで決着が付かず無心になりたかったのだと思う。
この海の家のバーコーナーはカウンター式になっていてそこに腰をかけた。
周りの客は皆ビールやカクテルを飲みながら日焼けした身体を休めているようだった。
オーダーしたアイスコーヒーがなかなか出てこない。カウンターのなかに目をやるとハンドドリップで丁寧に淹れていた。
熱く淹れたコーヒーを氷をたくさん入れたグラスに注ぎ急冷して持ってきてくれた。
僕より2つ、3つ年上の彼とは顔見知り程度のなかだったが、
浮かない顔の僕をみて「仕事帰りですか?お疲れ様」と声をかけ、他の客の酒を作りに行った。
アイスコーヒーは雑味もなくすっきりとしていて美味しかった。
アイスコーヒーを飲み終えたときには悩んでいたことも忘れていた。
8月のコーヒーはアイスコーヒーにぴったりなケニア。


SWAN COFFEE
神奈川県の海沿いの町、葉山で自家焙煎をしています。
10年前に鎌倉市にある自家焙煎珈琲店を門をたたき、焙煎を始めた。
師と仰ぐこの店の店主はブレンド作りを楽しむ人でこの店の中濃ブレンドを目標の味としている。
6年前にこの店舗が閉店すると焙煎から距離を置いたが、再度焙煎にトライしようと自宅に焙煎機を構えることにした。
現在は鎌倉や葉山でのイベントに参加したり、展示のレセプションでコーヒーのケータリング活動を行っている。
ここ星ヶ丘ではJAM JAM JAM音楽祭の際に出店させていただいている。







2015 7/27(月)「それはまた何かがうまれるということ」

7/28IMG_7540.jpg

自分が心底だいじに思っていることを、
やめたり、なくしたり、失ったりすることに自分はつくづく慣れていないんだなってことに気づく。
もう、こんなにも大人なのにね。
ちいさなものであっても、おおきなことであっても、
きっとそんなことがこの先も幾度も訪れるだろうから、
それが生きているってことなのだから、
はやく、おとなになりなさい、わたし。





2015 7/26(日)

本日、NAVY レーレー梅男展 / Bag.Hat at SEWING TABLE COFFEE 最終日でした。
前半1週間は、台風の影響で雨風続きでしたが、それでもおなじみの皆さんが、愉快に足を運んでくれて、
leleさんの手作業に感心しつつ、この度の展示が終了いたしました。
本当に、ありがとうございました!
又一部『雲のうまれるところ』でも、leleさんseacaさんの手作業のご紹介があるかと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

7/26IMG_8350.jpg leleさんのキャスケットにseacaさんのベスト。ご夫婦で仕上げたものが美しくマッチするのは当然。

たばこの好きな大人が創るものは、たばこの好きな人に似合うはず。
今回のベストは、leleさん自体が自分が着たいニュアンスのベストをseacaさん(奥さま)に伝え、手作業してもらったもの。
うちの相方も、グレーの麻生地のものをいただきました。
あとはやっぱり、今回とうとうleleトートのでっかいサイズを注文させて頂きました。
今持っているleleトートは(夫婦で各ひとつ持っているのですが)、普段使いもしくは1泊がほどいいサイズで、
その使い勝手の好さに惚れ込んで、2.3泊持って行けるものがやはり自分らには必要や!!とお願いしました。
leleトートは、決して主張しすぎていないのに、その存在感と機能性が素晴らしいのです。
いつか、leleトートだけの展示もお願いしたい!とさっそく勝手に企んでいます。
その時は、一生もん、つまり人生を一緒に過ごす家族のような出会いを待っていてください。

