wt3_prev.gif

LOR 漕ぐ

TAMBOURIN GALLERY

2010.8.3 ~ 8.6





2010,8.25

今回の展示は搬入にいけなかったので、相方や濱がかざった舟をみるかたちになった。
ギャラリーのはまちゃんも手伝ってくれたらしい。
とても、新鮮だった。自分では、おもいつかないことが、たくさんあった。
もし、次の機会があるのなら、とても参考になる展示だった。
それこそ、舟が自分の意思で動きだしたきがした。

2日間だけの在廊で、イベントもあったので、たくさんの人とはなすことはできなかったが
その2日間に話した人や、相方の話を聞いていたらどうやら、受入れてもらえたようだ。
正直、工作レベルのこの舟たちが、目のこえた東京の人に受入れられるか不安だっただけに
とてもうれしかった。
ありがたや、ありがたや。

それと、関東の仲間はほんとやさしかった。
たくさん、お世話になった。
”こんな時間がずうっと続けばいいのに”
がらにもなく、そんなことを思った。


いい夏やった。

ほんま、ありがと。





2010.8.5

3日より、タンバリン ギャラリーで LOR の展示がはじまった。
先攻隊は、なんとか搬入をすまし、無事初日をむかえたようだ。

留守番も今日でおわり。
明日は、いよいよ東京。いい旅になりそうだ。

永井宏さんのダイアリーに、 LOR のことが書いてあった。
とても、ありがたく、自信にもなる。

いってきます。






2010.7.30

タンバリン ギャラリーで、展示する船ができました。
昨日、久々に300艘の舟と再会した。
今日、新しいのも、古いのをちょっと、東京へ送った。

でも、不思議だ。

今年になって、展示も2回目になる。
ちょっと前には、考えられないことだ。

去年から、人前で演奏することが増えた。
へたくそなのに、である。
考えられないことだ。

なんか、不思議である。

まあでも、流れにのっとこっと。





2010.6.30

相方と濱ちゃんと3人で、展示をすることになった。
それも、はなの都、大東京の
永井宏さんが、はじめたタンバリンギャラリーで。

3人とも星ヶ丘の田舎もんの集まりで、正直、敷居が高いのだが
こんな機会は2度とない  
ということで、3人で腹をくくったのであります。
残りわずかな時間しか残っていないが、全力で取り組む所存でございます。

そのDMが、できました。
ご縁のあるお店、お方には送らせていただきます。
もちろん、SEWING TABLE COFFEE にも置いております。

ぜひ、手にとってご覧ください。