7/26IMG_8377.jpg7/26IMG_8392.jpg

合間で、leleさんにウクレレを習いにくる人も〜
7/26IMG_8376.jpg

あっちでもこっちでも、この星の丘はメロディ。






2015 7/25(土)「windchime

7/26IMG_8360.jpg nagaiさんのギターを弾く菜文さん

ふわっと、海側から青の風がやってくるようにサララサンサンと。
でーちゃんと、首飾りをつくってあそんだね。
7/26IMG_8366.jpg


丘のオットセイ? コラー!!
7/26IMG_8362.jpg7/26IMG_8364.jpg






お知らせですよー
旅のyoga nanako nishimura
7/26IMG_8368.jpg

8月31日(月) 9:30start 星ヶ丘洋裁学校原っぱにて。
yogaclass内容…鳥や風の音に合わせて、踊りのようにヨガをリラックスしながら気軽に体験していただけます。
ヨガを初めての方、体が固い方大歓迎!体を呼吸と一緒に心地よく動かしたあとは、横になり体をお休みさせながら、
声によるヒーリングにより寝たままの瞑想を体感し、心もリフレッシュしていただきます。
ヨガで体を動かしたあとは、原っぱでみんなで野菜たっぷりベジランチをお腹いっぱい食べましょう。
・持ち物…はだしで行います。動きやすい服装でお越しください。タオル。ヨガマットはあれば。コザ貸し出します。
・yoga+lunch(デザート付き) お一人4000円。・定員 5人くらい。
 お問い合わせ rasa_maya_narayana@docomo.ne.jp

7/26IMG_8369.jpg

講師 : nanako nishimura
現在、神奈川県在住。
19歳より独学でヨガを始め、富山、東京、京都でヨガ・瞑想を学びながら独自のヨガプラクティスを深めていく。
現在も師のもとで学びながら、好きなひと、音、色に逢いに、旅をしながら活動している。
2010 全米ヨガアライアンス200時間 修了







2015 7/24(金)「星 辿るように」

7/26IMG_8386.jpg

You are stardust on the earth – a beautiful piece of the universe.
7/26IMG_8318.jpg

宇宙の星がその命を終えた時、うまれたその星屑はあなたになった。あなたは美しい宇宙のひとかけら。

私たちの身体を作るすべての要素は、星屑できていることを知っていますか?
爆発し一度死んだ星は、幸運にもこうしてあなたに生まれ変わったのです。
夜空を見上げると瞬く星々。あなたは、実は大いなる宇宙の星の欠片。 地上で輝く星。
またいつか広大な宇宙の一部に戻るときまで、どんなときも、
星はあなたの内側で光り輝いているのです。
そんな地上の星々が、ここSTARDUSTで出会い、スパークする、
幸せな場所となりますようにと願いを込めて。

かなちゃんが生みだした STARDUST 案内からの言葉です。
星空を見上げ、星々を辿るように、出会ったすべてが共に輝き紡ぐところ。
SEWING TABLE COFFEEでも案内のDMを預かっておりますよ。

7/26IMG_8341.jpg
また大好きな人に会いに行くそんな場所がひとつ生まれました。
うれしいなあ。






京都の町をチャリンコかっ飛ばして、その夜は、下鴨神社にて薄暮の御手洗祭りへ行ってまいりましたよ。
来年もぜひ参りたいな。は、、、、、

7/26IMG_8325.jpg

下鴨神社末社のひとつ「御手洗社」の例祭。「足つけ神事」とも呼ばれ、
境内の御手洗池に足を浸したままろうそくを供え、無病息災を祈ります。安産にもご利益があるといわれています。

7/26IMG_8319.jpg7/26IMG_8331.jpg
夏ですね。







2015 7/23(木)「lelele~」

レレさん、7/26 sun SEWING TABLE COFFEE に在店してくれます。
ぜひ、最終日会いにいらしてくださいね。

7/26写真.JPG

レーレー梅男展 / Bag.Hat at SEWING TABLE COFFEE
2015.7/15 WED 〜7/26 SUN






2015 7/22(水)「夏の光りが、ちゃんととどくところからうまれたものは」

7/22IMG_8203.jpg

さて今週1週間 レレさんの鞄たち、seacaさんのベストが、sewing tableでプカプカしております。
ぜひ、手に触れてみてください。

レーレー梅男展 / Bag.Hat at SEWING TABLE COFFEE
2015.7/15 WED 〜7/26 SUN






2015 7/20 海の日「みんなが弾んだような深呼吸していて、素直な風がながれていた」

7/20IMG_8265.jpg
7/20IMG_8258.jpg

今年も晴天、海の日青空ウクレレ発表会が元気に愉快に行われました。
あー、、これもsewing table の folklore (民話, 伝承, 伝説, 俗説, 昔話,) 美しい風景です、ほんと美しい。

7/20IMG_8208.jpg7/20IMG_8207.jpg7/20IMG_8213.jpg
ノブ、ハッチャン、今年もしぶい歌声に皆イチコロ。

7/20IMG_8216.jpg

今年は、初心者コースの二組が、もう素晴らしく力を発揮してくれました!
おとなもこどもも、夏休みのような時間。無邪気に笑い転げ、たくさんたくさん汗をかきました。

7/20IMG_8248.jpg7/20IMG_8209.jpg7/20IMG_8294.jpg
7/20IMG_8231.jpg7/20IMG_8223.jpg7/20IMG_8257.jpg

7/20IMG_8286.jpg7/20IMG_8271.jpg ノリノリ〜
今年も、急きょカッパえんちょうさんにも参加していただきました。
私たち桜連合が、青で統一していたので、どこからか青のカーテンを引っこ抜いて巻いてはりました。後で誰かに𠮟られません様に(笑)

7/20IMG_8228.jpg7/20IMG_8210.jpg7/20IMG_8225.jpg
7/20IMG_8206.jpg7/20IMG_8253.jpg7/20IMG_8291.jpg
あめつちヨガのゆみやんに、演奏前に緊張をほぐすヨガを教えてもらいましたよ。ノビノビ〜

7/20IMG_8217.jpg7/20IMG_8262.jpg
doiさん たのしい動画を撮ってくれてましたよ。

中盤では、sewing tableでleleさんのbagの展示をしているため、
即席ファッションショーが行われました。なんともなんとも、なごやかなleleコレ!
かわいいモデルさんが、ずらんと。バックやベストがステーキでした。
7/20IMG_8237.jpg7/20IMG_8241.jpg
7/20IMG_8244.jpg
ほのぼのぼの。

そして、
7/20IMG_8284.jpg

わたしたちも、みんなで今年も演奏できて愉しかったな〜〜
のもとばあちゃんに縫ってもらった青のワンピースが原っぱの夏の光りに気持ち良かったです。

これからが夏本番です。
ひきつづき元気に参りましょう!
ご参加のみなさま、見守りお付き合いいただいたファミリーさま
今日も、ありがとうございました!

毎日がこんな風に、健やかでありますように、、、
2015 レレさんひきいる海の日ウクレレ発表会 

夏の太陽のもとにて。



夏の間にいろいろな雲を眺めた。
太陽が出て沈むまで、そして星や月の輝く夜。
たった一日でも時間によってその表情は多彩だ。
秋も冬も、一日に変化する気持ちのように、
きっとそれぞれがそれぞれに描く風景がある。h.n





2015 7/19(日)「ポッケ、鞄底、持ち手や、その細部たちが、おどろくほどのlele風味」

7/18IMG_8200.jpg 龍門ズ おっちゃん達ようやくそろい音合わせを。やっぱイイね〜
8/29 sat
龍門ズBar
at SEWING TABLE COFFEE中庭にて

17:00スタート fee:1000円(1drink付)開催します。
夏の夜、アコースティックなギターとほろ酔い月夜の下で、笑ったりうっとりしたり居眠りしたり。
NOBUうどんが、NAVYをキーワードにうどんを作ってくれます。

SEWING TABLE COFFEE 573-0013 大阪府枚方市星丘2-11-18 星ヶ丘洋裁学園内
http://tamazkue.sakura.ne.jp/pg1.html
open 11:00 - 18:00(月・火定休日)*8/29はイベントのため16:00閉店


7/18IMG_8193.jpg7/18IMG_8192.jpg7/18IMG_8197.jpg
seaca best  7/20 メンズ、レディースサイズ共に揃いますよ。

7/18IMG_8183.jpg7/18IMG_8184.jpg7/18IMG_8178.jpg
レーレー梅男展 / Bag.Hat at SEWING TABLE COFFEE
2015.7/15 WED 〜7/27 SUN

7/20 海の日
SEWING TABLE COFFEEは定休日ですが、ウクレレ発表会が原っぱにてあります。
その間、レーレーさんの作品もご覧頂けますので、ぜひ手にとってご覧ください。







2015 7/18(土)「NAVY」

7/18IMG_8167.jpg7/18IMG_8168.jpg7/18IMG_8165.jpg

レーレー梅男展 /Bag.Hat at SEWING TABLE COFFEE
2015.7/15 WED 〜7/27 SUN
7/19作家在店します。


レーレー梅男 lele umeo
2012年10月、大阪から沖縄に移住。プカプカと泳ぎに行った訳ではないが、イラストレーターを生業する傍ら、
カバンを作り、傍ら帽子を作り、傍らウクレレのインストラクターをしながら傍らバンド活動をする。
その傍らビーチを散歩しつつ落ちる夕陽を眺めている。傍らが結構本気です。
SEWING TABLE COFFEEでは「青空ウクレレ教室」開催。
https://twitter.com/leleumeo


7/18IMG_8129.jpg seaca best
相方はこのベストをじぶんのにしてしまいました。
あと、ネイビー、ライトブルー2種あります。
かるくて美しいシルエットのベスト。今の季節にも良いです。





合間で、また届けたい人に丘で実ったじゅず玉のうで輪を繋げる。
7/18IMG_8164.jpg

じゅず玉の花言葉は、『成し遂げられる想い』

しかしながら、台風のあいだは、ずっと寝ていた。
この数日、とことんダラダラと過ごした。
さあ、またはりきって縫いましょうかね〜





2015 7/16(木)「自然物の装身具とともに、海をこころに精神性の高い衣をめざし、手を動かしてゆきたい」

7/16IMG_7824.jpg7/16IMG_7515.jpg7/16IMG_7674.jpg
7/16IMG_7710.jpg7/16IMG_7673.jpg7/16IMG_7807.jpg
一部写真は『オキーフの家』写真集より
7/16IMG_7651.jpg7/16IMG_7676.jpg7/16IMG_7713.jpg
この度、EDANE NEXT DOOR "GHOST RANCH"の企画にSO SEAも参加させて頂いて、
また自分の中に、揺るぎないものをそっと頂けた様な気がする。
「自然物の装身具とともに、海をこころに精神性の高い衣をつくるSO SEA」
EDANEのdoiさんがこんな風に、今回SO SEAをご紹介いただいて、
自分がめざすべきカタチを、シンプルに言葉にしてくれて、SO SEA の眼差しがここに根付いた。
まだまだ、この言葉に辿りつくまでは、力不足ではあるのだけど、この頂いた言葉を胸に、がんばりたいと思う。
こうやって、出会ったことがらから、ひとつひとつはぐくまれてゆくのだな、、と
しみじみ感謝するばかり。

今回、オキーフのいくつかの本を読み続けるにあたり、オキーフが着るであろう意思の強い服を仕上げるのは、
到底まだ私には無理だとわかり、自分が今出来ることは、、そんな風に思っていたら、
オキーフの家にある、骨や角や石や貝殻が心によぎりました。オキーフが貝殻を拾うように、アビキューやゴーストランチで集めた美しき自然物たち。
そんなものをイメージしたら、緊張がやわらいでとてもやわらかな気持ちが広がって、今自分が仕上げることのできる、等身大の衣が縫えました。
その人のこころのオキーフにすっと寄り添うように、届いたかな。
意思あるものへ








2015 7/15(水)「 NAVY lele UMEO 展はじまりました!」

7/15IMG_8124.jpg7/15IMG_8137.jpg

またまたleleさん風味のバックや帽子が届きましたよ。クオリティー高い!
今回は、seacaちゃん作(奥さま)のベストもご紹介しています。
かっこいいですよ!ぜひ手に触れてみて下さい。ぐふふふ〜〜

レーレー梅男展 /Bag.Hat at SEWIN TABLE COFFEE
2015.7/15 WED 〜7/27 SUN









2015 7/13(月)「 大分の海、センチメンタルビーチに会いにいってきましたよ」

7/13IMG_8118.jpg

おばあちゃんにも会って、奥さんや娘さんやおかあさんやおとうさんや、
育った島や、夢をはぐくみたい海や、
そんなじぶんのたいせつなものを、こんなにもさらけだしてくれたのだから、もう、ことばにならないよ。
泣きたいくらいの気持ちを、体中に染み込ませて、
そうだまずは、じぶんの大切なひちたちに伝えることからはじめよう、、
そう思ったのだった。
そう想ったのだった。

7/13IMG_8041.jpg7/13IMG_8075.jpg7/13IMG_8059.jpg
I7/13MG_8114.jpg7/13IMG_8008.jpg7/13IMG_8110.jpg
7/13IMG_8055.jpg7/13MG_8115.jpg7/13IMG_8080.jpg
7/13IMG_8067.jpg7/13IMG_8017.jpg7/13IMG_8023.jpg

砂浜に穴を掘って涼んでいるこ。又必ず会いに行くね!
素晴らしい出会いが、確かにはじまりますよ。

7/13IMG_8119.jpg
振り返ったら、でっかい海!

つづく









2015 7/12 (日)「 ぬくもり」

今日がいちばん美しいと声に出てしまいたくなるほど、銀白に輝く短冊がシャンシャンときらめいていた。
まるで星屑が降りそそいでいるかのようだった。

7/12IMG_7966.jpg

「ぬくもり」 畑尾和美 個展
 2015.7.1.wed - 7.12.sun (7/6,7 休) 11:00-18:00 at SEWING TABLE COFFEE

7/12IMG_7970.jpg7/12IMG_7972.jpg7/12IMG_7975.jpg

サイホン珈琲を淹れる手 / Leiを繋ぐ手
7/11IMG_7644.jpg7/11IMG_7646.jpg

kazumi hatao
7/12IMG_7649.jpg






2015 7/11(土)「ハタオカズミ 朗読会」

7/11イメージ.jpg

Folklore フォークロア
あのころ、そんなはじめてのことばを聞いて、雰囲気の中で知ったような気分でいましたが、
あなたさまがほんとうに伝えようとしてくれていたことは、
根っこが深く強く揺るがぬ
スカートがゆりかごみたいに、やわらかく揺れている
その姿を、真っ正面から眺めていて、
そうか、、10年も前に伝えてくれていたことは、
このことだったんだな、ってやっとわかりました。
だから、もう安心してください。

7/11IMG_7941.jpg
kazumi hatao 2015  at sewing table coffee
7/11IMG_7939.jpg7/11IMG_7933.jpg
ao / ぬくもり寒天 豆灯/ロウソク






2015 7/10(金)「GHOST RANCH」

7/10より夏のEDANE NEXT DOORが始まります。今回は、アメリカの画家「ジョージア・オキーフ」へのオマージュです。
オキーフは、幽霊牧場(ゴーストランチ)と言われる「世界で最も美しいところ」の噂を聞き、その場所を探してニューヨークから移り住みます。
砂漠で拾った動物の骨や石を描き、晩年は有機農法で野菜を育て、アイダ・ロルフ博士の健康法(ロルフィング)を実践し、
徹底した排除主義のミニマリストとして、ストイックで美的考慮に行き届いた生活を生涯おくり続けました。

想像力あふれる解釈で毎回おどろきの作品を生み出してくれる岐阜の陶芸家吉田次朗氏。
独特な次元のデフォルメで表現する東京のイラストレーターAona Hayashi
自然物の装身具とともに、海をこころに精神性の高い衣をつくるSO SEAの玉井恵美子
場所性やテーマに寄り添い、記憶を想起させる香りで空間を満たすWELT
3種類のパフュームによるDesert Perfume Bar(砂漠のパフューム)もおこないます。
そして厳選された材料と、食感、香りのバランスは唯一無二。オキーフのガーデンからイメージしたtsuzuruの焼菓子が4種類並びます。
Small Barでは、Sewing Table Coffeeのサイフォンコーヒ。
peaceful spaceの坂田寿子先生は冷たいデザート
紅茶を中心にお茶まわりのことを広島でおこなっているANITYAは初参加。
それぞれのオキーフがどうやって変換されるのか、わくわくしています。yasuhirodoiさんより。

EDANE NEXT DOOR "GHOST RANCH" 2015.7.10(Fri)〜8.2(Sun)12:00〜18:00



本日より、EDANE NEXT DOOR
SO SEA、そしてsewing table の出張サイホンcoffeeを行わせて頂きました。
いくどもハッとさせられるEDANE空間。この中に参加させて頂けて、本当にシアワセです。
8/2まで続きますので、ぜひEDANE(エダン)へ足をお運びください。素晴らしいですよ。

7/11IMG_7736.jpg7/11IMG_7798.jpg7/11IMG_7834.jpg
7/11IMG_7812.jpg7/11IMG_7868.jpg7/11IMG_7729.jpg
SO SEA / 白のオキーフ 意思あるものへ
7/11IMG_7746.jpg7/11IMG_7779.jpg

aonaちゃんに、ちょこっと漂流物で繋げたLeiを描いてもらいました。
7/11IMG_7897.jpg

うれしいであります。タカラモノだー

つづく







2015 7/3(金)「笑顔の連鎖」

edaneさんでの企画展にso sea で参加するので、この1週間は作業のおおづめ。
しかしながら、今朝はちょこっと丘に顔を出す。
テンコさんとおしゃべりしていると、すぐに愉快がひろまって、盛り上がって、
面白いことを企んでしまいそうになるから、おちついて〜おちついて〜
そう言えば、モーニンのともちゃんとも、
ワークショップの定員が、たしか5名くらいだったのに、
二人とも『なんとかなるやろ〜』性分なんで、気づいたら倍以上の人数で行っていたり、
そんな、来るもの拒まずな様子だったので、終わってから、うちらふたりが揃ったら、突っ走る傾向があるからキケンやな〜〜と大笑い。
その人となら、なんでもオモしろがって盛り上がってしてまう人って、誰しもいますよね。
そういえば、9月にソーイングテーブルで企画展を予定していて、
投げかけた言葉に、うれしい言葉がつぎつぎ返ってくる。
その返事に又こころが踊りだして、
喜びの連鎖が、
又はじまる瞬間。

そこうしていると、今ソーイングテーブルで展示してくれてるかずみんがニコやかに丘に訪れる。
笑顔の連鎖。
やわらかな時間が今日も流れている。

わたしは、又家にもどってミシン。
かずみんの柔らかな笑顔の余韻が、
ミシンの手元にそのまんまにいてくれる。

7/4IMG_7650.jpg
「ぬくもり」 畑尾和美 個展
 2015.7.1.wed - 7.12.sun (7/6,7 休) 11:00-18:00 at SEWING TABLE COFFEE








2015 7/2(木)「GHOST RANCH」

DMが届きましたよ。ソーイングテーブルでもおくばりしています。
今日も、ミシン。ドキドキ。

7/4IMG_7638.jpg7/4IMG_7652.jpg

EDANE NEXT DOOR "GHOST RANCH"
2015.7.10(Fri)〜8.2(Sun)








2015 7/1(水)「いつものじかん」

かずみんの展示、はじまりましたよ。

7/4IMG_7653.jpg

nagaiさんのギターと。



2015 6月までの貝殻となり

2015 3月までの貝殻となり

2014 9月までの貝殻となり

2014 5月までの貝殻となり

2013 11月までの貝殻となり

2013 6月までの貝殻となり

2012 12月までの貝殻となり

2012 6月までの貝殻となり

2012 2月までの貝殻となり

2011 6月までの貝殻となり

2010 12月までの貝殻となり

2010 8月までの貝がらとなり

2010 4月までの 貝がらとなり

2009 .6月までの貝がらとなり